武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2021年10月21日

おうちで植物観察会~2021年10月編②~

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言は解除されたものの、

自然観察園の人気イベント『植物観察会』の開催再開はもう少し先。

 

再開までの期間、皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』をお届けします!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察センターにて配布中!)

から現在見ごろの植物を3つ紹介します。

10月no.2の花だより 10月no.2の順路図

==========

10月後半の自然観察園は、

冬に向けて休み始める植物もある中、見ごろを迎えている花もいくつか見られます。

そんな花の中から3つ取り挙げてご紹介します♪

 

①ホトトギス

学名:Tricyrtis hirta

科名:ユリ科

ホトトギス

現在、自然観察園の七草山エリアで10株近く見られます。

花は、茎を挟んで互い違いに生える葉っぱの根元について咲きます。

日陰の湿った岩場や林の中に生える多年草です。

 

白地に紫の斑点を散りばめた花の様子が、

鳥のホトトギスの胸の模様に似ていることが名前の由来と言われます。

 

②シュウメイギク

学名:Anemone hupehensis

科名:キンポウゲ科

シュウメイギク

現在、自然観察園のきんらんの里やのかんぞうの里エリアで、

ひときわ存在感を放っているのがこの花です。

地下茎を伸ばして繁殖するため、一定の範囲にまとまって咲くことが多いです。

実際、自然観察園でも群生していて見応えがあります。

 

花の雰囲気や名前からキクの仲間と思われがちですが、

実はキンポウゲの仲間です。

 

③トネアザミ

学名:Cirsium incomptum

科名:キク科

トネアザミ

現在、自然観察園の各地で見ることができます。

日当たりや個体差によりピンク色にも紫色にも見える可憐な花を咲かせます。

葉っぱには太くて長いトゲが付いているので、

誤って触って怪我をしてしまわないよう要注意です。

 

キク科アザミ属の多年草を総称して「アザミ」と言いますが、

そのうち利根川の流域(関東地方)に多く咲いていたものとして

この名がついたと言われます。

 

==========

 

実際の植物観察会再開までにはもう少しかかると思いますが、

こちらのブログを通して、引き続き自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

ボランティア| ほーぷavatar

2021年10月6日

おうちで植物観察会~2021年10月編①~

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言は解除されたものの、

自然観察園の人気イベント『植物観察会』の再開はもう少し先。

 

再開までの期間、

皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』をお届けします!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察センターにて配布中!)

から現在見ごろの植物を3つ紹介します。

10月の花だより 10月の順路図

==========

現在の自然観察園は、

秋の目立つ花が終わりに近づき、控えめな色の花が散見されるようになっています。

そんな花々の中から見ごろの花を3つご紹介いたします。

 

①ミゾソバ

学名:Persicaria thunbergii
科名:タデ科

木道周辺の湿地帯に多く見られる草本植物です。

淡紅色の花が数個まとまってついています。

一つ一つの花は小さく目立ちにくいですが、たくさん集まると華やかです。

秋の陽ざしを浴びて昆虫類もたくさん集まっています。

 

ミゾソバという名前は、

水辺に生えて、実の形がそばの実に似ていることから来ていると言われます。

ただし、この実は食べられません。

 

②サクラタデ

学名:Persicaria odorata subsp. conspicua

科名:タデ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

のかんぞうの里で見られる草本植物です。

花が淡いピンク色でサクラに似ることからこの名前がついたと言われます。

 

9月のブログでご紹介したボントクタデなどと同じ仲間です。

その仲間の中では大きな花をつける種類ですが、

大きいといっても花は1cmに満たない大きさです。

 

③オケラ

学名:Atractylodes ovata

科名:キク科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キク科の草本植物で、のかんぞうの里の奥にあります。

白い筒状の花がたくさん集まったもので、

大きな花びらはなくあまり目立たない花です。

しかし、白い花のまわりが茶色のトゲ状の苞に包まれた形が独特です。

 

