野川公園 オフィシャルブログ

公園プロフィール

■名称
野川公園(のがわこうえん)
■所在地
調布市野水一・二丁目、
小金井市東町一丁目、
三鷹市大沢二・三・六丁目
■詳しい公園情報はこちら

野川公園オフィシャルページ

< 11月 2014年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

むさしのの都立公園

東京都スポーツ施設 予約管理システム

野川公園 オフィシャルブログ
ボランティア

2014年11月30日
イベント「シジュウカラの巣箱を作ろう」を開催しました!

寒さが日に日に厳しくなりますね。

野川公園では、ツグミやヤマガラなどの冬鳥を見かけるようになり、

いよいよ冬を迎えるのだなと感じます。

 

さて、自然観察センターでは、

イベント「シジュウカラの巣箱を作ろう」を開催しました。

シジュウカラの暮らしを学んで、巣箱づくりを行うイベントです。

ちょうど今の時期から、シジュウカラは

来春に使う巣の場所はどこがいいかをチェックし始めます。

 

今回作る巣箱はお持ち帰りいただき、

お家の庭などで子育てのようすを観察してもらいます。

講師は、野川公園緑の愛護ボランティア・野鳥グループのメンバー。

 

まずは、シジュウカラの生態についての解説を行いました。

実際に巣箱を使い始めるのは、コケが生えはじめる3月中旬頃。

「なんでコケかというと・・・」

 

巣箱の中には、ふかふかのコケが敷き詰められていました。

コケは、雛たちのベットになるんですね。あったかそうだな~

 

さぁ、いよいよ、巣箱づくりスタート!

はじめは、板を切る作業。

慣れない道具だけど、ボランティアに切り方のコツを聞いて

みんなで力を合わせて、一生懸命がんばりました。

 

次は、釘打ちの作業。

手を打たないように慎重に慎重に。真剣な眼差しです。

だんだん道具の使い方にも慣れて、上手に釘を打てました。

 

最後は、屋根の取付け作業。

ネジを回すのも、なかなか力が要ります。

あと、もうちょっと!がんばって!

 

「できた~~~!!!」

完成した後は、みんなで記念写真。

 

参加者からは、巣箱づくりを通して

「自然のことを考えさせられました」「鳥に興味を持つようになりました」

「優しく丁寧に、安全に教えてくださり感謝します」など

嬉しいお言葉をたくさん頂きました。

 

来年の春が待ち遠しいですね!

みなさんの巣箱に、シジュウカラがやってきますように。。。

 

公園では、ただいまシジュウカラをはじめ

ヤマガラやエナガなどの群れを観察することが出来ます。

厳しい冬を逞しく生き抜く、鳥たちの姿もぜひ観察しに来てくださいね。

イベント,ボランティアぺったんこ草

2014年11月12日
イベント「どんぐり笛をつくろう!」を開催しました!

実りの季節。野川公園を歩くと、たくさんドングリが落ちています。

自然観察センターでは、イベント「どんぐり笛をつくろう!」を開催しました!

ドングリをくり抜いて、オリジナルの笛をつくります。

講師は、野川公園緑の愛護ボランティア・昆虫グループのメンバーです。

 

 

ドングリをくり抜く道具は、耳かきのような形の道具を使います。

お母さんといっしょに作る女の子

どんな音がなるのかな?」

 

 

最後は、ボランティアに口の部分を付けてもらって完成!!

「はやく吹いてみたいな~」

 

 

吹いてみると「ピー!」と透き通った素敵な音がなりました。

 

 

参加者からは「子どもが真剣に集中して取り組め、達成感もありよかった」

「大変優しく教えてくださって良かった」「また作りたい!」など

嬉しいお言葉をたくさん頂きました。

 

 

みなさんも公園に遊びに来て、ドングリを探してみて下さいね。

そして、お家で笛づくりにもぜひ挑戦してみてください。

イベント,ボランティアぺったんこ草

2014年10月9日
イベント中止のお知らせ  「バッタ・コオロギ・カマキリの研究」

いつも野川公園をご利用いただきありがとうございます。

 

10月13日(月・祝)に延期開催の予定をしておりました

イベント「バッタ・コオロギ・カマキリの研究」は、

台風の影響により、雨天が予想されるため中止となりました。

 

観察会を楽しみにしていただいた皆さまには大変申し訳ありませんが、

何卒ご了承の程よろしくお願い致します。

 

 

尚、次回の「小さな昆虫教室イベント」は、

2月に、冬越ししている昆虫の観察会を予定しています。

 

皆さまのご参加をお待ちしております。

 

問合せ先:野川公園サービスセンター  TEL: 0422-31-6457

イベント,ボランティアぺったんこ草

2014年10月4日
イベント延期のお知らせ「バッタ・コオロギ・カマキリの研究」

いつも野川公園をご利用いただきありがとうございます。

 

10月5日(日)に開催を予定しておりました

イベント「バッタ・コオロギ・カマキリの研究」は、

荒天が予想されるため延期となりました。

 

延期日時は、

10月13日(月・祝)13:00〜15:00

となります。

 

イベントを楽しみにしていただいた皆さまには大変申し訳ありませんが、

何卒ご了承の程よろしくお願い致します。

 

 

尚、定員にまだ若干の空きがございますので、

ご参加をご希望の方は下記までお申し込みください。

 

皆様のご参加をお待ちしております。

 

問合せ先/申し込み:

野川公園サービスセンター  TEL: 0422-31-6457

イベント,ボランティアぺったんこ草

2014年10月4日
イベント中止のお知らせ  「植物観察会」

いつも野川公園をご利用いただきありがとうございます。

 

10月5日(日)に開催予定をしておりました

毎月の定例イベント「植物観察会」は、

荒天が予想されるため中止となりました。

 

観察会を楽しみにしていただいた皆さまには大変申し訳ありませんが、

何卒ご了承の程よろしくお願い致します。

 

 

尚、次回の「植物観察会」は、

11月2日(日)13:00〜

に開催予定です。

 

皆さまのご参加をお待ちしております。

 

問合せ先:野川公園サービスセンター  TEL: 0422-31-6457

イベント,ボランティアぺったんこ草

2014年9月28日
イベント「アイタデ生葉染め」を開催しました!

爽やかな秋風が吹き、空は吸い込まれるような青空。

すっかり秋を感じるようになりました。野川公園自然観察センターでは、

公園主催イベント「アイタデ生葉染め」を開催しました!

野川公園緑の愛護ボランティアの会が公園で育てたアイタデで、

シルクのスカーフを染める体験教室です。

 

アイタデの刈り取りまでには、4月の種まきから約5か月もかかります。

今年は、アイタデの生育も上々!午後から始まるイベントのために、

ボランティアがアイタデの刈取りを行いました。

 

 

刈ったアイタデは、水洗いし汚れを取り除きます。

 

 

そして、いよいよイベント開始!

講師は、野川公園緑の愛護ボランティアの会の皆さんです。

 

 

染める前に、ビー玉や結び目を作って布に絞り(模様)を入れます。

それから、アイタデの葉を一枚一枚摘み取り、染液をつくる準備!

 

 

摘み取ったアイタデは揉んで、染液を絞り出します。これがなかなかの力技!

良い色が出るように、3人で力を合わせて頑張ります。

 

 

下準備が整い、ここでやっと布を染めます。絞り出した染液は、深い緑色。

媒染すると爽やかな青い色に大変身するのですから、本当に不思議ですね。

 

 

「キレイに染まったかな~??」布を広げるまで、ドキドキ!わくわく!します。

 

 

 

出来上がりましたよ!秋空のように美しい青色。

どれ一つとして同じデザインのものはなく、世界に一枚だけの宝物です。

 

 

 

作品の前で、記念撮影も行いました。みなさん素敵な笑顔ですね!

