武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2020年11月20日

晩秋の自然観察園

暦の上では立冬も過ぎました。

秋の花の多くは終わり、木の葉は、風が吹くといっせいに落葉しています。

そんな中でもノギクの仲間やリンドウが花を咲かせています。

画像1

これはリンドウの花。

 

また、木の実もいろどり豊かに見ごろを迎えています。

画像2

これはマユミの実です。

ピンク色の果皮が開き、中から赤いタネが見えています。

毎年小鳥がついばむところが見られますが、今年はどうでしょうか。

画像3

これはツルウメモドキです。

高い木にからみつくつる植物ですが、黄色い実と赤いタネのコントラストが目立ちます。

 

色だけでなく形のユニークな実を紹介します。

画像4

小さなカボチャのようなヒトツバハギの実。

 

画像5

これはオケラというキク科の植物です。

実そのものがユニークなわけではないですが、

実の周りについている葉が繊細な工芸品のようです。

 

晩秋の花や実も個性豊かでいろいろな味わいがあります。

 

 

※ご来園の皆様にお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、下記ルールをお守りいただきますようお願いいたします。

 

【公園の利用ルール】

①原則としてマスクの着用をお願いします。

②こまめな手洗い・消毒をお願いします。

③人と一定の距離を確保して下さい。

④混雑している場所、時間帯を避けてご利用下さい。

⑤家族など少人数での利用をお願いします。

 

季節の花、緑、生きもの| 豆ころがしavatar