武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

公園で健康づくり

むさしのの緑に囲まれ、開放感いっぱいの青空の下で、思いっきり体を動かしませんか。
スポーツ施設を利用したり、イベントに参加しながら、健康づくりを楽しもう!

公園で健康づくり

パークコーディネーターからのメッセージ

プロのスポーツコーディネーターが、公園でできる健康づくりのヒントを紹介します。

2012年5月23日(水)

パークコーディネーター:天野

水分補給について。

スポーツコーディネーターの天野です。

スポーツコーディネーターから「水分補給について」の紹介です。

少しずつですが、気温も上がってきました。

運動中の脱水症状を防ぐには水分補給のタイミングと量が大切です。

・のどの渇きは身体からのサイン

人間の身体は、安静にしていても1日に約2600mlの水分が失われます。

のどが渇いたと感じるのは、「身体に水分が不足してますよ」というサインが

脳から出ているのです。

我慢せず、すぐに十分な水分を補給しましょう。

・量、タイミング

運動の種類や程度にもよりますが、15分位毎に100ml程度の水分を取るのが

良いでしょう。30分位毎の200mlでも良いと思います。

ただし、大量に水だけ飲むと血液の塩分が薄れてしまい、疲れを感じやすくなって

しまいます。

汗には塩分も含まれているため、水分捕球の際には塩分も一緒に取りましょう。

水分も塩分も手軽に取れるのがスポーツ飲料です。

スポーツ飲料水は糖質や塩分も含んでいるため、疲労した身体を回復させ、

素早く水分を身体に補給してくれます。

良い汗をかき、良い水分補給をして夏の運動を楽しみましょう。

 

2012年3月01日(木)

パークコーディネーター:天野

流行のランニング

スポーツコーディネーターの天野です。

スポーツコーディネーターからランニングについての紹介です。

先日「東京マラソン」が開催されました。

今年も個性豊かなランナーも含め3万人以上が走ってました。

年々、応募数も増えているみたいです。

ランニングはダイエット効果があり、経済的で、いつでもドコでも出来るスポーツとして流行しています。

そんな最近、流行のランニングですが、実際どれ程ダイエット効果があるかご存知ですか?

ランニングのダイエット効果

 ランニングでは、1km走るのに、体重1kgあたり1kcal消費するといわれます。

体重50kgの人なら1kmのランニングで50kcalの消費になります。

脂肪は1gで7kcalのエネルギーに相当するため、脂肪1kgを使うには7000kcalの運動が

必要になります。

この7000kcalをランニングに置き換えると、1kmで50kcalなので、140km走ることにな

ります。

体重50kgの人は140km走るごとに脂肪を1kg減らせるというわけです。

月間140km走れば、毎月1kg減量できるという計算です。

運動をせずに、摂取カロリーだけを減らしても体重は減りますが、

それでは脂肪だけでなく、筋肉までも減ってしまいます。

運動をして筋肉に刺激を加えていると、筋肉だけでなく脂肪がエネルギー源として使われ

るので、理想的な減量法と言えるのです。

 

2012年2月11日(土)

パークコーディネーター:渡辺

子どもの体力・運動能力は低下している??

スポーツコーディネーターの渡辺です。

スポーツコーディネーターから、公園でできる健康づくりを紹介します。

『子どもの体力・運動能力は低下している?』

こんな話題を耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか?文部科学省が行っている「体力・運動能力調査」では、昭和60年頃から現在まで、子どもの体力・運動能力が年々低下しているという結果が見られています。

原因として、まず学校外での外遊びやスポーツをする機会が減った。そして、子どもたちが手軽に遊べる場所が減った。また、少子化によって、いっしょに遊べる仲間が少なくなったなどがあげられます。