 

 

 

アンケートでは、「ボランティアの皆さんのご指導でうまく完成した!」

「作品が出来上がるのを楽しみにワクワクしながら作業できた!」

「来年もまた来たい!」など嬉しいお言葉をたくさん頂きました。

イベントを通して、植物の中に眠る色の不思議と美しさを

体感して頂けたかと思います。

 

 

公園では、さまざまな形で自然と触れ合う事のできるイベントを開催しています。

ぜひ、HPや掲示板でチェックしてくださいね。

イベント,ボランティアぺったんこ草

2014年9月1日
イベント「自由研究★昆虫相談室」を開催しました!

夏休みも終わりに近づいてきました。

今頃は、夏休みの宿題に追われていたな~と思い出し苦笑い。

皆さんは如何だったでしょうか。

 

 

さて、824日(日)に自然観察センターで、子どもたちを対象とした

ボランティア主催イベント「自由研究★昆虫相談室」を開催しました!

昆虫をテーマにした自由研究を行う中で、不思議に思ったことや分からないことを

昆虫博士に相談できるイベントです。

昆虫博士は、野川公園緑の愛護ボランティアの会・昆虫グループのメンバー。

 

 

 

 

子どもたちからは「ハチに刺されたら人も死んでしまうの?」

「エノキを食べるチョウを探したいのだけど、この公園にもいるの?」など

質問があり、昆虫博士の話を聞く眼差しは真剣そのもの。

一生懸命メモをとっていました。

 

 

 

また、「昆虫のことを知りたいけど、どんなことを調べたらいいか分からない」

という子どもたちには、ワークショップ「ナミテントウの模様を調べてみよう!」

行いました。ナミテントウの模様は、「赤地に細かい黒紋」「黒地に大きな赤紋」

「全体が黄赤色」など、様々なパターンがあります。

子どもたちには、模様を見比べてスケッチしてもらいました。

 

「できたよ〜!!」

よく見比べて描けていますね☆

 

参加者からは「息子がたくさん教えて頂き、益々興味が出てきたようで、

虫のことをもっと調べたくなったようです!」

「優しく教えてもらえて、とても分かりやすかった!」等、

たくさんの喜びの声がありました。

 

 

身近な昆虫でも、よく観察してみると生態の面白さに気づきます。

 

ぜひ、生きもの観察をしに公園へ遊びに来てください!

 

イベント,ボランティアぺったんこ草

2014年8月16日
イベント「夏の虫をさがそう!」を開催しました!

お日様サンサン!青空が広がる野川公園の自然観察園で、子ども達を対象にした

ボランティア主催イベント「夏の虫をさがそう!」を開催しました!青々と伸びた

草むらには、どんな夏の虫がいるのかな?みんなで虫網を持って探しに行きました。

講師は、野川公園緑の愛護ボランティアの会・昆虫グループのメンバーです。

 

 

 

足元には、バッタの赤ちゃんがいっぱい!歩くだけでピョンピョン飛び跳ねます。

虫網をふると「入った!入った!」虫網に入った虫をとってあげるボランティア。

 

 

 

草むらで元気にいっぱいに跳ねていたコバネイナゴのあかちゃん。

 

 

 

自然観察センターへ帰った後、自然観察園で見つけた虫の名前を調べました。

 

 

 

 

調べた中で一番多かったのは、ショウリョウバッタやオンブバッタ等のバッタの

あかちゃん。そして、ヤマトシジミやツマグロヒョウモン等のチョウ類、カメムシ類や

トンボ類等も確認。夏の草むらで、たくさんの種類の虫たちと出会うことが出来ました!

 

 

最後に、昆虫グループが育てた夏の虫の王様“カブトムシ”の木登り競争で

みんな大盛り上がり!

 

 

 

参加者からは「実際に昆虫採集ができて楽しかった!」

「昆虫のことを色々と優しく教えてもらえて、とても分かりやすかった!」等、

たくさんの喜びの声がありました。

 

 

まだまだ、夏の虫とたくさん出会えます♪   また、公園へ遊びに来てくださいね!

 

 

※自然観察園の柵内は保護区域のため、ふだんはお入りいただけませんので

    ご了承ください。

イベント,ボランティアぺったんこ草

2014年6月1日
企業CSR活動「外来種の引抜き」を行いました!

