武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

浅間山公園 オフィシャルブログ

1 / 212

2018年1月28日

浅間山公園ちょいボラを開催!

公園でボランティア活動をしてみたい!

でも、ボランティア登録してしまうと、毎週行かなくちゃ…

気軽に、好きなタイミングでちょっとだけ活動してみたい!

 

そんな方々のために、浅間山公園でボランティア体験イベント「ちょいボラ」を行いました♪

今回はNPO法人自然環境復元協会の実施する「レンジャーズプロジェクト」の協力の下、公園北側斜面のアズマネザサを刈る作業を、12名ものボランティアのみなさんと一緒に行いました!中には20代の方も数人、興味を持って参加してくれました!20~40代の方々が、公園でのボランティア活動に興味を持ってくれることはとてもありがたいことです☆

長年浅間山で活動されている、浅間山自然保護会のメンバーにも協力頂き、午前中の2時間ほど、活動しました。

 

作業を行った場所は、一昨年度、浅間山公園に関わる市民団体、行政、管理者で構成する「浅間山を考える会」で相談を重ねて作った「浅間山公園保全管理ガイドライン」に則り、「半草原型雑木林」を目指すゾーンです。この時期にササ刈りをすることで、春先に芽を出す浅間山公園の注目種、ムサシノキスゲなどの育成を促します。

この説明のとき、参加者全員がとても熱心に聞いてくれていたのがとても印象的でした☆

P1200271

 

作業現場に移動した後は、早速作業開始。剪定ばさみでアズマネザサだけを選択的に刈り取ります。普段はなかなか行うことのない作業に皆さん、真剣な顔つきで黙々と作業!

P1200281

P1200296

 

刈り取ったササはこんな量になりました☆

P1200291

 

たくさんの人の手で支えられている浅間山公園は、この地域の自然の宝庫です。そんな地域から愛されている公園を支える一員に、今回なってくれた参加者の皆さん、ありがとうございました!次はムサシノキスゲが咲き誇る5月に、是非公園に足を運んでみてくださいね♪

イベント,ボランティア| たなけ

2017年7月9日

夏に向けた安全管理講習開催!

夏の季節、野外作業は、思わぬところに危険が潜んでいます。

いつの間にかなってしまう熱中症、作業中に遭遇するハチやチャドクガ、その他危険生物。これらについて、正しい知識を学び、対策や対処法を知ってもらうため、毎年ボランティアのみなさん向けに「安全管理講習」を実施しています。

 

浅間山公園では6月29日、普段から公園で活動している「浅間山を考える会」のメンバー(浅間山自然保護会、府中野鳥クラブ、浅間山ウォーキングクラブ)を対象に、夏の安全管理講習を行いました。

講師は、森づくり安全技術・技能全国推進協議会理事の松井一郎先生。

まずは屋内で、今までご自身でも経験されてきた、雑木林でのボランティア活動における危険や注意事項について話してくださいました。

1

 

実際にポイズンリムーバーや最新の熱中症対策グッズを使ってみることで、使い方や効果を体感しながらしっかり学べましたね!

2

3

 

後半は皆さんが実際に活動されている現場へ行き、危険生物の潜んでいそうな箇所を見て回るハザードマップづくりを初めて行いました。普段皆さんが活動している現場だけあって、質問や意見も多く飛び交い、今後の対策のための注意点を入念に確認できました!

4

 

これからの時期、安全に楽しく活動をするためには、全員の意識と心がけが大切です。自己の体調管理はもちろん、周りにも目を配り、みんなで安全管理をしながらがんばりましょう☆

ボランティア| たなけ

2016年12月11日

「森キッズクラフトDAY」開催しました!

113日(木・祝)に、「森キッズクラフトDAY in浅間山」を開催しました。

1643名ものたくさんの方が参加してくださり、大盛況です!

 

まずは浅間山を散策。

浅間山で活動している「浅間山自然保護会」のメンバーと、

パークレンジャーによるガイドを聞きながら、浅間山の生きものを観察します。

 

秋の浅間山は、自然素材の宝の山!どこを見ても木の実だらけ!

クラフトづくりのイメージを膨らませながら、散策の合間に、

ちょっとだけ山から分けてもらいました。

 

「今回拾ったどんぐりや赤い実は、普通なら鳥やタヌキのごはんになるんだよ。」

パークレンジャーが調査で記録したタヌキの写真を見ながら、

子どもたちは

「せっかく分けてもらったんだから、大切にクラフトをつくろう」

と心に決めたようです。

 

次はいよいよクラフトの時間!