どうやら、体力・運動能力低下の背景には「運動不足」があるようです。

今の子どもたちには、体を動かす機会・環境を意識的につくってあげる必要があり、そのためにも、保護者の皆さん自身が積極的に考えてみてはどうでしょうか。

子どもたちが体を十分に動かせるよう、保護者の皆さんがどう関わるかが、体力・運動能力向上にとって大事です。

親子で公園に行って、いっしょに思い切り体を動かすなど、楽しい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

また、むさしのの都立公園では、子どもたちの体力・運動能力アップの機会として、子ども向けスポーツイベントを開催しています。幼児・小学生を対象とした『キッズ&ジュニア走り方教室』では、ミズノ㈱のスポーツコーディネーターが早く走るためのコツや“正しい姿勢“や”腕の振り“、”ドタバタ走り修正”の練習を楽しく行います。

この教室を通して、体を動かすことの喜び・スポーツをもっと好きになってくれたらと思っています。

 

 

このイベントは、

『都立府中の森公園』、『都立野川公園』、『都立武蔵国分寺公園』、『都立東村山中央公園』、『都立武蔵野中央公園』、『都立東大和南公園』の6公園で開催しています。

その他、子ども向けには、はらっぱスポーツ教室、親子スポーツ教室、ニュースポーツ教室を開催しています。イベント情報ページにて募集していますので、是非皆様のご参加をスタッフ一同心よりお待ちしております。

http://musashinoparks.com/app/events/

是非皆様のご参加をスタッフ一同心よりお待ちしております。

2012年1月05日(木)

パークコーディネーター:天野

テニスで健康に!

あけましておめでとうございます。

はじめまして、スポーツコーディネーターの天野です。

今回は「テニス」がもたらす効果について紹介します!

 

①まずは、なんと言ってもこれです!「運動不足解消」

テニスは全身を使い、身体が鍛えられます。

特に腕、足は鍛えられます。

 

②そして「ストレス発散」

ボールを打つ爽快感、ポイントを取った時の満足感が得られます!

さらに試合に勝った時には何とも言えない喜びがあります。

 

③「有酸素運動+無酸素運動」

有酸素運動を行えば持久力がつきます。(ジョギング、水泳など)

無酸素運動を行えば瞬発力がつきます。(ダッシュなど)

テニスは有酸素運動+無酸素運動の運動です。

短時間で2つの効果が期待できます。

④「脳の活性化」

テニスにはゲーム性があるので、駆け引きなどで脳が活性化します。

 

都立東大和南公園では「むさしの元気テニス」を行っております。

合理的、効率的にレッスンを行っています。

ぜひ一度、足を運んでみて下さい。

 

一緒にテニスをはじめましょう!

詳細はこちら: 「むさしの元気テニス」

 

 

2011年12月02日(金)

パークコーディネーター:渡辺

健康は歩くことから

はじめまして。スポーツコーディネーターの渡辺です。 これから、スポーツコーディネーターから、公園でできる健康づくりのヒントを紹介していきますので、お楽しみに!

「健康は歩くことから」
自分の足で元気に歩くことがとても重要です。正しい姿勢のウォーキングを身に付けて健康づくりをしてみませんか?

ウォーキングは脂肪燃焼、心肺機能の向上、体力UP、血液循環を良くすることなど、体に良いことが盛りだくさんです。

スポーツコーディネーターがそのコツをアドバイスする、『はじめてのウォーキング教室』では、どなたでも無理なく、楽しく参加できます。現在30~70代の女性や男性も参加しています。

『都立府中の森公園』、『都立武蔵国分寺公園』の2公園で開催しています。

武蔵国分寺公園

府中の森公園

是非、一緒に正しい姿勢で公園を歩きましょう!

12/12  武蔵国分寺公園、12/26 府中の森公園の「はじめてのウォーキング教室」参加者募集中です。

詳しくは、こちら
http://musashinoparks.com/app/events/

2011年9月15日(木)

パークコーディネーター:管理者

準備中です。

スポーツコーディネーター より、むさしのの都立公園の楽しみ方を発信していきます。お楽しみに。

6 / 6« 先頭...23456