5月下旬。青空が広がる野川公園自然観察園にて、企業のCSR活動が行われました。

CSRCorporate Social Responsibility)は、一般には「企業の社会的責任」と訳されます。

「企業は利益を追求するとともに、その持てる力を社会的課題の解決に向けて、

社会の持続可能な発展に寄与すべきである」という理念のもとに、

様々な取り組みが行われています。

 

今回は、サムスンSDIジャパン株式会社の社員のみなさんとそのご家族33名が

参加されました。活動内容は、外来種(セリバヒエンソウ)の引抜き作業。

自然観察園には約500種の在来の野草が生息していますが、外国から移入した種の繁殖が旺盛で放っておくと保全している野草が消えてしまいます。

野川公園緑の愛護ボランティアの日常的な活動でも、外来種の引抜き作業を行っていますが、草の勢いがいいこの時期多くの手が入ってくれることはありがたいです。

 

まずはパークレンジャーから、作業の仕方を教わりました。

 

 

 

作業はどんどん進みます。子ども達も一所懸命!!

 

 

 

草を運ぶカゴは、すぐ一杯になり何往復も運びました。

 

 

 

40分ほどの作業で、引抜いた草の山!

 

 

作業する前は外来種で覆われていましたが・・・

 

 

みなさんにご協力を頂いて、とってもキレイになりました!!

 

本当にありがとうございました!

 

 

 

作業中には、さまざまな夏の生きものとの出会いもありましたよ!

写真は、トホシテントウ。アマチャヅルやカラスウリなどウリ科の

葉っぱが大好きなテントウムシです。

 

 

 

今回、活動に参加して頂き、普段なかなか自然に触れ合うことのない皆さんにも、

人の手が入ることで守れる自然があると気づいて頂けました。

今回の活動をきっかけに、身近な自然にも目を向けていってもらえればと思います。

ボランティアぺったんこ草

2014年5月30日
イベント「春の虫をさがそう」が開催されました!

5月はじめ。新緑が清々しい野川公園自然観察園で、

子ども達を対象にしたボランティア主催イベント「春の虫を探そう!」を開催しました。草はらに、どんな虫たちが生息しているのか探してみよう、というイベントです。

さて、どんな虫と出会えたのかな?

 

 

春の草はらは、まだ葉も柔らかく、ハルジオンやカラスノエンドウなど

様々な野草の花が咲いています。

どんな虫たちがいるかな?

虫網と昆虫採集ケースをもって、探検だ! よく目を凝らしてみると、いるいる!

赤ちゃんバッタやハムシの仲間、花にはチョウも寄ってきます。

 

 

たくさんの虫たちに出会った昆虫たちに出会いました。

右上:ヒメギスの幼虫、右下:ヒラタアオコガネ、左上:ヒメウラナミジャノメ、左下:クビキリギス。

 

 

 

採取した虫を嬉しそうに見せてくれた男の子。

「これは何ていう虫かな?」

 

 

見つけた虫は、自分で名前を図鑑で調べ、「こんちゅうきろくシート」に記録しました。一生懸命観察して、図鑑とにらめっこ!

 

 

「こんなに見つけたよ!」

一時間前後の観察で、様々な春の虫たちを観察することが出来ました。

 

 

お父さんやお母さんも、お子さんと一緒に夢中になって楽しんでおられ、

とても和やかなイベントとなりました。

「たくさんの虫を探すことが出来て楽しかった!」

「小さな子どもでも簡単に虫を取ることが出来て楽しめた!」

「詳しい方が一緒だと、色々なことが分かって良かった!」など、

たくさんの喜びの声がありました。

 

 

これからは、夏の虫がたくさん出てきます♪

また、虫を観察しに公園へ遊びに来てくださいね!

 

 

※自然観察園の柵内は保護区域となり、ふだんは入ることが出来ませんので

 ご了解ください。

イベント,ボランティアぺったんこ草

Copyright musashinoparks.com All rights reserved.
サイト上へ