クラフトの講師は、「浅間山自然保護会」のみなさんと、

府中市内で環境教育に力を入れている「かんきょう塾ネット」の

メンバーのみなさんです!

 

子どもたちがアイデアを話すと、こうしたらどう?など、

やさしくアドバイスをしてくれます。

 

表情豊かなどんぐりたちが並ぶ、ステキな作品ができあがりました!

 

こちらは、色とりどりの葉っぱの中を、折り紙のチョウが舞います!

 

みんな世界に一つだけの、自分のクラフトにご満悦です。

 

最後に、どうして浅間山が木の実いっぱいの雑木林でいられるのか、

みんなで考えてみました。

 

浅間山はもともと「里山」と呼ばれる雑木林で、人間が畑の肥料になる落ち葉や、

お料理のための薪をとるためにお手入れをすることで保たれていました。

 

しかし、最近は落ち葉や薪を使っている人はほとんど見ません。

お手入れされないと、荒れた暗い森になってしまいます。

 

そこで、今では、浅間山を明るく楽しい場所にしたいと、

「浅間山自然保護会」をはじめとする団体のみなさんや、府中市内の学校、

企業のみなさんが、力を合わせて、浅間山のお手入れをがんばってくれています。

参加者の中には、すでに浅間山のお手入れに参加してくれた方もいたようで、

「あの時がんばったことが、浅間山のためになっているんだ」と、

なんだか嬉しそうでした。

 

これからも浅間山でたくさんあそんで、お手入れして、

みんなでたのしい山にしていきたいですね!

 

 

ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました!

イベント,ボランティア| もやん

2016年8月1日

浅間山公園で夏の安全管理講習

724日(日)、日頃から浅間山公園で活動している

浅間山を考える会のメンバー(浅間山自然保護会、府中野鳥クラブ、

浅間山ウォーキングクラブ)の皆さんを対象に、夏の安全管理講習を行いました。

 

この講習では、安全で安心に楽しく、雑木林でのボランティア活動を行うために、

基本的な安全管理について学びます。

今回は夏のこの時期、気を付けなくてはいけない項目を学びました。

 

 

講師は、昨年度に引き続き、東京都環境局緑のボランティア育成講座でも

講師を務められている松井一郎さんです。

 

まずは屋内で「夏の安全対策」について学びます。

夏の作業では、熱中症やハチによる被害が心配ですよね。

こうした被害に遭わないためにはどうにしたら良いか、

予防策や対処法を学びました。

 

 

実際にポイズンリムーバーも使ってみました。

頭ではわかっていても、実際使ってみるとわかることがありますね。

 

後半は浅間山公園での現場実習です。

 

道具を安全に扱うにはどうしたらいいのか、

「最近作業をすると腰が痛くて・・・」という悩みにも

丁寧にお答えいただきました。

 

 

 安全第一に、作業スタート。園路沿いの草を刈っていきます。

 

 

 終わった後は、こんなにスッキリしました!

 

 

毎年この時期に行う安全管理講習。

夏でも元気に楽しく活動するためには、日ごろからの心がけが大切です。

安全管理の重要性について、改めて確認する一日となりました!

ボランティア| もやん

2016年2月22日

「冬鳥の観察会」を開催しました!

2月13日(土)に「冬鳥の観察会」を開催しました。ポカポカと春のような陽気になり、絶好の野鳥観察日和になりました。

 

コースは多磨霊園を出発し、浅間山公園にかけて歩きます。講師の方々は毎年お世話になっています、「府中野鳥クラブ」の皆さんです。 たくさんのサポートありがとうございました!

 

参加者は43名の大所帯!幼稚園の小さなお子さんも参加してくれました。


双眼鏡やスコープを使って、野鳥の姿をじっくり観察。目と耳を使って、しばし野鳥の世界に浸ります。

 

うまく見れない方には、サポートスタッフが、丁寧に説明しながら見せてくれます♪

 

この日出会えた野鳥は20種。

シロハラ、ジョウビタキ、カワラヒワなどこの時期ならではの冬鳥に出会うことができました!

 

今回歩いた多磨霊園や浅間山公園の地図、そしてミニ図鑑や野鳥案内など、府中の森公園サービスセンターで配布しております!ぜひ公園をお散歩がてら、じっくりを野鳥の世界を覗いてみてください。

イベント,ボランティア| みょうちゃん

2015年10月25日

全山清掃を行いました!

 1010日(土)晴れ。

秋晴れの空の下、浅間山公園で全山清掃が行われました!

この日は浅間山自然保護会の会員や一般の来園者のほか、

府中市立若松小学校や府中市立浅間中学校の先生や児童、

生徒と保護者など275名の方が参加しました。

 

今回の全山清掃では、中山の小鳥の水場周辺の草刈りや粗朶柵づくりを行いました。

班ごとにわかれて作業を行い、1時間半ほどの草の伸び放題だった広場も、とてもきれいになりました!

またボロボロになっていた粗朶柵も作り直し、写真のように出来上がりました!

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!

 

イベント,ボランティア| よしこ

2015年1月7日

府中工業高校 奉仕体験活動を行いました!

 

12589日の3日間にかけて、都立府中工業高校1学年による奉仕体験活動を行いました。

今回は、浅間山公園の中山に位置する「小鳥の水場」での草刈りです。

慣れない鎌を使いながらも、一生懸命に草刈りに励みました!


 

枯草が沢山茂っていた箇所も、今回の活動ですっかり綺麗になりました。

また、活動後は浅間山自然保護会の山田会長に浅間山を案内していただきました。

高校近くの浅間山公園を知っていただく良い機会になったと思います。

 

作業のあとは道具の手入れもしっかり行いました。

また来春、草刈りした場所から山野草の芽が出るのが楽しみですね。

 

府中工業高校の皆さん、ありがとうございました!

 

ボランティア| よしこ

2014年8月7日

浅間山自然保護会対象の安全管理講習を行いました!

7月29日(火)。

浅間山公園でボランティア活動している浅間山自然保護会を対象とした安全管理講習を行いました。

この講習では、安全で安心に楽しく、雑木林でのボランティア活動を行うために、基本的な安全管理の心構えを学んでいきます。

 

講師は、森づくり安全技術・技能全国推進協議会で理事を務められている松井一郎氏です。

 

まずは「安全管理の心構え」から。日頃の作業において「ヒヤリ」「ハッ…!」とした場面がなかったか、活動中の安全管理や危険予知を改めて見直しました。

 

そして「夏の安全対策」。

夏の作業では、熱中症やハチによる被害が懸念されます。

こうした被害に遭わないためにはどうにしたら良いか、予防策や対処法を学びました。

 

今回の講座では、活動中の安全管理の重要性について改めて確認する一日となりました。

まだまだ暑い夏が続きますが、笑顔で楽しく活動するためにも一人ひとりの心がけが大切ですね。

ボランティア| よしこ

2014年6月30日

東京農工大学大学院の皆さんとササ刈り実習を行いました!

6月26日(木)。

東京農工大学大学院の学生16名と教員、浅間山自然保護会のメンバー3名と共にササ刈り実習を行いました。今回の目的はササ刈りを通して、実際の雑木林保全・管理を体験することです。

実習地は、浅間山公園の南側で前年度雑木林マイスター講座で実習を行った場所です。

装備をしっかり整え、カマ、ノコ、剪定ばさみを使って作業を行いました。

刈ったササは、エコスタックへ運び入れます。

はじめは3m程のササが繁茂し、先が見通せなかった場所も

約80分間の実習を終える頃には、林床が見えてとても綺麗な状態になりました。

今回、浅間山公園では初めて大学のササ刈り実習を受け入れることとなりましたが、

学生・ボランティア・公園スタッフの皆で協力しながら作業を進めることが出来ました!

みなさんお疲れさまでした!

ボランティア| よしこ

2014年2月5日

「ちょいボラDAY」を開催しました!

少し寒さが和らいだ1月下旬の晴れた日に、「ちょいボラDAY」を開催しました!
秋に行った雑木林マイスター講座の修了生の皆さんと、
浅間山自然保護会の皆さんといっしょに雑木林のお手入れを行いました。

 

作業する場所は講座実習地の近く、今年度植物調査を行ったところです。
アズマネザサが2〜3mまで成長し、先が見えないくらい繁茂しています。

これでは陽の光が届かず、他の植物が育たないため、
下草刈りと落葉搔きを行いました。
作業をがんばる皆さん。冬ですが、汗がにじみます!

そして、45分の作業で・・・
【作業前】


【作業後】


こんなにキレイになりました!!

 

更にアズマネザサに覆われていた場所から、
なんと小さなイチヤクソウも見つかりました。


参加した皆さんも、まさかあんな暗かった場所に生えているなんて!
とビックリ。春が待ち遠しいですね。

 

最後に、記念撮影。お疲れ様でした!


作業を終えられた後の、生き生きした笑顔が爽やかです。

ぜひ、冬の浅間山公園にも遊びに来てください♪

 

イベント,ボランティア| ぺったんこ草

1 / 212