武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

浅間山公園 オフィシャルブログ

1 / 612345...最後 »

2018年8月31日

むさしのカレッジ「キノコ100本ノック!」開催!

7/16(月・祝)にむさしのカレッジ「キノコ100本ノック!」を開催しました!

身近でありながらあまり知られていないキノコの生態や特徴を、

一日じっくり講義するイベントです。

地元だから気軽に参加してみたという方から、

キノコが好きで都外から来ました!という方まで、

18名の参加がありました!

講師はNPO birthの蜂須賀レンジャー!

生き物や自然を愛する初代東京都レンジャーであり、

野生食材を使って料理もするとても多彩な先生です。

きのこ100本ノック写真1
午前中は浅間町会館にて、キノコの生態やその魅力についてたっぷり講義。

野生のキノコを使った料理の紹介もあり、参加者の皆さんも先生の話に釘付け!

午後は浅間山公園に移動し、実際にキノコを探してみました!

雨が少なく、キノコたちにとっては厳しい日が続いていましたが、

園路の脇や木の根元にポツポツとキノコたちが顔を出していました。

中には冬虫夏草も…!

きのこ100本ノック写真3
参加者の皆さんもだんだん目が慣れてきて、どんどんキノコが見つかるように!
見つけたキノコは後でじっくり観察するために採集し、持ち帰ります。

キノコの種を同定するときに、柄についているつばや、根元のつぼを見ることが

ポイントとなることもあるため、新聞紙に包んで慎重に運びます。
ちなみに、普段は都立公園での採集はできません。ご注意ください!

野外でのキノコ観察が終わった後は会館に戻り、採集したキノコを広げて実物を見ながら蜂須賀レンジャーの解説を聞きました。

きのこ100本ノック写真4

きのこ100本ノック写真2

最後の質問時間にはキノコのディープな質問も飛び交い、

キノコの不思議な魅力にどっぷりと浸かることができるイベントとなりました♪

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

イベント| 豆ころがし

2018年5月16日

浅間山公園「第25回キスゲフェスティバル」を開催しました!

毎年恒例の浅間山公園「キスゲフェスティバル」が開催され、今年で25回目になりました!

開催日は、5月5、6日と12、13日。

ゴールデンウィークは、ムサシノキズゲも見頃で大変賑わいました!

写真1

 

5月13日の最終日は、雨のため途中中止いたしましたが、4日間のイベントを通して、非常に多くの方にご参加いただき、過去最高の来場者数になりました!

 

キスゲフェスティバルは、浅間山公園で活動をしている「浅間山を考える会(浅間山自然保護会、府中野鳥クラブ、浅間山ウォーキングクラブ)」と共に開催しています。

 

浅間山自然保護会による「葉っぱプリント」や「園内植物ガイド」は、今年も大人気!

写真2

 

府中野鳥クラブによる「野鳥の写真展」は、浅間山公園の自然に対する愛情で満ち溢れており、多くの方が足を止め鑑賞していました。

P5050132

 

また、今回初めて行われた、浅間山ウォーキングクラブの「キスゲウォーキング」も大好評でした!

写真4

 

期間中は、レンジャーによる「ガイドウォーク」や、樹木医の新井先生による「植物観察会」、森の地図スタンプラリーも開催され、盛りだくさんのイベントとなりました。

写真5

写真6

写真7

 

ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました!

ボランティアの皆様も、ご協力ありがとうございました!