江戸時代には邪気を払い、疫病を除く効果があるとされていたようで、

漢方の薬としても用いられていたと言われます。

名前は古名の「ウケラ」がなまったとのことですが、ウケラの意味は不明のようです。

 

==========

 

実際の植物観察会再開までにはもう少しかかると思いますが、

こちらのブログを通して、引き続き自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

ボランティア| ほーぷavatar

2021年9月18日

おうちで植物観察会~2021年9月編②~

新型コロナウイルス感染症拡大により、

昨年から中止が続いている自然観察園の人気イベント『植物観察会』。

 

「いつ再開するの?」「再開が待ち遠しい!」といった皆様の声を聞き、

再開までの期間、皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』を行うことにしました!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察センターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。

9月no.2の順路図

==========

9月後半の自然観察園は、

ヒガンバナなど華やかなものから、秋風に揺れる小さな花々まで、

たくさんの種類の花が花盛りです。

これらの花々の中から見ごろの花を3つご紹介いたします。

 

①キツリフネ

学名:Impatiens noli-tangere

科名:ツリフネソウ科

キツリフネ

船の形に似た黄色い花が、

細い花茎につられるようについているところから

キツリフネという名前がついたと言われます。

花の一部分が細い袋状になっており、そこに蜜が溜まっています。

この蜜を目的にマルハナバチなどの潜りこむのが得意なハチが来て、

体に花粉をつけて行きます。

 

また、このように黄色く目立つ花だけでなく、

開かないけれど実をつけることができる「閉鎖花」(へいさか)

と言われる小さい花を付けることもあり、

子孫を残すための様々な工夫をしていると言える野草です。

 

②シロネ

学名:Lycopus lucidus

科名: シソ科

シロネ

湿ったところに生える多年草で、葉の付け根に白い小さな花を咲かせます。

この花は「唇弁花」(しんべんか)と呼ばれ、

下側にある花びらが他の花びらよりも大きく、幅広く、

唇のように見える花になっています。

 

花は少々個性的な匂いですが、葉は上品なハーブの香りがします。

 

③ボントクタデ

学名:Polygonum pubescens

科名:タデ科

 

ボントクタデ

水辺など湿ったところに生えるタデの仲間です。

花の外側や茎は赤みが強いことが多いです。

実になっても外側が赤いので、

晩秋までしなやかに穂の先が垂れている様子が目立ちます。

 

ぴりりと辛くて香辛料に使われるヤナギタデに比べて、

辛みがなく香辛料として使えない、役に立たない、というところから、

優れていないという意味の「凡」(ボン)が名前の一部になったと言われています。

 

==========

 

実際の植物観察会は、残念ながらまだ再開の見通しが立ちませんが、

こちらのブログを通して、引き続き自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

ボランティア| ほーぷavatar

2021年9月11日

おうちで植物観察会~2021年9月編①~

新型コロナウイルス感染症拡大により、

昨年から中止が続いている自然観察園の人気イベント『植物観察会』。

 

「いつ再開するの?」「再開が待ち遠しい!」といった皆様の声を聞き、

再開までの期間、皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』を行うことにしました!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察センターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。

==========

9月の自然観察園は、秋の花が園内を彩り始めています。

その花々の中から見ごろの花を3つご紹介いたします♪

 

①タコノアシ

学名:Penthorum chinense

科名:タコノアシ科 

 

湿地や休耕田などに生える多年生の植物です。

漢字では「蛸の足」と書き、

花や実がびっしり並んだ様子をタコの足に見立て名付けられたとされています。

晩秋に植物全体が赤みをおび、その姿はひっくり返った茹でタコのようにも見えます。

 

②ゲンノショウコ

学名:Geranium thunbergii

科名:フウロソウ科 

 

多年生の植物で、自然観察園内には、白色とピンク色の花が咲いています。

薬として利用されていた頃、即効性があることから

「現の証拠」の名になったという説があります。

実が熟すと下の方から裂け、種が飛び出てきます。

裂けた実の形がお神輿の屋根に似ていることから、

別名「神輿草(ミコシグサ)」とも呼ばれます。

 

