武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

公園で健康づくり

むさしのの緑に囲まれ、開放感いっぱいの青空の下で、思いっきり体を動かしませんか。
スポーツ施設を利用したり、イベントに参加しながら、健康づくりを楽しもう!

公園で健康づくり

スポーツコーディネーターからのメッセージ

プロのスポーツコーディネーターが、公園でできる健康づくりのヒントを紹介します。

2016年8月06日(土)

熱中症を防ぎましょう

皆さんこんにちは、スポーツコーディネーターの三田です。

関東でも梅雨が明け、いよいよ夏本番という時季になりました。たっぷりの日差しの下、海に山にプールにと子供から大人まで楽しめる季節ですが、一方では心配事も。

その筆頭が「熱中症」ではないでしょうか?

今回はその「熱中症」について少しお話させて頂きます。

「熱中症」とは暑い環境で生じる健康障害の総称で、次のように分類されています。

 

熱失神

皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少して起こります。脈は速くて弱くなります。

特徴は、○めまい、○一時的な失神、○顔面蒼白

熱けいれん

大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こります。

特徴は、○筋肉痛、○手足がつる、○筋肉がけいれんする

熱疲労

大量に汗をかき、水分の補給が追いつかないと、身体が脱水状態になり熱疲労の症状がみられます。

特徴は、○全身倦怠感、○悪心・嘔吐、○頭痛、○集中力や判断力の低下

熱射病

体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態です。意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)がみられたり、ショック状態になる場合もあります。

特徴は、○高体温、○意識障害、○呼びかけや刺激への反応がにぶい、○言動が不自然、○ふらつく

 

上記の様な症状はいつでもどこでもだれでも条件次第でかかる危険性がありますが、熱中症は正しい予防方法を知り、普段から気をつけることで防ぐことができます。

 

方法①「水分を」こまめにとろう

→のどがかわいていなくても、こまめに水分をとりましょう。スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分の吸収がスムーズにでき、汗で失われた塩分の補給にもつながります。(但し、スポーツドリンクはそのままだと甘すぎるので水で割る等すると丁度良いです)

 

方法②「塩分を」ほどよく取ろう

→過度に塩分をとる必要はありませんが、毎日の食事を通してほどよく塩分をとりましょう。大量の汗をかくときは、特に塩分補給をしましょう。(塩飴やスポーツドリンクなど)

 

方法③「睡眠環境を」快適に保とう

→通気性や吸水性の良い寝具を使用し、エアコンや扇風機を適度に使って睡眠環境を整え、寝ている間の熱中症を防ぐと同時に、日々ぐっすりと眠ることで翌日の熱中症を予防しましょう。

 

方法④「丈夫な体を」つくろう

→バランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり、丈夫な体をつくりましょう。体調管理をすることで、熱中症にかかりにくい体づくりをすることが大切です。特に夏野菜(きゅうり・トマト・トウモロコシ・オクラ・ゴーヤなど)は水分が多く,熱中症予防の水分補給にも適しています。疲労の回復に役立つビタミンB群、体の調子を整え,免疫力を高めてくれるビタミンCも多く含んでいます。

 

日頃から予防法を意識して、暑い夏を乗り切りましょう!

2016年7月30日(土)

#むさしのの都立公園, #スポーツイベント, #幼児スポーツ / 

「はらっぱスポーツ教室」のご紹介

皆さんこんにちは、スポーツコーディネーターの三田です。

4月から「西武・武蔵野パートナーズ」で開催しているスポーツ教室の紹介を行っています。

第3弾は幼児向けの【はらっぱスポーツ教室】です。

はらっぱスポーツ教室は、フラフープやなわとびやボールを使用し、遊びの中にもスポーツの要素を取り入れ、体を動かす楽しさや基礎運動能力をアップさせることや協調性を育むことを目的とした運動を行う教室です。

 

楽しく体を動かす事に重きを置いているので、運動の得意不得意は関係ありません!

広々とした原っぱでのびのびと体を動かしましょう!

 

 

開催公園は、

①武蔵国分寺公園(毎月第2月曜)

②東伏見公園(毎月第3月曜)

③武蔵野公園(毎月第4月曜)です。

詳しくはイベント情報ページでご確認ください。

皆様のご参加をお待ちしております!

 

2016年6月29日(水)

#公園で健康づくり, #ノルディックウォーキング / 

ノルディックウォーキング教室のご紹介

皆さんこんにちは、スポーツコーディネーターの三田です。

スポーツ教室の紹介、第2弾は【はじめてのノルディックウォーキング教室】です。

まずは、「ノルディックウォーキング」の説明を少々・・・

「ノルディックウォーキング」では2本の専用ポールを持って歩きます。ポールを持つことで歩くときに上半身の筋肉も活動させることができるので全身(体全体の)運動となります。

また、ポール使い歩く事で通常と比べ心拍数は増え、エネルギー消費量も増加するなどよりたくさんの運動をすることが出来ます。

さらに、ポールで体重の一部を支えることになるので、膝や腰への負担を軽減でき、太った人や膝や足に痛みや不安がある方でも、ある程度の速度で歩くことができます。

【はじめてのノルディックウォーキング教室】は専用ポールの使い方と正しいウォーキングフォームを学び、健康な身体づくりを目指す事を目的とした教室です。

初心者の方から正しくポールを使って歩けているか確認したいという方までどなたでも参加できる教室となっておりますので、「ノルディックウォーキング」に興味がある方はお気軽にご参加下さい。

参加者には無料で専用ポールのレンタルを行っております。

今後の開催予定はこちら↓

 

① 7月11日(月) 10:30~11:30 @武蔵国分寺公園

② 8月29日(月) 10:30~11:30 @野川公園

 

皆様のご参加をお待ちしております!

2016年5月31日(火)

#むさしのの都立公園, #スポーツイベント, #公園で健康づくり, #子どもと遊ぶ, #親子で遊ぶ / 

「親子スポーツ教室」のご紹介

皆さんこんにちは、スポーツコーディネーターの三田です。

今月から数回に分け、私達「西武・武蔵野パートナーズ」で開催しているスポーツ教室を

ご紹介します。

第1弾は、【親子スポーツ教室】です。

親子でコミュニケーションを取りながら一緒に体を動かすことで、スポーツ(体を動かす事)の楽しさを知ってもらう教室です。

ボールやロープを使って公園での遊びにスポーツの要素を取り入れ、走る・跳ぶ・投げるなどの動作で子供の基礎運動能力を身に付けます! 未来のオリンピック選手の第一歩になるかも!

もちろん、一緒に動く親御さんの運動不足の解消にも!

 

(過去の教室風景です。みんなとても楽しそうです。)

6月の開催予定はこちら↓

① 6月14日(火) 11:00~11:45 @武蔵国分寺公園

② 6月21日(火) 11:00~11:45 @野川公園

③ 6月28日(火) 11:00~11:45 @六仙公園

 

皆様のご参加をお待ちしております!

★【親子スポーツ教室】★

<対 象> 2~4歳の未就園児(親子でご参加ください)

<参加費> 200円/1回

<定 員> 20組(先着順、定員に達し次第募集終了)

<申 込> 事前申込。下記までお電話または窓口へ直接お問合せください。

①武蔵国分寺公園サービスセンター TEL:042-323-8123

②、③野川公園サービスセンター TEL:0422-31-6457

2015年12月23日(水)

#ウォーミングアップ, #ストレッチ, #スポーツイベント, #スポーツコーディネーター, #ミズノ, #健康, #子どもの健康, #家族の健康 / 

冬運動前のアドバイス

皆さんこんにちは、スポーツコーディネーターの三田です。

今日は、冬場の運動について書きたいと思います!

 

屋外に出る機会が減り運動不足になりがちだから・・・

また、クリスマスや忘年会・新年会など、

食べすぎや飲酒の機会も増えるから・・・など

これからの季節でも運動がしたいという方は少なくないと思います。

 

しかし、冬場の運動には

 

●急に寒い場所に出ると、

腕や脚などの血管が収縮し心臓等に負担がかかりやすくなる

●寒いとひざや肩などの関節や筋肉も硬くなり、

捻挫や肉離れをなどの怪我の恐れもある

 

 

など危険がいっぱい・・・

 

 

そこで寒い冬の運動に重要となるのが『ウォーミングアップ』です!!!

 

ストレッチなどで丁寧に筋肉や関節を軟らかくしたり、ジャンプなどの軽い運動で体を温めたりしてから本格的な運動を行いましょう!

 

【むさしのの都立公園】では各管理所で「ストレッチガイドシート」をお配りしておりますので公園での運動の際には是非ご参考にして下さい!

体調管理、怪我の予防をしっかり行って冬場でも楽しく運動しましょう!!

2015年12月18日(金)

#スポーツ施設予約システム, #スポーツ施設予約方法, #テニスコート, #予約システム, #東京都のスポーツ施設, #東京都の公園, #東京都スポーツ施設予約センター, #野球場 / 

スポーツ施設利用者のみなさまへ大切なお知らせ

いつもスポーツ施設をご利用いただき誠にありがとうございます。
平成28年1月30日より東京都スポーツ施設サービスがリニューアルいたします。
詳細につきましては東京都スポーツ施設予約センターまでお問い合わせください。
東京都スポーツ施設予約センター 連絡先03-5330-1321
〇多機能画面が追加されます。
空き施設状況の確認がより細かく行えるようになります。
過去の予約履歴などが確認できるようになります。
〇スマートフォン専用画面が追加されます。
〇城北中央公園、大井ふ頭中央海浜公園の施設コードが変更となります。
電話による自動音声ガイダンスをご利用の際はお間違え無いようご注意ください。
◆リニューアル作業に伴いシステム停止予定期間◆
平成28年1月27日(水)12時~1月30日(土)9時まで
操作方法などのご不明な点がございましたら
東京都スポーツ施設予約センターまでお問い合わせください。
03-5330-1321

2015年8月31日(月)

スポーツコーディネーター:三田

お部屋でできる簡単エクササイズ☆

皆さんこんにちは、スポーツコーディネーターの三田です!

 

8月が終わり夏も終わりに近づいていますが、

皆さん適度な運動はできてますか?

夏の暑さや天候のグズつきで外に出る機会が減り、

体を動かすこともなかなか出来ない方も多いと思います。

そこで今回は!

「第二の心臓」とも言われる「足」、

特に「ふくらはぎ」を意識した、

お家の中でもできる簡単な補強運動をご紹介します。

 

【1】かかと上げ(座位)

 

写真①の様にイスに座った状態から、写真②の様にかかとを真っ直ぐ上げます。

 

写真①

写真②

写真③の様にしっかりと上げるのがポイントです。

写真③

 

 

【2】かかと上げ(立位)

 

基本的には先ほどの動作と同じですが、今度は立った状態で行います。

足元に不安がある方はバランスを保つ為にイスの背もたれを持つ等して行うと良いです。

写真④

 

片足立ちで、かかとを戻すときに床に着けないと更に負荷をかけて行うこともできますよ!

 

紹介した2つの動作はとても簡単な動作ですが

しっかりと「ふくらはぎ」を使った補強運動になります。

お家でテレビをみているときや、職場でのデスクワークの最中になど

時間・場所を取らずにサッとできますよ。

運動不足の解消にまずは簡単なものから、はじめてみてはどうでしょうか?

2015年5月29日(金)

スポーツコーディネーター:三田

ノルディックウォーキングのはじめ方 その2

皆さんこんにちは、スポーツコーディネーターの三田です。

 

今回も前回と同様、これから運動を始めようと思った方や

運度不足を解消したい方にお勧めの「ノルディックウォーキング」を紹介します。

前回は「ノルディックウォーキング」のメリットなどをお伝えしたので、

今回は「ノルディックウォーキング」の歩き方のポイントについてお話します。

 

ポイントは次の7つです。

 

①目線は足元を見ないで、進行方向(10~15m先)を見ること。

②背筋を伸ばし、綺麗な姿勢を意識すること。

③肩をリラックスした状態で、腕を前後に振ること。

④歩幅を普段より広くとること。

⑤足の着地はかかとからつま先へとスムーズな重心移動を意識すること。

⑥ポールは地面に垂直につくこと。(力を入れ過ぎないように注意。)

⑦ポールは振り回さず、腕の動きに合わせて自然に振ること。

 

 

以上が「ノルディックウォーキング」の歩き方のポイントです。

 

①~⑤は普通の「ウォーキング」にも言えることで、

怪我防止や全身運動に繋がるのでしっかりと意識して欲しいポイントです。

⑥と⑦が専用のポールを使う「ノルディックウォーキング」ならではのポイントですので、こちらも是非覚えて欲しいポイントです。

 

こちらのポイントを意識して「ノルディックウォーキング」を楽しみましょう!!