ぜひ、また浅間山公園に遊びに来てください☆

イベント,ボランティア| たなけ

2018年5月13日

イベント中止のお知らせ

5月13日(日) 浅間山公園キスゲフェスティバルの

午後のプログラムについて、雷注意報が発令されたため中止といたします。

楽しみにしてくださっていた方には誠に申し訳ございません。

 

イベント| 虫目ちゃん

2018年4月29日

今年もキスゲフェスティバルを開催します

今年も5月5日~6日、5月12日~13日の4日間、

浅間山公園 キスゲフェスティバルを開催します。

浅間山を代表する花、ムサシノキスゲも見ごろを迎えました。

浅間山公園で活動するボランティア団体の協力で、

今回も園内の植物ガイドや、山野草・野鳥の写真展、葉っぱを使ったクラフトなどを実施します。

初の試みとして、東府中駅から人見稲荷神社を経由して浅間山公園まで、

浅間山ウォーキングクラブの皆さんがご案内する「キスゲウォーキング」を実施します。

ムサシノキスゲ

詳しくはイベント情報をご覧ください。

 

イベント| 虫目ちゃん

2018年3月7日

2/10浅間山公園冬鳥の観察会、開催!

イベント「冬鳥の観察会」を開催しました!

毎年行っているこのイベントは、リピーターも多く、「毎年来ています!」という方もいらっしゃるほどの人気!参加者数は満員となりました!

今回のイベントは「浅間山を考える会」の皆さんと共催で行いました。

「浅間山を考える会」は、浅間山公園の自然を守るために活動する団体が集まってできた会です。

写真1

今回の講師は、その中でも30年以上府中市内の野鳥を調査している団体、「府中野鳥クラブ」の皆さんです!

写真2

さっそく野鳥観察会開始!50人以上の参加者がいたこともあり大所帯となりましたが、府中野鳥クラブの皆さんが各所に分かれ、丁寧に解説をしてくれました。

少し進んだ頃、「キーッ、キッキッキッキッ!」突如かん高い鳴声が!!

小さなタカであるツミを発見!

写真9

とても見やすいところでじっとしていてくれました。

4写真3

「タカなんてはじめて見た!!」これにはみんな大興奮!

野鳥クラブの皆さんもすかさずスコープを用意。

おかげで全員で観察することができました♪

写真3

それ以降も様々な野鳥を発見!

写真8

代表的な冬鳥であるツグミをじっくり観察したり、他にもモズ、シメ、ルリビタキ、ジョウビタキなどの冬鳥も登場!

2写真10

ジョウビタキのメス

2写真12

カワラヒワ

写真5

5写真3

ただ観察するだけでなく、スコープや図鑑などを使った分かりやすい解説で、子どもも楽しむことができました!

写真7

最後は浅間山公園で「鳥合わせ」!観察会でどんな鳥が見られたか、みんなで確認していきます。今回は21種類の野鳥に会うことができました。

野鳥観察初心者の方の参加も多く、上手く見られるか不安と言う方もいましたが、経験豊富な講師の説明やみんなで覗ける望遠鏡などがとても好評で、大人から子どもまで、誰でも楽しむことができるイベントとなりました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

イベント| 豆ころがし

2018年1月28日

浅間山公園ちょいボラを開催!

公園でボランティア活動をしてみたい!

でも、ボランティア登録してしまうと、毎週行かなくちゃ…

気軽に、好きなタイミングでちょっとだけ活動してみたい!

 

そんな方々のために、浅間山公園でボランティア体験イベント「ちょいボラ」を行いました♪

今回はNPO法人自然環境復元協会の実施する「レンジャーズプロジェクト」の協力の下、公園北側斜面のアズマネザサを刈る作業を、12名ものボランティアのみなさんと一緒に行いました!中には20代の方も数人、興味を持って参加してくれました!20~40代の方々が、公園でのボランティア活動に興味を持ってくれることはとてもありがたいことです☆

長年浅間山で活動されている、浅間山自然保護会のメンバーにも協力頂き、午前中の2時間ほど、活動しました。

 

作業を行った場所は、一昨年度、浅間山公園に関わる市民団体、行政、管理者で構成する「浅間山を考える会」で相談を重ねて作った「浅間山公園保全管理ガイドライン」に則り、「半草原型雑木林」を目指すゾーンです。この時期にササ刈りをすることで、春先に芽を出す浅間山公園の注目種、ムサシノキスゲなどの育成を促します。

この説明のとき、参加者全員がとても熱心に聞いてくれていたのがとても印象的でした☆

P1200271

 

作業現場に移動した後は、早速作業開始。剪定ばさみでアズマネザサだけを選択的に刈り取ります。普段はなかなか行うことのない作業に皆さん、真剣な顔つきで黙々と作業!