③シュウカイドウ

学名:Begonia grandis

科名:シュウカイドウ科 

 

鮮やかなピンク色が綺麗な、多年生の植物です。

江戸時代に日本に渡来したとされ、

和名は中国名の「秋海棠」を音読みしたものと言われます。

日陰で湿った場所を好み、雄花が先に開花、

その後時期をずらし雌花が開花し始めます。

 

==========

実際の植物観察会は、残念ながらまだ再開の見通しが立ちませんが、

こちらのブログを通して、引き続き自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

ボランティア| ほーぷavatar

2021年8月5日

おうちで植物観察会~2021年8月編①~

新型コロナウイルス感染症拡大により、

昨年から中止が続いている自然観察園の人気イベント『植物観察会』。

 

「いつ再開するの?」「再開が待ち遠しい!」といった皆様の声を聞き、

再開までの期間、皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』を行うことにしました!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察センターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。

==========

 

現在の自然観察園は、夏を代表する色鮮やかな花が終わりに近づき、

夏から秋にかけて咲く控えめな色姿の花が多くなってきました。

その花々の中から見ごろの花を3つご紹介いたします♪

 

①センニンソウ

学名:Clematis terniflora

科名:キンポウゲ科

 

つる性の植物で、

自然観察園では出入口左側奥のドウダンツツジに覆い被さって見られます。

一見白い花びらが4枚あるように見えますが、

この部分は花びらではなく萼(がく)です。

 

センニンソウは漢字では「仙人草」と書きます。

花が終わり、実ができたとき、実の一部にたくさんの毛がつくため、

それを仙人のひげに見立てたと言われています。

テッセンやクレマチスと同じ仲間です。

 

②ヤブラン

学名:Liriope muscari

科名:クサスギカズラ科

 

自然観察園の林の中にたくさんの見られる常緑の植物です。

地面にへばりついて、細長く濃い緑色の葉をたくさん伸ばし、

夏から秋にかけて、淡い紫色の小さな花を穂のようにつけます。

ひとつひとつの花は小さくあまり目立ちませんが、

たくさんの花が咲き揃うとその姿は見事です。

それほど珍しい植物ではないので、どこでもたくさん見られます。

 

クサスギカズラ科という科名は聞き慣れないかもしれません。

以前はユリ科とされていましたが、

植物の分類法が変わり、クサスギカズラ科に変わりました。

 

③クサギ

学名:Clerodendrum trichotomum

科名:シソ科

 

クサギは高さ数mになる樹木です。

夏になると、葉の先に、5枚に分かれた白い花びらを持った

ラッパのような形の花をたくさんつけ、とても華やかな姿になります。

 

クサギは漢字で「臭木」と書きます。

葉などをもんで匂いを嗅ぐと、独特の匂いがすることからこの名前がつけられました。

その一方、花は甘い香りを漂わせ、チョウなどの虫たちが集まってきます。

実が熟すと青緑色になり、やや赤みを帯びてくる萼(がく)との色合いが独特で

面白いものです。

 

==========

 

実際の植物観察会は、残念ながらまだ再開の見通しが立ちませんが、

こちらのブログを通して、引き続き自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

ボランティア| ほーぷavatar

2021年7月20日

おうちで植物観察会~2021年7月編②~ 

新型コロナウイルス感染症拡大により、

昨年から中止が続いている自然観察園の人気イベント『植物観察会』。

 

「いつ再開するの?」「再開が待ち遠しい!」といった皆様の声を聞き、

再開までの期間、皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』を行うことにしました!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察センターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。

7月後半花だより 7月後半順路図

==========

7月後半の自然観察園は、夏の花が湿地を彩り、

秋まで咲き続ける花たちもちらほらと開き始めました。

その花々の中から見ごろの花を3つご紹介します♪

 