※※※

なお、【むさしのの都立公園】では

『はじめてノルディックウォーキング教室』を開催中です。

ポールの使い方、ポールを使った歩き方を一から皆さんで練習します。

初めての方も普段から行っているけど改めてポイント等を知りたい方も大歓迎です。

詳しい開催日や開催場所は

【むさしのの都立公園】のHPにある<イベント情報>よりご確認下さい。

皆様のご参加をお待ちしております!

2015年4月30日(木)

スポーツコーディネーター:三田

ノルディックウォーキングのはじめかた☆その1

皆さんこんにちは、スポーツコーディネーターの三田です。

 

今回は、これから運動を始めようと思った方や

運度不足を解消したい方にお勧めの「ノルディックウォーキング」を紹介します。

 

「ノルディックウォーキング」は「ウォーキング」と同じくとても手軽なスポーツです。

自分の体調や気分に合わせ歩くスピード、歩幅、時間、距離を変えることができ、

歩く場所によって景色や季節の移り変わりを楽しむことができるのも

魅力の一つです。

 

 

「ノルディックウォーキング」と「ウォーキング」の違いは

写真の様に2本のポールを持って歩くところにあります。

通常のウォーキングは、主に下半身の筋肉の活動をもたらしますが、

上阪神の筋肉はほとんど活動することがありません。

しかし「ノルディックウォーキング」は

ポールを持つことで歩くときに

上肢の筋群も活動させることができるので全身運動となります。

 

また、ポールを持たずに歩くとき同じ速度で歩けば、

心拍数は増え、エネルギー消費量も増加することが実証されています。

言い換えれば歩くスピードが同じなら、

ポールを使った方がよりたくさんの運動をすることが出来るのです。

 

さらに、ポールで体重の一部を支えることになるので、

膝や腰への負担を軽減でき、

太った人や下肢にやや障害のある方でも、

ある程度の速度で歩くことができます。

 

 

どうですか?

ポールを持って歩くだけで多くのメリットがあることがわかりました。

実際に「ノルディックウォーキング」を始めてみたくなった方もいるのではないでしょうか?

 

と、今回はここまで。

次回はポールを使った歩き方のポイントを教えたいと思います!

 

 

※※※

なお、「むさしのの都立公園」では『ノルディックウォーキング教室』を開催中です。

詳しくはHPのイベント情報をご確認下さい。

皆様のご参加をお待ちしております!

http://musashinoparks.com/app/events/view/713

2015年3月29日(日)

スポーツコーディネーター:三田

跳び箱をとぶコツ☆その3

皆さんこんにちは、スポーツコーディネーターの三田です。

このブログでは小学生の子供たちを中心に器具運動時のポイントを種目ごとに分けて載せています。

小学生になると様々な器具運動を行う機会が増えます。ここに載せたポイントを役立てみてもらえたらと思います。

今回のテーマは「跳び箱 ステップ3」です。

先々月から数回にわけて、跳び箱を跳ぶための練習法などについてご紹介しています。

 

先々月のステップ1は「両脚踏み切りと助走のリズム感を覚える」でした。

先月のステップ2は「腕を支点とした体重の移動」でした。

今回はこれまでのポイントをふまえ、跳び箱を跳ぶ一連の動作を確認しましょう!

 

1、スピードにのった助走からスタート

 

2、スピードを落とさずにロイター板を両脚で踏み切る。

 

 

3、ジャンプし手を跳び箱につく(※より前方に手をつきましょう)

 

 

4、両腕で体を支持しながら肩を腕より前に出し、体重移動を行い跳び越える

 

 

5、着地し、最後は両脚を揃えてポーズ!

 

 

跳び箱に苦手意識を持たず、これまでのポイントについて繰り返し練習をして跳び箱を飛び越せるように頑張りましょう!

page