武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

公園管理者について

公園管理者について

指定管理者制度とは、公園の管理について民間事業者等のノウハウを活用して、お客さまの多様なニーズに応え、質の高いサービスの提供を図り、
効果的・効率的な管理運営を目指すものです(指定管理者制度につきましては東京都建設局ホームページをご覧ください)。

西武・武蔵野パートナーズは、指定管理者として、平成23年4月1日から(東伏見公園は25年4月から)、武蔵野地域にある都立公園を管理運営してきました。平成28年からは指定管理者として2期目を迎え、現在は都立6公園(野川公園、武蔵野公園、浅間山公園、武蔵国分寺公園、六仙公園、東伏見公園)、
2緑道(玉川上水緑道、狭山・境緑道)の管理運営を行っています。

西武・武蔵野パートナーズは、様々な分野の専門技術を持つ、下記の4つの団体で構成されています。

私たちは、武蔵野の自然と文化を大切にしながら、さらに公園の可能性を広げるため、みなさんとともに、元気になる公園づくりをすすめます。