①ミソハギ

学名:Lythrum anceps

科名:ミソハギ科

ミソハギ 夏の濃い緑の中で、紅紫の花がひときわ目立ちます。

お盆のころに咲き、古くからお盆のお供えにも使われてきた花です。

盆花や精霊花などと呼ばれたりもします。

 

水辺など湿った所を好む野草です。

自然観察園もハケ(国分寺崖線)と野川の間にあって湿地が多いので、

ミソハギによく合った環境となっています。

 

②カリガネソウ

学名:Tripora divaricata

科名:シソ科

カリガネソウ

独特の花の形と涼やかな青い色が目を引く花です。

花の形が「かりがね」(カモの仲間のガンの別名)の飛んでいる姿に似ている、

というところからこの名前がつけられました。

雄しべが長くくるっとしているのをガンの首、

青紫の花弁をガンの羽に見たてたのでしょう。

 

蜜がたまっている筒状の部分は細長く、

ミツバチなど、もぐりこむのが得意な昆虫でないと

なかなか蜜が吸えそうにありません。

例えば、野川公園でよく見られるクマバチは、

体が大きくてこのカリガネソウの花の中にはもぐりこめず、

替わりに花全体を抱え込んでいる姿をよく見かけます。

この花を訪れる昆虫が何をしているのかもじっくり観察すると面白そうですね。

 

③キツネノカミソリ

学名:Lycoris sanguinea

科名:ヒガンバナ科

キツネノカミソリ

自然観察園のハケ側にいくつもまとまって咲くことが多い花です。

8月を中心に咲く花ですが、今年は少し早く咲き始めているようです。

 

細長くてしっかりした葉が、まるでかみそりのようだ、

ということでこの名がつけられました。

「キツネ」の由来は定かではありませんが、

キツネが生息するような場所に自生しているからとか、

花の色がキツネをイメージさせるからなどと言われています。

また、早春に出た葉が夏に枯れると、花の茎が出てきます。

そのため、花が咲くときに見ると、葉っぱを持たない植物のように見えます。

それがキツネに化かされたようだからという説もあります。

 

昔から武蔵野地域でよく見られる植物の一つです。

 

==========

 

実際の植物観察会は、残念ながらまだ再開の見通しが立ちませんが、

こちらのブログを通して、引き続き自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

ボランティア| ほーぷavatar

2021年7月6日

おうちで植物観察会~2021年7月編①~

新型コロナウイルス感染症拡大により、

昨年から中止が続いている自然観察園の人気イベント『植物観察会』。

 

「いつ再開するの?」「再開が待ち遠しい!」といった皆様の声を聞き、

再開までの期間、皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』を行うことにしました!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察センターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。

 

 

==========

7月の自然観察園は、夏の花が増え、色鮮やかに彩られつつあります。

その花々の中から、少しではありますが見ごろの植物をご紹介します♪

 

①ノカンゾウ

学名:Hemerocallis longituba

科名:ワスレグサ科

 

 

現在、園内で美しい黄色が一際目立つのがこの「ノカンゾウ」です。

漢字では「野萱草」と書き、中国名の「萱草」を音読みにしたものです。

他のカンゾウの仲間と区別するため「野」を付けて表記します。

別名「忘憂草(ぼうゆうそう)」とも呼ばれ、中国などでは、

この花を身につけると悲しみや辛いことを忘れられるという言い伝えがあるそうです。

 

②チダケサシ

学名: Astilbe microphylla

科名:ユキノシタ科

 

 

夏から秋に発生するチチタケ(キノコの一種)をこの茎に差し持ち歩いたことから

「チチタケサシ」、それが段々と「チダケサシ」に変わっていったと言われています。

淡いピンク色の花がとても愛らしい植物です。

 

③オオバギボウシ

学名:Hosta montana

科名:クサスギカズラ科

 

 

日本の伝統的な木の橋には欄干(らんかん)があり、

その先端の飾りを「擬宝珠(ぎぼうしゅ)」と言います。

ギボウシの仲間は、つぼみがこの「擬宝珠(ぎぼうしゅ)」に似ていることから

名づけられました。

葉が大きいギボウシ、なので「オオバギボウシ」と呼ばれています。

 

