武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

玉川上水緑道 オフィシャルブログ

2018年6月26日

夏の雑木林は昆虫酒場

夏の暑さになった玉川上水。

散策していると、所々で甘酸っぱい香りがすることがあります。

クヌギやコナラの樹液が発酵した香りです。

樹液を求めて、たくさんの昆虫が訪れる季節になりました。

カブトムシや、

玉川上水カブトムシ

カナブンに、ヨツボシオオキスイ。

玉上カナブンとヨツボシケシキスイ

いい感じに発酵したおいしい樹液が出ているところを求めて、

なわばり争いしていることも。

昆虫観察が楽しい季節です。

しかし、そんな争いに、スズメバチが顔を出していることもしばしば。

スズメバチ

1~2匹で巣から離れて樹液を吸いに来ている時は、

むやみに攻撃してきたりしませんが、

うっかり巣に近づいてしまうと大変危険です!

写真は、以前木のウロに作られたオオスズメバチの巣の出入口の様子です。

複数のハチが辺りを警戒中。危ないのでかなり望遠で撮っています。

こんなのを見つけた時は静かにその場を離れて、

巣のある場所をサービスセンターへお知らせください。

 

なお、都立公園内では動植物の採取や持込みは禁止されています。

ご協力をお願いいたします。

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃんavatar

2018年6月23日

小さな小さな夏の花

6月、梅雨の合間の玉川上水緑道です。

玉上寺橋付近0622

木蔭が気持ち良く、蒸し暑い日もいくらでも歩ける感じです。

野草の花を探しましたが、ヤマユリはまだつぼみ…。

 

が、足元に小さな白い花が咲いていました。

玉川上水ヤブコウジロング300622

ヤブコウジ、十両の花です。

高さわずかに10㎝前後。

常緑の葉の下に真っ赤な実を下げる姿が愛らしく、

秋冬には目立つ植物ですが、夏の花は実に控えめ。

下向きに直径でも6㎜ほどの小さな白い花を咲かせています。

玉川上水ヤブコウジ花300622

うっすら紅色がかった個体もあり、

下から見るとなかなか可愛いです。

 

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃんavatar