武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

自然を満喫

公園には雑木林や小川など、むさしのの貴重な自然が、今もなお残っています。 季節の変化を感じたり、たくさんの生きものに出会ったり、公園の自然を満喫しよう!

自然を満喫

レンジャーミニ図鑑

むさしのの都立公園でみられる生きものの情報が満載のセルフガイドシート。 レンジャーミニ図鑑を持ってむさしのの都立公園へ自然観察にでかけよう。

最新のレンジャーミニ図鑑はコレ!

最新のレンジャーミニ図鑑

No.1

どんぐり木の実

ダウンロードする

レンジャーミニ図鑑をダウンロードしよう!

  1. No.18 武蔵野の公園で見られるちょっと怖い生き物
  2. No.17 武蔵野の公園で見られる動物
  3. No.16 武蔵野の公園で見られる赤トンボ
  4. No.15 武蔵野の公園で見られる秋の花
  5. No.14 武蔵野の公園で見られるトンボ
  6. No.13 武蔵野で見られるへび・とかげ・かめ
  7. No.12-2 武蔵野の公園で見られる初夏〜夏の樹の花
  8. No.12 武蔵野の公園で見られる初夏〜夏の草花
  9. No.11-2 武蔵野公園で゙見られる冬の昆虫
  10. No.11武蔵野の公園で見られる冬〜早春の花・実
  11. No.9-2 武蔵野の公園で見られるチョウ
  12. No.9 武蔵野の公園で見られるチョウ
  13. No.8 武蔵野の公園で見られる秋の実
  14. No.7 武蔵野の公園で見られる野菊
  15. No.6 武蔵野の公園で見られるきのこ
  16. No.5 武蔵野の公園で見られるバッタの仲間
  17. No.4 武蔵野の公園で見られるセミの仲間
  18. No.3 武蔵野で見られる野鳥
  19. No.1-2 武蔵野の公園で見られる春の樹の花
  20. No.1 武蔵野の公園で見られる春の草花

レンジャーこどもミニ図鑑

  1. No.1 どんぐり木の実

※掲載されている文章・写真等の著作権は、「西武・武蔵野パートナーズ」に帰属しており無断での転載・転用することを禁止します。

樹木観察マップ

各公園のおすすめの樹木を紹介する樹木観察マップ。マップを持って公園の木を観察しながら歩いてみませんか。

樹木観察マップのダウンロードはこちら

  1. 【武蔵野公園】 樹木観察マップ
  2. 【野川公園】 樹木観察マップ
  3. 【武蔵国分寺公園】 樹木観察マップ

パークレンジャーからのメッセージ

パークレンジャーが季節のオススメ情報や自然の見方をガイドします。

2019年5月31日(金)

相棒をさがそう!

春が終わり、日々日差しが強くなる初夏がやってきました。

公園で見られる花も、徐々に主役を交代しているようです。
スミレやカントウタンポポなどの足元の小さな草花は一段落し、
これからは大輪の花を咲かせる山野草や、木々の花が目立ってきます。

 

特に雑木林の木陰でよく目立ちますので、
浅間山公園や野川公園の自然観察園に足を運んでみてください。

 

 

今多く見ごろを迎えているのが、木々の白い花。

①

こちらはガマズミ。小さな白い花がたくさん集まって咲いています。

 

 

修②

梅雨ごろには、お寺の鐘のような形をしたホタルブクロが見ごろを迎えます。

 

 

③

梅雨が明けて、夏の日差しが降り注ぐころには、
大輪のヤマユリが咲き誇るようになります。

 

 

こうしてみると、花の形は種類によって大きく違います。
なぜこんなに色々な形があるのでしょう?
それは、花と昆虫の関係に秘密があります。

 

 

植物が実をつけるためには、花粉をつくり、同じ種類の別の花に運ぶ必要があります。
そこで植物は花に蜜を蓄え、色を付けて昆虫たちの気を引くようになりました。
花から花へと飛び回る昆虫たちに、花粉を運んでもらう作戦です。

 