==========

 

実際の植物観察会は、残念ながらまだ再開の見通しが立ちませんが、

こちらのブログを通して、引き続き自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

ボランティア| ほーぷavatar

2021年6月16日

おうちで植物観察会~2021年6月編~

新型コロナウイルス感染症拡大により、

昨年から中止が続いている自然観察園の人気イベント『植物観察会』。

 

「いつ再開するの?」「再開が待ち遠しい!」といった皆様の声を聞き、

再開までの期間、皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』を行うことにしました!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている

「花だより」(自然観察センターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。

=========

6月の自然観察園は、春の花が終わり、緑がどんどん濃くなっています。

そんな中、夏本番に向けて咲き始めている花をご紹介します♪

 

①ホタルブクロ類

学名:Campanula punctata 

科名:キキョウ科

 

 

花の形が火垂(ほたる:提灯の古語)に似ていることや、

子どもが蛍を捕まえてこの花に入れて遊んだことから

「蛍袋」と言われるようになったことが名前の由来と言われます。

淡いピンクの花が、自然観察園の緑の中でひときわ存在感を放っています。

 

②ハンゲショウ

学名:Saururus chinensis

科名:ドクダミ科

 

 

花が咲いている時期に、花のすぐ下の葉が半分白くなり、

化粧をしているように見えることや、

「半夏生」(はんげしょう:夏至から数えて11日目/7月上旬頃)に花が咲くことが

名前の由来と言われます。

葉が半分白くなるのは、小さな花を少しでも目立たせて、

花粉を運んでくれる虫を呼び寄せるためだとか。

ちなみに、顔を近づけてみるとドクダミ科特有の独特な香りがします。

 

③ウツボグサ

学名:Prunella vulgaris L. subsp. Asiatica

科名:シソ科

 

 

花の部分が靫(うつぼ:矢を入れる道具)のようであることが

名前の由来と言われる「ウツボグサ」。

花言葉は「優しく癒す」で、昔は薬としてよく利用されたそうです。

背丈は10~30cmと低いですが、花のつき方がユニークで、

自然観察園でもひときわ目立っています。

 

==========

 

実際の植物観察会は、残念ながらまだ再開の見通しが立ちませんが、

こちらのブログを通して、引き続き自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

 

おうちで植物観察会

 

ボランティア| ほーぷavatar

2019年12月25日

「お正月飾りを作ろう」を開催!(12/22)

 

野川公園自然観察センターにて、講師に渋谷香代子氏をお迎えし、

野川公園緑の愛護ボランティアの会サポートのもと

「お正月飾りを作ろう」を開催いたしました!

28147

 

手順を一つずつ確認しながら、分かりにくい場所はボランティアが1対1でサポートし

作り上げていきます。

DSC03650 DSC03712

 

試行錯誤しながらも、遂に完成!

DSC03714

 

新しい年に向けて素敵な飾りができました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました☆

イベント,ボランティア| ハムavatar

2019年11月27日

「シジュウカラの巣箱を作ろう」を開催しました!(11/23)

自然観察センターにて、イベント「シジュウカラの巣箱を作ろう」を開催しました♪

 

雨が降り寒い中、7組の親子に参加していただきました!!

巣箱を作る前にシジュウカラがどんな鳥なのかを学び、いざ巣箱づくりスタートです。

 

公園ボランティア「野川公園緑の愛護ボランティアの会」指導のもと、

なるべく真っすぐになるよう意識しながら、もくもくとノコギリで板を切り、

DSC_1952_001_01

 

キリで穴をあけ、トンカチで釘を打って組み立て…

P1390366

 

完成!!

DSC_2002_001_01

 

ノコギリやキリなどの道具を使うのが初めてでも、

一生懸命チャレンジする子どもたちの姿が見られました。

みんなが作った巣箱、シジュウカラは使ってくれるかな?報告お待ちしています♪

イベント,ボランティア| ハムavatar