野川公園 オフィシャルブログ

公園プロフィール

■名称
野川公園(のがわこうえん)
■所在地
調布市野水一・二丁目、
小金井市東町一丁目、
三鷹市大沢二・三・六丁目
■詳しい公園情報はこちら

野川公園オフィシャルページ

< 7月 2015年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

むさしのの都立公園

東京都スポーツ施設 予約管理システム

野川公園 オフィシャルブログ
ボランティア

2015年6月29日
イベント「布ぞうりをつくろう」を開催しました!

自然観察センターにて、イベント「布ぞうりをつくろう」を開催しました!

お家で眠っている古い布を使って、布ぞうりを作るイベントです。

使わなくなったものを、再び役立つものへとリサイクル!

講師は、野川公園緑の愛護ボランティア手細工グループの皆さんです。

 

 

はじめに古い布を裂き、細くした布を上手に編んでいきます。

自分の体を使ってどこでも作れるので、誰でもすぐに始めることが出来ます!

 

 

ボランティアも丁寧にひとりひとりをサポート。

みんなで作業をすると、自然と話も弾んで会場はとても和やかな雰囲気でした。

 

 

「完成しましたよ~!」

参加者の方も美しく仕上がった布ぞうりに大満足!

 

 

参加者のみなさんからは「ひとりひとり教えて頂けたので安心して作れました!」

「とっても素敵な手作りの布草履が出来てとてもうれしいです!」

など嬉しいお言葉を頂きました。

 

 

最後に、参加者とボランティアで「はい、チーズ!」

みなさんとても素敵な笑顔ですね!

 

来年も開催する予定ですので、ぜひご参加ください。

イベント,ボランティアぺったんこ草

2015年5月27日
イベント「春の虫をさがそう」が開催しました!

新緑の中を爽やかな風が吹き抜ける野川公園自然観察園で、

子ども達を対象にしたイベント「春の虫を探そう!」を開催しました。

 

 

今、草はらにはどんな虫たちがいるのでしょう?

みんなで春の虫を探しに行きました。

講師は、野川公園緑の愛護ボランティアの会・昆虫グループのメンバーです。

はじめは気がつかなかった草に隠れた虫も、よく観察するといるいる!

早速、網でつかまえた女の子。何をつかまえたのかな?

 

「なんの虫だろう?」虫めがねでよぉ~く観察!

 

 

分からないことは、講師のボランティアが丁寧にサポートしました。

 

 

見つけた虫は、自分で名前を図鑑で調べ「こんちゅうきろくシート」に記録しました。

 

 

草はらで、ヒメウラナミジャノメなどのチョウ類やナナホシテントウ、

ヒメギスの幼虫など37種の虫を見つけることが出来ました!

写真は、体長1cmほどのヒメギスの幼虫です。

 

 

「生き物の世界を愛し、探究することを子供たちに伝えていくという試みは

とても素晴らしい愛のある活動だと思います!」

「最高でした!勉強になりました!」など、たくさんの喜びの声がありました。

これからは、夏の虫がたくさん出てきます♪

また、虫を観察しに公園へ遊びに来てくださいね!

※自然観察園の柵内は保護区域となり、普段はお入り出来ませんのでご了解ください。

イベント,ボランティアぺったんこ草

2015年5月6日
ボランティア向け安全管理講習を行いました!

自然観察センターにて、自然観察園で活動している

野川公園緑の愛護ボランティアの皆さんを対象に安全管理講習を行いました!

 

 

今年から定例活動の一環として講習を設けたことで、

多くのボランティアの方が参加しました。

安全で楽しくボランティア活動を行うために、

基本的な安全管理の心構えや道具の取り扱い等を学びます。

 

 

講師は、東京都環境局緑のボランティア育成講座の

講師などをされている松井一郎氏。

「安全管理の心構え」から普段の活動を改めて見直し、

「夏の安全対策」としてハチに刺された時の対処法や、

熱中症の対策について学びました。

 

 

講習を聞くボランティアのみなさんも、真剣な眼差し。

 

一番大切なことは「無理をせず、常に初心でいること」。

みんなで安全の基本について確認したことで、

今後の活動について安全管理の意識を高めることができ、

良い機会となりました!

ボランティアぺったんこ草

2015年5月6日
イベント「カブトムシの里親になろう」を開催しました!

自然観察センターにて、イベント「カブトムシの里親になろう」を開催しました。

このイベントは、公園で育ったカブトムシの幼虫をお分けし、

幼虫から成虫になるまで大切に育てます。

 

 

さて、カブトムシの幼虫はどんな暮らしをしているのでしょう?

