武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵野公園 オフィシャルブログ

2018年11月29日

苗圃の秋景色

武蔵野公園、イロハモミジの名所、野川沿い並木が、

真っ赤に染まり、連日紅葉狩りを楽しむ方が来られています。
武蔵野イロハモミジ301129

モミジもいいですが、それ以外の紅葉もきれいです。

黄色から赤まで、色あいが様々なトウカエデですが、

日照のいい苗圃内の大木が美しい赤になり、隣のイチョウと並んで

来園者の足を止めています。

苗圃イチョウとトウカエデ

ラクウショウの独得の橙色の紅葉もきれいです。

苗圃ラクウショウ

クヌギの黄色や、コナラの赤褐色も味わいがあります。

武蔵野コナラ301129

様々な樹木が植えられた苗圃、それぞれの色彩をお楽しみいただけます。

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年11月29日

本の世界を歩こう

武蔵野、という地名がそのまま公園名になっている、武蔵野公園。

この公園には、国分寺崖線を見渡せるはらっぱや、雑木林、

自然な川辺の趣を残す野川の流れなど、まさに「武蔵野」の風景が広がっています。

くじら山はらっぱと国分寺崖線

くじら山南園地

そんな風景を舞台とする文学作品は少なくありません。

例えば、長野まゆみさんの瑞々しい小説、「野川」。

作家の描き出す丁寧な自然描写は、

主人公の少年の目に映る武蔵野公園そのままのようでもあり、

鳥の目、神の目になってどこか違う世界を俯瞰しているようでもあります。

 

12月2日(日)のむさしのカレッジ「本の世界を歩こう」は、

武蔵野公園から野川公園へ、晩秋の風景の中を歩きながら文学と自然について語る

ガイドウォークです。

パークライフマガジンの編集者でもあるリュエルスタジオ代表 鈴木佳子さんと、

写真家・エッセイストでもあるパークレンジャー 蜂須賀公之さんのお二人に

ガイドを担当していただき、長野まゆみさんの「野川」も取り上げる予定です。

本好きの方、自然好きの方、武蔵野公園を愛する方、皆様のご参加お待ちしております。

お問合せは武蔵野公園サービスセンター 042-361-6861まで。

 

 

イベント| 虫目ちゃん

1 / 11