P1200281

P1200296

 

刈り取ったササはこんな量になりました☆

P1200291

 

たくさんの人の手で支えられている浅間山公園は、この地域の自然の宝庫です。そんな地域から愛されている公園を支える一員に、今回なってくれた参加者の皆さん、ありがとうございました!次はムサシノキスゲが咲き誇る5月に、是非公園に足を運んでみてくださいね♪

イベント,ボランティア| たなけ

2017年10月28日

【台風接近により中止】「森キッズ クラフトDAY in 浅間山」 10/29

10月29日(日)に開催を予定していた、「森キッズクラフトDAY in 浅間山」は、台風接近により荒天が予想されるため中止となりました。

楽しみにしていた皆様には、誠に申し訳ございません。

イベント| ハイジ

2017年9月10日

「森キッズ親子昆虫観察in浅間山」開催!

8月20日に浅間山公園にて、「森キッズ~親子で昆虫観察」を開催しました!

子どもたちにはひとり一つずつ虫あみと虫かごを持ってもらい、まずは虫とりの極意をパークレンジャーから教わります。

森キッズ1

 

「虫たちをすくいとるようにあみを振るといいですよ!」

子どもたちも真剣に聞いています。
森キッズ2

観察会が始まるとさっそく虫とり開始!虫あみを振りながらやぶをガサガサ。

やる気満々です♪

森キッズ3

みんながつかまえた昆虫たちをパークレンジャーが解説!

虫かごに入れて、じっくり観察することができました。

森キッズ4

 

虫あみでつかまえる以外にも虫とりの方法はたくさんあります!

その一つがピットフォールトラップ。

落とし穴式のトラップの中にエサを入れて地表を歩く昆虫を集める方法です。

前の日にレンジャーが仕掛けたトラップには、たくさんの昆虫たちがかかりました。

虫あみではなかなかつかまえられない地面を歩きまわる虫たちに、みんな興味津々♪

森キッズ5

このトラップでとれた昆虫の中には、センチコガネがいました。

森キッズ6

浅間山公園に住むタヌキなどの動物のフンなどを食べる、フンコロガシの仲間です。

この種類は、タヌキなどの動物がいるからこそ生きられる昆虫のひとつ。

 

浅間山公園には大きなものから小さいものまで、色々な生きものたちが住んでいます。

生きものが多いと、それに関係するもっと多くの生きものが集まってくるんですね!

森キッズ7

逃げ足の早いバッタたちには、こんな方法でチャレンジ!

みんなで手をつないで輪を作り、

真ん中に敷いた布めがけてバッタたちを追い込みます!

森キッズ8

集まったバッタたちにみんな大はしゃぎ!

逃げるバッタをがんばってつかまえます。

森キッズ9

おおきなショウリョウバッタを捕まえました!

中にはこんな珍しいお客さんも…♪

森キッズ10

ちいさいニホンアマガエル!

 

今回の観察会を通して、浅間山公園には昆虫たちをはじめ、いろいろな生き物たちが住んでいることを知ってもらうことができました。参加者の方々からは、「虫たちには好きな環境があることが分かった!」「いろいろな虫や生活のようすが知れて良かった!」などの声をいただきました!

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました☆

浅間山公園には、魅力あふれる自然がまだまだたくさんあります!

10月には、森の木の実などを使った森キッズクラフトイベントを行う予定ですので、ぜひ皆さんご参加ください!お待ちしております♪

イベント| 豆ころがし

2017年6月3日

浅間山公園「第24回キスゲフェスティバル」を開催しました!