講師である野川公園緑の愛護ボランティアの会・昆虫グループの

メンバーが丁寧に解説しました。

 

 

 

そして、いよいよ幼虫のお家づくり!お家には、2Lのペッドボトルを使用します。

身近にあるものを工夫するだけで飼育箱にもなります。

 

 

「幼虫さん、こんにちは!」手のひらと同じくらいの大きさにビックリ!

 

 

重さを量ってみると、24.7g。手のひらにどっしりと重みを感じます。

 

 

お家の完成!このまま羽化するまで大切に育てます。元気に育ちますように!

 

 

7月19日に育てたカブトムシを持ち寄り、

カブトムシになった日や育てた感想などを報告する会を開きます。

また、みなさんにお会いできることを楽しみにしています

イベント,ボランティアぺったんこ草

2015年3月30日
「平成27年度 ボランティア募集説明会」 を開催しました!

自然観察センターにて、「緑の愛護ボランティア募集説明会」を開催しました!

緑の愛護ボランティアは、野川公園内にある自然観察園で雑木林や野草の手入れ

などの活動を行っています。

今回は、年に1回行うボランティア募集のための説明会です

 

 

自然観察園は、国分寺崖線に接した豊かな自然と水に恵まれ、さまざま植物や

鳥・昆虫などが集まります。こうした生きもの達がすみやすい環境を作ること、

また武蔵野の自然環境を保全する目的として活動しています。

「都心に近い場所にありますが、自然に触れ合えるとても素敵な公園なんですよ!」


 

 

説明会では、昨年入られたボランティアから

一年間活動に参加しての感想も話して頂きました。

「緑の中で行う作業は、気持ちがリフレッシュし達成感も得られますよ!」

「生きものについて分からないことは、先輩ボランティアが丁寧に

教えてくれるので大変勉強になります!」など

初めてでも自分のペースで楽しく活動をしている様子に、

参加者の方も安心されたようでした。

 

最後は、活動場所となる自然観察園をみなさんと見学し、説明会を終了しました。

 

なんと今回参加した方13名全員、ボランティア登録して下さいました!

4月から新たなメンバーとともに、活動を盛り上げて行きたいと思います。

 

 

ボランティア活動にご興味のある方は、

野川公園自然観察センター(☎0422―31―9033、月曜休み)まで

お問合せください。

 

イベント,ボランティアぺったんこ草

2015年3月1日
イベント「冬越しの虫の観察会」を開催しました!

野川公園自然観察センターにて、子ども達を対象にしたボランティア主催イベント

「冬越しの虫の観察会」を開催しました!

講師は、野川公園緑の愛護ボランティアの会・昆虫グループのメンバーです。

夏、たくさんいた昆虫たちは、冬になりどこへ行ってしまったのでしょう?

 

 

まずは、自然観察園の木に巻いた「こも巻き」を調べに行きました。

こも巻きとは、松を害虫から守るための伝統的な駆除手段の 一つで、

ワラを編んだものを冬のあいだ木に巻きつけます。

これは、冬になると寒さと乾燥から身を守れる場所へ移動する

昆虫の習性を利用したものですが、

今回は冬越しする昆虫を観察するために巻きました。

 

 

こも巻きを開けてみると・・・

幹の割れ目に、成虫のナミテントウが寄り添って固まっていました。

ジッと寒さに耐えているようにみえますね。

 

 

自然観察センターに帰り、さらに中をよく調べてみると、

クモやカメムシの仲間をたくさん見つけることができました。

「こんなにいるんだっ」とみんなもビックリ!

 

次に、朽木を割って中を調べてみました。

すると、中から白い幼虫が・・・コクワガタです。

よく見ると、小さいながらも立派な顎ですね。

 

冬の公園でも、こんなにたくさんの昆虫たちと出会えました ♪

他にも、木の洞や落ち葉の裏などで冬越しする昆虫もいます。

ぜひ、公園に来てみなさんも探してみて下さい。

 

※自然観察園の柵内は保護区域のため、

    普段はお入りいただけませんのでご了承ください。

イベント,ボランティアぺったんこ草

2014年12月28日
「お正月飾りをつくろう」イベントを開催しました。

12月23日(火祝)、「お正月飾りをつくろう」イベントを開催しました。

野川公園緑の愛護ボランティアの会、手細工グループのみなさんが講師となり、参加者の皆さんを手厚くサポート!まずはお正月飾りを飾る意味などのお話し。

わらを触ることが初めての方も多い中、わら細工の基本「わらない」から始めます。手の動かし方など、コツをつかむまで、ボランティアのみなさんが丁寧に教えてくれます。

慣れてきたら、太いしめ縄部分を作っていきます。

棒状のしめ縄ができたら、はさみできれいに整えます。

丸くして、飾りをつけて出来上がり!わらの素材感がよく出た、きれいな形になりました。

最後に参加者、ボランティアの皆さん全員で記念撮影!みなさん出来栄えに大満足!お家に飾って、よいお正月をお迎えください~!