しかし、花粉が運ばれる先が同じ種類でなければ、実はつきません。
タンポポからスミレ、ヤマユリからホタルブクロ、では意味がないのです。
そこで植物は、できるだけ特定の種類の昆虫を呼び、
花から花へ移るときに、同じ種類を渡り歩くように、花を独特の形に変えていきました。

 

釣り鐘のような形をした花には…

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トラマルハナバチなどの、ハチの仲間がよく集まっているようです。
(写真はホウチャクソウ)
飛ぶ力が強く、脚もしっかりしているハチの仲間は、
下からでも花にアプローチできます。

 

 

 

大輪の花には…

 

修⑤

大型のアゲハチョウの仲間がよく集まっています。(写真はヒガンバナ)

大きくラッパ状の形をした花は蜜が奥の方にあり、
体が大きく長い口を持ったアゲハチョウの仲間が有利です。
大きな花びらは、これらの大型のチョウがゆったりと
とまれるスペースになっています。

 

花の形は、集まる昆虫の種類をできるだけ限定し、
花粉を同じ種類の花に運んでもらう作戦だと言えます。

それに対して、こんな作戦の植物も。

 

 

 

 

小さな花がたくさん集まるガマズミには…

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コアオハナムグリ

 

 

 

修⑦

キマダラカミキリ

 

 

⑧修

セイヨウミツバチ

 

 

本当に色々なタイプの昆虫が集まってきています。
この場合は、とにかくたくさんの昆虫たちを呼び、そのうちどれかが、
同じ種類の花にたどり着いてくれればいい、という作戦のようです。
「ヘタな鉄砲、数撃ちゃ当たる」作戦ですね。

 

 

花の形をじっくり観察してみると、確実に実を残すために、
植物が長い年月をかけて昆虫との関係を築いてきたことが、分かってきます。

 

きれいな花が咲いていたら、形に注目しながら、そっと見守ってみてください。
その花の「相棒」とも呼べる昆虫がやってくるところが見られるかもしれません。

2019年4月30日(火)

春は黄色い花が多い?

今年は寒かったり暑かったりと、季節が行ったり来たりしていますが、

むさしのの都立公園は、あちこちで花ざかりです。

 

ヘビイチゴ、

(写真1)ヘビイチゴ

 

カントウタンポポ、

(写真2)カントウタンポポ

 

ジシバリ、

(写真3)ジシバリ

 

そしてキンラン…。

(写真4)キンラン

強くなっていく陽射しを集めるように、輝いています。

 

こうして見ると、春の花には黄色いものが多くあるのがよく分かります。

その理由にはいろいろな説がありますが、一説には昆虫を呼ぶためとも言われています。

 

植物にとって、花を咲かせる一番の目的は自分の子孫(タネ)をつくることです。

タネを作るのに必要な花粉が運ばれてくる方法はいろいろありますが、多くは昆虫が運びます。

そのため、花は昆虫を惹き付けるための工夫をするのです。

 

その工夫の一つが色です。

春にいち早く活動を始める昆虫にはアブやハエの仲間が多く、これらの虫たちは黄色い色に敏感だといわれています。

そのため、春には黄色い花が多く咲くのだそうです。

 

確かに、写真を撮っている間、花粉を体中にまとって、忙しく飛び回っている様子をよく見かけました。

(写真5)花粉

植物と虫たちは協力しあいながら、あっという間に過ぎていく春を賑やかに過ごしています。

遠出も良いけれど、身近にある公園で、そんな様子を観察してみませんか。

2019年3月31日(日)