雑木林の新緑が映える4月末~5月初めの2週間の週末に、恒例の「キスゲフェスティバル」を開催しました!

image002

4日間、天候は大きく崩れることなく、咲き乱れる山野草を楽しむ方々で賑わいました。

 

前半はキンランの開花が最盛期を迎え、山が黄色く染まるほど。ムサシノキスゲは後半がピーク。オレンジの可愛い花がぽつぽつと山を覆いました。春らしい暖かい色の花々が、浅間山を彩ってくれました。

image001

キスゲフェスティバルは、浅間山公園で活動をしている「浅間山を考える会」の3つの構成団体「浅間山自然保護会」、「府中野鳥クラブ」、「浅間山ウォーキングクラブ」と共に開催しています。

毎年恒例、浅間山自然保護会の「葉っぱプリント」は今年も大人気!小さな布に好きな草葉の形を写しとり、オリジナルの模様をつけていきます♪世界でひとつだけのハンカチができました!

image003

さらに、浅間山自然保護会によるミニガイドや府中野鳥クラブによる野鳥写真展もとっても好評♪浅間山の自然の濃さに、みなさん驚かれていた様子です。

 

4月29日にはパークレンジャーによる「レンジャーガイドウォーク」を、5月7日には樹木医の新井氏による「植物観察会」を実施しました。浅間山の豊かな自然環境と多様な動植物を解説しながら皆さんを案内し、浅間山の自然をより深く知り、今まで以上の愛着を持っていただくことができました。

image004

image005

雑木林の手入れがされなくなった期間が長かった浅間山は、大きな課題を抱えていました。

それは木々が大きくなり過ぎ、森の中が暗くなりすぎたこと。

そこで、浅間山を考える会のメンバーを中心に雑木林の手入れを長年続け、どうすれば保全できるか考えて取り組んできました。

ついに昨年、浅間山を考える会で計画を練り、雑木林の一部を伐採して、雑木林の若返りを図りました。

早くも今年、光を求めて様々な植物が芽を出しはじめています。

キンランが咲き乱れたのはその一部。

 

これからも浅間山の雑木林を元気に保つために、様々な手入れをしていく予定です。

雑木林の動植物が元気に生育するためには、そういった手入れに加えて、地域の方々をはじめとする皆様の温かく見守る目が必要だと思います。

image006

今後もぜひ浅間山にあそびにきてください。

キスゲフェスティバルご参加の皆様、本当にありがとうございました!

イベント| もやん

2017年5月5日

ムサシノキスゲ咲き始め、キンラン・ギンランなど見頃です!

ゴールデンウィークは晴天に恵まれ、

一気に初夏の気配が漂ってきました。

 

浅間山を代表する植物であるムサシノキスゲもようやくお目見え。

s-キスゲ1

およそ4~5分咲きといったところで、あと1週間くらいは楽しめそうです。

 

今はキンラン・ギンランなど初夏に開花するランの仲間が見頃です。

s-キンラン

キンラン。堂山の北斜面一面に群生しています。

s-ギンラン

ギンラン。中山~前山のあずまや付近に群生が見られます。

 

※たまにラン類も掘り取って持って帰ってしまう方がいるようですが、

キンランやギンランは絶滅危惧種であり、都民共通の財産です。

また、ラン類はコナラなどのどんぐりの仲間の木や、キノコ類と共生しており、

雑木林から持ち帰っても生きていくことができません。

自然の生きものは持ち帰らず、自然のままで観察してください。

 

今週末も「第24回キスゲフェスティバル」を開催予定です。

保護活動や調査活動をしている市民団体による植物ガイドや、

生きもの紹介など盛りだくさんのプログラムがございます。

s-2017キスゲフェスティバルチラシ_表

s-2017キスゲフェスティバルチラシ_裏

初夏の花を楽しみながら、のんびりと雑木林をおさんぽしてみてください♪

イベント,季節の花、緑、生きもの| もやん

1 / 612345...最後 »