武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

自然を満喫

公園には雑木林や小川など、むさしのの貴重な自然が、今もなお残っています。 季節の変化を感じたり、たくさんの生きものに出会ったり、公園の自然を満喫しよう!

自然を満喫

レンジャーミニ図鑑

むさしのの都立公園でみられる生きものの情報が満載のセルフガイドシート。 レンジャーミニ図鑑を持ってむさしのの都立公園へ自然観察にでかけよう。

最新のレンジャーミニ図鑑はコレ!

最新のレンジャーミニ図鑑

No.1

どんぐり木の実

ダウンロードする

レンジャーミニ図鑑をダウンロードしよう!

  1. No.18 武蔵野の公園で見られるちょっと怖い生き物
  2. No.17 武蔵野の公園で見られる動物
  3. No.16 武蔵野の公園で見られる赤トンボ
  4. No.15 武蔵野の公園で見られる秋の花
  5. No.14 武蔵野の公園で見られるトンボ
  6. No.13 武蔵野で見られるへび・とかげ・かめ
  7. No.12-2 武蔵野の公園で見られる初夏〜夏の樹の花
  8. No.12 武蔵野の公園で見られる初夏〜夏の草花
  9. No.11-2 武蔵野公園で゙見られる冬の昆虫
  10. No.11武蔵野の公園で見られる冬〜早春の花・実
  11. No.9-2 武蔵野の公園で見られるチョウ
  12. No.9 武蔵野の公園で見られるチョウ
  13. No.8 武蔵野の公園で見られる秋の実
  14. No.7 武蔵野の公園で見られる野菊
  15. No.6 武蔵野の公園で見られるきのこ
  16. No.5 武蔵野の公園で見られるバッタの仲間
  17. No.4 武蔵野の公園で見られるセミの仲間
  18. No.3 武蔵野で見られる野鳥
  19. No.1-2 武蔵野の公園で見られる春の樹の花
  20. No.1 武蔵野の公園で見られる春の草花

レンジャーこどもミニ図鑑

  1. No.1 どんぐり木の実

※掲載されている文章・写真等の著作権は、「西武・武蔵野パートナーズ」に帰属しており無断での転載・転用することを禁止します。

樹木観察マップ

各公園のおすすめの樹木を紹介する樹木観察マップ。マップを持って公園の木を観察しながら歩いてみませんか。

樹木観察マップのダウンロードはこちら

  1. 【武蔵野公園】 樹木観察マップ
  2. 【野川公園】 樹木観察マップ
  3. 【武蔵国分寺公園】 樹木観察マップ

パークレンジャーからのメッセージ

パークレンジャーが季節のオススメ情報や自然の見方をガイドします。

2013年11月23日(土)

むさしのの都立公園でどんぐり&黄葉を楽しみませんか?

 

むさしのの都立公園では、どこも木々の色づきが最高潮になろうとしています!

う~ん、あと少しっていう木もありますね。

コレハイロハモミジ。緑のところが少し残っているのも美しいものです。

葉っぱをよく見てみましょう。

色づいた葉といっしょに小さな種がついています。

竹とんぼのような形をしたこの種はふたつに割れて、プロペラのようにくるくる回り、落ちていきます。それでお母さんの木から少し離れた、光のあたる場所へ行くのです。

 

どの公園でもたくさんあるのが、このコナラです。

夏にはカブトムシやクワガタがやってくる。

黄葉のピークは12月のはじめでしょうか?

足元にはどんぐりがいっぱい落ちています。

 

これはクヌギ。昔はコナラといっしょに育てられ、薪を作ったり、落ち葉で堆肥を作ったりしました。丸くて大きなどんぐりが人気ですね。

葉っぱは大きく、長く、細いとげのようなものが両脇から出ています。

さわっても痛くないから大丈夫!

こんなのもありますよ。

葉っぱの形は猫の顔みたい?さかさまにすればTシャツかな?

昔、冬に着たはんてんに似ているからハンテンボクともよばれます。

春に咲く大きな花の形から、ユリノキともよばれます。

野川公園、武蔵野公園、武蔵国分寺公園などにありますよ。

これは知っていますか?

大きな葉っぱに、栗のような黒っぽい実。それがトゲのない厚い皮につつまれています。

トチノキですね。野川公園、武蔵野公園、府中の森公園、東村山中央公園などにあります。

おいしそうに見える実ですが、とーーーーっても苦い!でも水にさらしてトチモチの原料にすることができます。

むさしのの都立公園のサービスセンターには、レンジャーが作っているミニ図鑑があります。ここで紹介したものは「レンジャーこどもミニ図鑑 どんぐり きのみ」に出ていますよ!(イロハモミジはここだけのサービス!)

 

サービスセンターに来てくれた方には差し上げています。

 

 

 

木々が美しく色づき、どんぐりひろいも楽しい季節。

 

ぜひむさしのの都立公園へ遊びにきてください。

 

 

 

2013年10月18日(金)

秋、みぃつけた♪

だいぶ朝夕も涼しくなりましたね。公園の木々も少しずつ色が変わり始め、秋が深まりつつあります。季節の移ろいとともに、生きもの達や景色も少しずつ変化しています。

 

こちらは、いち早く色付いたサクラの葉っぱ。ミドリ・アカ・キイロと3色グラデーションの葉っぱを発見。美しいものを見つけると、宝物を見つけたように嬉しいものです。


それから、空。見上げると突き抜けるような青空と夕焼け雲。秋の空は、とても澄んでいてなんだか吸い込まれそうになります。


そして、草むらを歩くとピョンピョンとあちこちから飛び出すバッタたち。秋はバッタのシーズンです。草むらでバッタ取りをしている子ども達に声をかけたら、「ホシササキリを捕まえたよ!」と見せてくれました。

 

身のまわりの自然に目を向けるだけでも、いろいろな秋を見つけることができます。秋を探しにふらっと公園をお散歩してみませんか?

2013年9月21日(土)

虫たちのかくれんぼ

足元、葉っぱの裏、木の割れ目・・・色んな所に虫たちが隠れています。

そんな虫たちの“かくれんぼ”をご紹介します。

まずはこちら。この影はだ~れだ。

 

そこにいたのはナミテントウでした。

色んな模様をもつ、一番良く見るテントウムシです。くわしくは

7月17日「実は個性派!ナミテントウ」のブログを見てね!

 

次はこちら。枝のような細い体の虫がいます。

 

下から見ると、こんな感じです。

 

枝に化けているのはナナフシモドキ。

 

よく見ると、顔の周りだけあしがくぼんでいますね。

 

おかげで、あしを伸ばした時に、ぴったりまっすぐに伸ばせるのです。

 

ほら、このとおり!

 

最後はこちら。どこにいるか、わかりますか?

 

 

見~つけた。

これはショウリョウバッタモドキ。敵に気づかれないようにするために、細い葉っぱの裏に隠れています。

でも、目とあしが少し見えてるぞ。何だかかわいいですね!

人が動くと、ショウリョウバッタモドキも急いで反対側に移動します。

 

よく見るショウリョウバッタの幼虫も、時々隠れていますが・・

こちらの幼虫は、隠れるのに失敗!あしが長すぎたかな??

 

ちょっと上を見上げたり、枝の間を見てみたりすると、すぐ側に色んな虫が隠れているかもしれません。

秋はたくさんの虫に出会うことができる季節です。

ちょっと変わった虫の面白さ。皆さんもぜひ、試してみてくださいね。

 

2013年9月10日(火)

レンジャーミニ図鑑「武蔵野の公園で見られる秋の花」

新しいレンジャーミニ図鑑が出ました!

今回は「武蔵野の公園で見られる秋の花」です。

 

秋の公園といえば紅葉を心待ちにしている方も多いのではないでしょうか?

ですが、紅葉のシーズンよりも一足早く、公園では「秋の花」たちが見ごろを迎えていますよ。

「秋の花」は草花が多く、花のサイズも小さな種類が多いのですが、とてもきれいな色の花が咲きます。

いつもより少しだけ目線を低くして公園を散策してみれば、ちいさくて、かわいい「秋の花」に出会うことができますよ。きっとお気に入りの花が見つかるはずです。

 

秋は散策が心地よく、楽しい季節です。ぜひ武蔵野の都立公園でレンジャーミニ図鑑「武蔵野の公園で見られる秋の花」をもって秋を満喫してください。

 

2013年9月10日(火)

レンジャーミニ図鑑「武蔵野の公園で見られるトンボ」

新しいレンジャーミニ図鑑が出ました!!

今回は、「武蔵野の公園で見られるトンボ」です。

 

 

トンボといえば、秋の昆虫の代表ですね。

「オニヤンマ」や「赤トンボ」を思い浮かべる方も多いのでは?

ですが、よぉく観察してみると、武蔵野の公園では、もっともっとたくさんの種類のトンボたちが生息しています。今まで見たことのなかったトンボにも出会えるかも?

 

気持ちのいい秋空の下で、レンジャーミニ図鑑「武蔵野の公園で見られるトンボ」を見ながら、秋の昆虫観察をしてみませんか?

 

2013年8月25日(日)

そろそろきのこの季節かな?

夏の暑さもそろそろ峠を越えたでしょうか?

ここからは一雨ごとに秋の気配が深まって....そう!きのこの季節!!

実は武蔵野の都立公園で見られるきのこは、夏の前後2週間くらいが一番多いのです。

写真のきのこ、見たことありますか?小さな食パンみたいでしょう?ノウタケというきのこです。森影に落ち葉が溜まっているようなところで普通に見られます。

 

これはヒトヨタケというきのこ。

枯草の中から出ています。一晩で溶けてしまうからヒトヨタケ。黒く溶けるから英名はインクキャップ。興味のある方は翌日にもう一度見てみましょう。納得!の変貌ですよ。

 

コツブヒメヒガサヒトヨタケ。傘が1cmほどの小さなきのこです。

ヒトヨタケの仲間ですが、これは一晩どころか、朝に開いて10時くらいにはしぼみだします。イットキタケと言ったほうがよかったかもしれませんね。でも繊細で美しい。ウッドチップの上などに出ます。

 

シロオニタケ こんどは大きなきのこです。これはまだ開いていませんが、傘が開くと30cmにもなることがあります。全身にトゲトゲがあってかっこいい!でも触るとトゲは取れてしまう。コナラの木があって、ちょっとした斜面があるところが好きです。

これも公園でよく見られます。ちょっと暗いような森の中が好きですね。シロオニタケのようには大きくなりません。ちょっとふわっとして、はかないかんじもある。すぐにひび割れてしまうからヒビワレシロハツ。

紹介していたらきりがありませんね。いろいろなきのこがありますよ。公園の管理所には「レンジャーミニ図鑑 武蔵野の公園で見られるきのこ」がありますから、興味がある人は差し上げます。きのこを探して歩きませんか?たのしみがひとつ増えますよ。

 

2013年8月10日(土)

レンジャーミニ図鑑「武蔵野で見られるへび・とかげ・かめ」

大変お持たせしました!新しいレンジャーミニ図鑑ができましたよ!

今回の特集は「武蔵野で見られるへび・とかげ・かめ」です。

 

少しコワいイメージのある「へび」や「とかげ」にも、実はかわいい一面や、面白い生態がいっぱいあります。レンジャーミニ図鑑を読めば、きっとコワいイメージも変わってしまいますよ。

今回のレンジャーミニ図鑑も子どもから大人まで楽しめる内容満載!夏休みの自由研究にもピッタリです。

この夏はぜひレンジャーミニ図鑑をもって武蔵野の都立公園で自然観察をしてみてください!!きっと新しい発見やおどろきがありますよ!

 

 

2013年7月26日(金)

パークレンジャーの机の上には・・・

レンジャーの机には、時々おもしろいモノが置いてあります。

こちらは、野川公園のKレンジャーの机。ニイニイゼミの抜け殻の山!!

 

どうしてこんなに!?

実は、7/27(土)に行う「セミの羽化観察会」イベントで、子ども達に見てもらうために集めました♪

 

今は、セミの羽化を観察するには絶好の時期。羽化は、夕方~夜にかけて行われます。

皆さんも夏休みの思い出に、公園へ観察に来てはいかがでしょうか。

 

※7/27(土)に開催する「セミの羽化観察会」の受付は終了いたしました。

※夜は、大変足元が見えづらくなります。懐中電灯など十分に装備をした上で、お気を付けてご来園ください。

2013年7月17日(水)

実は個性派!ナミテントウ

いよいよ夏本番! 公園でもいろいろな模様のナミテントウに出会うことができて、ワクワクします。

そこで、これまで私が見た色んな模様のナミテントウをご紹介します!

 

まずはオーソドックス編。

一番良く見るタイプが、点が2つのナミテントウです。

こちらは丸い点が4つの珍しいタイプです。

こちらは小さな丸い点がいっぱい!数は個体によって違います。

黄色、赤と体の色合いもそれぞれです。

模様は丸だけではありません。

三日月型や0字型、四角形など、いろいろな形があります。


他にもいろいろな変化があります。

こんな不思議な模様のナミテントウもいますよ。


最後に、今まで見つけたナミテントウの中でわたしの一番のお気に入りをご紹介します。

シンプルだけど、ハートマークもあったりしてかわいいでしょう?

まるでアリと会話しているみたいですね。


ナミテントウをよく見るのは、餌のアブラムシがいる所や草木の葉っぱ。

公園に来たら、探してみてください。

皆さんはどんなナミテントウに出会うかな??

2013年6月01日(土)

レンジャーミニ図鑑「武蔵野で見られる初夏~夏の草花・夏の樹の花~」

武蔵野の都立公園では、新しいレンジャーミニ図鑑を配布しています。

今回のレンジャーミニ図鑑は「武蔵野で見られる初夏」をテーマに夏の草花や夏の樹の花を紹介しています。

 

レンジャーの豆知識満載!!人気のコラムコーナーも必読です!

ぜひレンジャーミニ図鑑を片手に、武蔵野で見られる植物たちを公園に探しに来てみてください。

 

レンジャーミニ図鑑は各公園のサービスセンターに設置してありますので、お気軽にお立ち寄りください。