スミレの花

町の片隅でも、山道の傍でも、春風に揺れるスミレの花を見ることのできる季節になりました。

小さなかわいらしい花が目にとまるとなぜかほっとしますね。

「すみれの花咲くころ」の歌にもあるように「春を告げる花」として代表的な草花です。

日本のスミレは約60種。野川公園でも自然観察園などで、

武蔵野地域のスミレが数種類見られます。
野生のスミレの中で、道端などでも見かける一番身近なスミレはタチツボスミレでしょう。

蜀咏悄・代ち繝√ヤ繝懊せ繝溘Ξ

蜀咏悄・偵ち繝√ヤ繝懊せ繝溘Ξ謇倩痩

茎の根本の方にある葉がクシの葉のように細かく切れ込んでいます。

関東地方の平地では、この葉がタチツボスミレの目印です。
今年はコスミレが一気に咲いて早くも見頃となりました。

蜀咏悄・薙€€繧ウ繧ケ繝溘Ξ

大きめの花と少し長い葉。コスミレという名ですが決して小さくありません。
さて、スミレの花がこんなにも人をひきつけるのは、理由の一つにその花の形があるような気がします。

茎の先に一つだけついて風に揺れるその形は、とても独特です。

スミレの花を横から見ると袋のようになっている部分が上に持ち上がっています。

蜀咏悄・斐€€繧ウ繧ケ繝溘Ξ縲€讓ェ

図鑑によると、これが大工さんが使う墨壺に似ているので「墨入れ」→「すみれ」になったという説もあるそうです。

袋の部分は墨でなく蜜がたくさん入っているのでしょう。

そう思ってスミレをじっと見てみると、なんだか不思議になってきました。

「ここに蜜が入っていたら、袋の底が上を向いているから蜜がどんどん出てきてしまうのではないか」

「この中はどうなっているのだろう」

そんな疑問も浮かんできます。
そこでスミレを一つだけそっとめくってみてみました。

蜀咏悄・輔さ繧ケ繝溘Ξ蛻・ァ」

すると、袋の中に蜜はありませんでした。かわりにおしべの下から伸びた細い管のようなもの…。

この中に蜜がはいっているのでしょうか。
残念ながら今回は蜜を確認はできませんでしたが、

スミレの花は思ったよりずっと精巧な作りでした。きっと虫たちに上手に花粉を運んでもらうための工夫がこらされているのでしょう。
かわいいだけでなく、一筋縄ではいかないスミレ。これからも目が離せません。

2019年2月28日(木)

今だけ!早春の花たち~野川公園自然観察園~

まだまだ寒い日が続きます。

ただ、刺すような冷たさに中にも、

ほんのりと春を感じられる日差しが差すことが多くなってきました。

 

野川公園自然観察園では、わずかな光や温度の違いを感じ、

目を覚ました早春の植物たちを楽しむことができます♪

イヌノフグリ2

イヌノフグリです♪

のかんぞうの里に咲くイヌノフグリの花、なんと大きさが5mm以下。

ほんとうに、小さい!

しかも、お天気の良い日でないと、きれいに開花しないのです。

 

キランソウ2

かたくり山では、キランソウも咲き始めました♪

別名「地獄の釜の蓋」。

名前の由来には、

「薬効があるため、人々を助けて地獄へ行くのを防いでくれる」

という説もあります。

きれいな青紫色の花を見ると、人助けの説を推したくなりますね。

 

ウグイスカグラ2

ウグイスカグラという樹木の花も咲き始めています♪

黄緑色の新しい葉に、ピンク色の星状の花。

色のコントラストがまさに“春”です!

 

早春にさえずるウグイスがこの花の周りを飛び回っている様子が、

まるで神楽(かぐら)※を舞っているかのように見えたことから、

名づけられました。

※神楽:神社の祭礼などで、神様にささげるために演奏される歌舞

 

ところで、開花中のウグイスカグラの枝をよく見てみると、

枝に何かが巻き付いているように見える部分があります。

まるでマフラーを巻いているようですね。
f7554b31b609a6fd943580020a2ed053

これは、托葉という葉の枯れたもの。

幼木や徒長枝に多くみられます。

樹に葉や花が見られないときでも、

これを見たら「この樹はウグイスカグラ!」と

答えることができそうですね♪

 

これから春本番です♪

私たちを楽しませてくれる生きものはどんどん増えてきます。

季節の移り変わりのほんの一瞬しか姿を見せない花もあるので、

ぜひ、お天気の良い日に、春の自然観察園にいらしてください!

2019年1月31日(木)

月が見頃ですよー♪

乾燥した日が続く東京ですが、そんな時こそ、夜空の見時!