イベント,ボランティアはせ

2014年11月30日
イベント「シジュウカラの巣箱を作ろう」を開催しました!

寒さが日に日に厳しくなりますね。

野川公園では、ツグミやヤマガラなどの冬鳥を見かけるようになり、

いよいよ冬を迎えるのだなと感じます。

 

さて、自然観察センターでは、

イベント「シジュウカラの巣箱を作ろう」を開催しました。

シジュウカラの暮らしを学んで、巣箱づくりを行うイベントです。

ちょうど今の時期から、シジュウカラは

来春に使う巣の場所はどこがいいかをチェックし始めます。

 

今回作る巣箱はお持ち帰りいただき、

お家の庭などで子育てのようすを観察してもらいます。

講師は、野川公園緑の愛護ボランティア・野鳥グループのメンバー。

 

まずは、シジュウカラの生態についての解説を行いました。

実際に巣箱を使い始めるのは、コケが生えはじめる3月中旬頃。

「なんでコケかというと・・・」

 

巣箱の中には、ふかふかのコケが敷き詰められていました。

コケは、雛たちのベットになるんですね。あったかそうだな~

 

さぁ、いよいよ、巣箱づくりスタート!

はじめは、板を切る作業。

慣れない道具だけど、ボランティアに切り方のコツを聞いて

みんなで力を合わせて、一生懸命がんばりました。

 

次は、釘打ちの作業。

手を打たないように慎重に慎重に。真剣な眼差しです。

だんだん道具の使い方にも慣れて、上手に釘を打てました。

 

最後は、屋根の取付け作業。

ネジを回すのも、なかなか力が要ります。

あと、もうちょっと!がんばって!

 

「できた~~~!!!」

完成した後は、みんなで記念写真。

 

参加者からは、巣箱づくりを通して

「自然のことを考えさせられました」「鳥に興味を持つようになりました」

「優しく丁寧に、安全に教えてくださり感謝します」など

嬉しいお言葉をたくさん頂きました。

 

来年の春が待ち遠しいですね!

みなさんの巣箱に、シジュウカラがやってきますように。。。

 

公園では、ただいまシジュウカラをはじめ

ヤマガラやエナガなどの群れを観察することが出来ます。

厳しい冬を逞しく生き抜く、鳥たちの姿もぜひ観察しに来てくださいね。

イベント,ボランティアぺったんこ草

2014年11月12日
イベント「どんぐり笛をつくろう!」を開催しました!

実りの季節。野川公園を歩くと、たくさんドングリが落ちています。

自然観察センターでは、イベント「どんぐり笛をつくろう!」を開催しました!

ドングリをくり抜いて、オリジナルの笛をつくります。

講師は、野川公園緑の愛護ボランティア・昆虫グループのメンバーです。

 

 

ドングリをくり抜く道具は、耳かきのような形の道具を使います。

お母さんといっしょに作る女の子

どんな音がなるのかな?」

 

 

最後は、ボランティアに口の部分を付けてもらって完成!!

「はやく吹いてみたいな~」

 

 

吹いてみると「ピー!」と透き通った素敵な音がなりました。

 

 

参加者からは「子どもが真剣に集中して取り組め、達成感もありよかった」

「大変優しく教えてくださって良かった」「また作りたい!」など

嬉しいお言葉をたくさん頂きました。

 

 

みなさんも公園に遊びに来て、ドングリを探してみて下さいね。

そして、お家で笛づくりにもぜひ挑戦してみてください。

イベント,ボランティアぺったんこ草

2014年10月9日
イベント中止のお知らせ  「バッタ・コオロギ・カマキリの研究」

いつも野川公園をご利用いただきありがとうございます。

 

10月13日(月・祝)に延期開催の予定をしておりました

イベント「バッタ・コオロギ・カマキリの研究」は、

台風の影響により、雨天が予想されるため中止となりました。

 

観察会を楽しみにしていただいた皆さまには大変申し訳ありませんが、

何卒ご了承の程よろしくお願い致します。

 

 

尚、次回の「小さな昆虫教室イベント」は、

2月に、冬越ししている昆虫の観察会を予定しています。

 

皆さまのご参加をお待ちしております。

 

問合せ先:野川公園サービスセンター  TEL: 0422-31-6457

イベント,ボランティアぺったんこ草

Copyright musashinoparks.com All rights reserved.
サイト上へ