冬は空気中の細かい水分が減り、視界を邪魔しないため、春や夏に比べて月や星をはっきりと見ることができます。

 

そして、この冬は見ごたえのある天文現象もいろいろあります。その一つが「スーパームーン」です。

「スーパームーン」とは、天文学上の言葉ではありませんが、地球に最接近した新月か満月のことを言うそうです。ですが、新月の日は月を見ることはできないので、満月を指して呼ばれることが多いのです。

2019年のスーパームーンは、2月20日、天気が良ければ日本各地で見ることができます。

ちなみに、ここ数年で最も近づいた2016年に次いで、2番目に近い距離だそうです。

写真①月

では、なぜ満月の大きさに差が出るのでしょうか。

それは、月の軌道は楕円形をしているため、地球と月との距離は一定ではないからです。

また、太陽や地球などの重力を受けてわずかに変化するため、多少の「ゆらぎ」が出ます。満月の時の地球からの距離は、およそ35万6千kmから40万6千kmの間で変化します。最も近い満月は最も遠い満月に比べて、見た目の直径が14%程大きく、30%程明るく見えます。これが「スーパームーン」なのです。

 
と、「スーパームーン」について書いてみましたが、月の魅力はもちろんそれだけではありません。形を変えたり、ときには明るい星に接近したり、夕暮れの空にかかってみたりと、日々楽しませてくれます。「スーパームーン」をきっかけに、時折夜空を見上げ、月を楽しんでみませんか。

 

*夜の公園を楽しむための3つのお願い*

・都立公園内は火気厳禁です。火気の使用はご遠慮ください。

・ゴミの持ち帰りにご協力ください。

・公園の周りは住宅地です。静かに星や月を楽しみましょう。

 

2018年12月28日(金)

キッズレンジャースクール、開講!

12月23日に、野川公園でキッズレンジャースクールを開講しました!

キッズレンジャースクールとは、自然について知り、その魅力を伝えることができるスキルを身に付けた「キッズレンジャー」を養成するイベントプログラムです。

今回のテーマは「冬のカマキリ調査隊!」

公園の中にどんなカマキリがいるのか、どんなところに卵を産むのか調査をします!

DSC_0249-min

集まったのは自然大好き!カマキリ大好き!な子どもたち18名!

担当の木村レンジャーが、調査とは何なのか、公園にはどんなカマキリがいるかレクチャーをします。

DSC_0264-min DSC_0282-min

自然が大好きな子どもたち。レンジャーからの問いかけにどんどん手が挙がります!

配られたレンジャーノートにメモを取るなど、とても熱心に勉強していました。

DSC_0308-min

レクチャーの後はいよいよ外に出てカマキリの卵調査!カマキリの卵がありそうな場所を推測して、実際に探してみます。

今回は自然観察センターとその近くにある原っぱ「ばったランド」、雑木林の3ヶ所を調査。ばったランドの木の周りをみんなで観察していると…

DSC_0308-min

「あ!あった!!」

PC160028-min

木の上にカマキリの卵を発見!丸い形をしていて、上部に突起がついています。

レクチャーを思い出し、ノートを見返して、ハラビロカマキリの卵だと分かりました。

DSC_0340-min

他の枝にも卵を発見!調査道具の虫メガネを使ってじっくり観察しています。

DSC_0356-min

見つけたら、地図に卵があった場所と、何の種類のカマキリかを記録します。

InkedPC230536_LI-min DSC_0421-min

雑木林の調査では、カマキリの卵以外にも、キノコや昆虫などが観察できました!

InkedDSCN0104_LI-min

調査後は自然観察センターに戻り、調査結果のまとめと考察を行います。

結果を大きい地図に書き込み、それを見ながらなぜこのような結果になったのか、みんなで考えます。

PC230556-min

最後はキッズレンジャー認定式!プログラムを修了したみんなにキッズレンジャー証とキッズレンジャーバッジが授与されました。調査をして、結果をまとめ、自分で考えて結論まで出すことができ、立派なキッズレンジャーが誕生しました!!

DSC_0442-min

今回キッズレンジャーたちが調査した結果は、自然観察センターで展示しています。

気になる方はぜひ足を運んで、カマキリの卵を探しに行ってみてください!

2018年11月30日(金)

晩秋に響く、小さな体の大きな主張

日々イロハモミジの色づきが濃くなってきている晩秋の武蔵野公園。

IMG_5678

 

野川沿いで昆虫類の調査をしていると、突然樹上から大きな声が!

「ケレケレケレケレケレ~~~~~!!」

 

何事かと思い探してみると、声の主がこっちを見ていました。

モズ

 

声の正体はモズ。スズメよりも一回り大きなサイズの小鳥です。

この声は「高鳴き」といって、

主になわばりを主張する際に聞くことができます。

 

ずっと大きな声で鳴いていますが、何か気に障ることをしたかな・・?

気になって見てみると、近くの木の枝に虫の姿が見られました。

・・ん?何か様子が変です。

IMG_5669

うわ!コバネイナゴが枝に突き刺さっている!

どうやらモズはこれを主張していたようです・・。

 

なんて残酷な・・、と思うかもしれませんが、

これは「モズのはやにえ」といって、

獲物を枝に刺すという、モズ類特有の行動です。

 

●厳しい冬に備え、干物にして保存食をつくっている

●なわばりを主張するための目印

●脚の力が弱く、獲物を押さえられないため、枝に刺して食べる途中

 

このように、はやにえをつくる理由には諸説あり、

まだはっきりとしていません。

 

さっきの怒り方を見ていると、個人的には②が有力かなと思えてきます。

「なによ!それは私のよ!!私のなわばりよ!!!」と

言っているようで・・。

mozu2

この時期はモズが山から下りてきて、

盛んにはやにえをつくっている姿が見られます。

 

枝にはやにえを見かける機会も増えますので、

見かけたら「ケレケレケレ~~~!!!」と怒られないように、

少し観察したら、そっと離れてあげてくださいね。

2018年10月28日(日)

ぴかぴかのドングリ

今年のドングリが熟してきています。

公園の雑木林の中に立っていると、ぽとっとドングリが落ちてくることがあります。

そんなドングリたちは秋の日にぴかぴかと輝いて、つややかです。

宮沢賢治の「どんぐりと山猫」というお話には、「とんがっているどんぐりが一番!」「まるいのが一番!」などと口争いをするにぎやかなドングリたちが出てきますが、お話の中のドングリたちは黄金色にぴかぴかと光っているのです。よく熟したクヌギやコナラの落ちたてのドングリは、黄金色ではありませんが、つやつやしています。

そんなコナラのぴかぴかのドングリのとなりに、拾ったばかりのマテバシイのドングリを並べてみました。

写真1

左の3つがコナラ、右の4つがマテバシイですが、どちらの方がぴかぴかしているでしょうか。

コナラが「ぼくたちの方が光ってる!」と言っているかもしれませんね。

次に両方とも磨いてみました。

写真2

今度はマテバシイが得意になっていそうです。

マテバシイが最初少しつやがなかったのは、実の外側にロウのような物質があるからです。だから磨くとワックスをかけたようにとてもつやつやします。

どうしてマテバシイの実はロウをまとっているのでしょうか。

マテバシイのドングリの皮はたいへん厚く丈夫です。厚い皮やロウのような物質は、生き物に食われることや、乾燥を防ぐために身を守る方法なのかもしれません。

ドングリには栄養があり、栄養源として多くの動物や昆虫に利用されている人気者です。

ドングリを拾ってくると、こんなことがよくありませんか。

写真3

 

穴が開いて中から粉のようなものが…。

クヌギのドングリの中で何か育っているようです。おそらくクヌギシギゾウムシの幼虫などでしょう。

クヌギもやらっれぱなしではなく、渋みの強いタンニンなどの物質を含んでいて、防御しています。

小さな実の中でも、食べようとする生きものたちと、身を守ろうとする植物のせめぎあいがあるのです。

愛らしくもあり、生きものたちの命の源にもなるドングリ。今年も公園でたくさん実って、皆さんをお待ちしています。

 

写真4
写真5

 

2018年9月30日(日)

野川公園自然観察センター バッタ展示中!

気温が下がってきて、秋らしい気候になってきました。

最近は雨続きで来館者も少ない野川公園自然観察センターですが、

現在、バッタ展示を実施中です!

DSC_7188-min

センターの外では、「ばったランドのバッタしらべ」を行っています。みなさんに園内の「ばったランド」で見つけたバッタにシールを貼ってもらい、どの種類のバッタが多く見られているのかを調査する仕組みです。

今のところ、ヒメギス、オンブバッタ、コバネイナゴが多く見られているようです!

DSC_7177-min

センターの中では、「あつまれ!ばったランドの虫たち」を展示中!

ここでは生きたバッタたちを見ることができます。

外ではなかなか見ることができない姿が見られるかも!

名称未設定-5

脱皮中のツチイナゴ

DSC_7202-min

脱皮したバッタたちの皮も展示しています。脚や触角の先まできれいに脱いでいます。

よーく見てみると、頭の後ろあたりから白い糸のようなものが出ています。

実はこれ、呼吸をするための器官である「気門」という穴の中の皮、つまり内臓の皮なんです。

こんなところまで脱皮するとは驚きです。実際に見てみると、他にもいろいろな発見があるかもしれませんよ!

 

このように、自然観察センターのバッタ展示では、バッタたちをじーっくり観察することができます。

また、晴れていれば園内の「ばったランド」で、いきいきと跳びまわるたくさんのバッタたちを観察することもできます。

「バッタのことが知りたい!」「バッタを見つけた!」という方は、ぜひ自然観察センターにお越しください。皆様のご来館お待ちしています!

2018年8月31日(金)

ハチの威を借るアブ!?

浅間山公園の雑木林の中に設置されたトイレに入る際、

ちょっと見上げてみると、天井あたりに、

小さなツボのようなものがぶら下がっていることがあります。

s-ドロバチ類の巣

まぁ、なんてアンティークでおしゃれなトイレ♪

 

いえいえ、この小さなツボは、つい先日まではなかったのです。

実はこれドロバチの仲間がつくったハチの巣。

s-オオフタオビドロバチ

竹筒や家の壁などに巣をつくるハチです。

 

※ハチそのものや、巣に触らない限り、刺されることはありません。

天井に巣をつくる程度であれば、危険は全くないため、

浅間山公園では大切な生態系の一員として扱い、

巣の撤去はしていません。

もし、ハチが幼虫のために巣にエサを運んでいたら、

そっと見守ってあげてください。

 

これは、巣のヌシが近くにいるな・・と探してみると、

いました!

s-ハチモドキハナアブ遠目

クヌギの樹液に集まっているようです。

 

観察していると、目線の高さまで下りてきたので、

じっくり見てみると・・。

s-ハチモドキハナアブ

ん~~~???

 

違和感を覚えた方、大正解です!

眼がドロバチに比べると大きく、触角も短い。

よく見ると翅の下に変な突起もあります。

 

この虫は「ハチモドキハナアブ」といって、

ハチではなくハエ・アブの仲間です。

名前の通り、毒針を持つハチに姿を似せて、

身を守っていると言われています。

 

毒針を持つハチを、鳥やカエルが食べると、

それはそれはひどい目に・・・。

そうなったら、その鳥やカエルは同じ柄の虫は食べなくなるようです。

 

そこを巧みに利用し、毒のある虫に化けるように進化した昆虫なのです。

 

ハチや毒ヘビ、ドクガ。

聞いただけで恐ろしく、見たくもない人も多いかもしれません。

 

ただ、そのほとんどは、人間が手を出さなければ襲ってこないものです。

むやみに嫌わず、彼らを怒らせない距離感で、

そっと見守ってあげてください。

 

そうすれば、巧みに姿を変えてきた、

そっくりさんたちに出会えるチャンスにめぐり逢えるかもしれませんよ!

1 / 912345...最後 »