武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

浅間山公園 オフィシャルブログ

2018年12月6日

森キッズクラフトDAY,開催しました!

秋が次第に深まる11月初旬に、

毎年秋恒例のイベント「森キッズクラフトDAY」を開催しました。

 

府中市内を中心に、25組55名もの方が集まり、

大賑わいのイベントとなりました!!

写真①

 

まずは秋の浅間山のガイドツアー。

パークレンジャーと浅間山自然保護会の案内で、

秋の木の実や昆虫を観察。

写真②

 

同時に、クラフトで使えそうな葉っぱやどんぐりを集めていきます。

今年はどんぐりが大豊作!これは使えそうだぞ・・!

ん・・?

写真③

どんぐりをじっくり観察していると小さな穴が・・・。

「拾ったどんぐりなどの木の実は、もしかしたら将来大きな木に

なったかもしれないもの。また、本来森のタヌキやネズミ、

昆虫たちの食べものになるもの。」

パークレンジャーが調査で撮影した写真を見せながら、解説します。

写真④

 

「これは虫が食べていそうだし、かわいそうだから置いておこう」

「ちょっとだけ、分けてね」

子どもたちがどんぐりを拾う動きが、やさしくなった気がします♪

写真⑤

山から分けてもらった木の実などを持って、

いよいよクラフトの時間です。

「世界でひとつだけの、とびきりのクラフト!!!」

どんぐりや葉っぱを見ながら、イメージを膨らませていきます。

写真⑥

 

分からないことは、

「浅間山自然保護会」「かんきょう塾ネット」「ヒナ草会」の

ボランティアのみなさんがやさしく教えてくれます。

写真⑦

子どもたちが煮つまって、悩んでいると、

「こうしたらどう?」などのアドバイス。

 

ああでもない、こうでもない、やっぱりこっち、など

木の実の配置を工夫して・・できた!!!!

写真⑧

納得のできに、ご満悦の表情です♪

 

世界でひとつだけの作品がたくさんできあがりました!!

写真⑨写真⑩

一人ひとりの顔が達成感であふれていますね!

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!!

イベント,ボランティア| もやん

2018年11月17日

ちょいボラ~雑木林の手入れ~を開催!

公園でボランティア活動をしてみたい!

でも、ボランティア登録してしまうと、毎週行かなくちゃ…

気軽に、好きなタイミングでちょっとだけ活動してみたい!

そんな方々を対象に、

都立浅間山(せんげんやま)公園でボランティア体験イベント「ちょいボラ」を開催しました。

浅間山公園で見られる植物といえば、キンラン、ギンラン、ヤマユリ、そして世界でここだけに自生するムサシノキスゲ。

これらの希少な植物は、日当たりのよい明るい樹林環境を好むため、下草刈りや落ち葉かきなど、よく手入れされた雑木林で見られます。

そこで、今回のちょいボラでは、ムサシノキスゲ等が好む雑木林環境を整えるため、茂りすぎたササ類や外来種などの下草刈を行いました。市民団体や企業、一般ボランティアの方々など、地域のみなさまが集まり、合計22人もの参加がありました!

まずは浅間山公園についてレクチャーを受けます。

どんな山の風景を目指すのか、みんなでイメージを共有します。

PB030003

理解が深まったところで、雑木林のお手入れスタートです!!

茂りすぎたササ類を、剪定ばさみで丁寧に整理していきます。

PB030019

PB030006

絡みついたつる植物をみんなで引っ張ったり。

IMG_5417

増えすぎた低木類を整理したり。

IMG_5415

 

こんなにうっそうとした場所が….

PB030014

こんなにスッキリ!

PB030013

 

スッキリした森の中で、記念写真♪

PB030027

 

皆さんで整備したところから、来年にはどんな植物が出てくるのでしょうか?その結果が見え始めるのが、来年の春から初夏!

特に、キンランやムサシノキスゲが山中に咲き乱れるゴールデンウィーク前後がオススメです!ぜひ成果を確かめにきてみてください!

ご参加のみなさま、ありがとうございました!

イベント| たなけ

2018年5月16日

浅間山公園「第25回キスゲフェスティバル」を開催しました!

毎年恒例の浅間山公園「キスゲフェスティバル」が開催され、今年で25回目になりました!

開催日は、5月5、6日と12、13日。

ゴールデンウィークは、ムサシノキズゲも見頃で大変賑わいました!

写真1

 

5月13日の最終日は、雨のため途中中止いたしましたが、4日間のイベントを通して、非常に多くの方にご参加いただき、過去最高の来場者数になりました!

 

キスゲフェスティバルは、浅間山公園で活動をしている「浅間山を考える会(浅間山自然保護会、府中野鳥クラブ、浅間山ウォーキングクラブ)」と共に開催しています。

 

浅間山自然保護会による「葉っぱプリント」や「園内植物ガイド」は、今年も大人気!

写真2

 

府中野鳥クラブによる「野鳥の写真展」は、浅間山公園の自然に対する愛情で満ち溢れており、多くの方が足を止め鑑賞していました。

P5050132

 

また、今回初めて行われた、浅間山ウォーキングクラブの「キスゲウォーキング」も大好評でした!

写真4

 

期間中は、レンジャーによる「ガイドウォーク」や、樹木医の新井先生による「植物観察会」、森の地図スタンプラリーも開催され、盛りだくさんのイベントとなりました。

写真5

写真6

写真7

 

ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました!

ボランティアの皆様も、ご協力ありがとうございました!

ぜひ、また浅間山公園に遊びに来てください☆

イベント,ボランティア| たなけ

2018年1月28日

浅間山公園ちょいボラを開催!

公園でボランティア活動をしてみたい!

でも、ボランティア登録してしまうと、毎週行かなくちゃ…

気軽に、好きなタイミングでちょっとだけ活動してみたい!

 

そんな方々のために、浅間山公園でボランティア体験イベント「ちょいボラ」を行いました♪

今回はNPO法人自然環境復元協会の実施する「レンジャーズプロジェクト」の協力の下、公園北側斜面のアズマネザサを刈る作業を、12名ものボランティアのみなさんと一緒に行いました!中には20代の方も数人、興味を持って参加してくれました!20~40代の方々が、公園でのボランティア活動に興味を持ってくれることはとてもありがたいことです☆

長年浅間山で活動されている、浅間山自然保護会のメンバーにも協力頂き、午前中の2時間ほど、活動しました。

 

作業を行った場所は、一昨年度、浅間山公園に関わる市民団体、行政、管理者で構成する「浅間山を考える会」で相談を重ねて作った「浅間山公園保全管理ガイドライン」に則り、「半草原型雑木林」を目指すゾーンです。この時期にササ刈りをすることで、春先に芽を出す浅間山公園の注目種、ムサシノキスゲなどの育成を促します。

この説明のとき、参加者全員がとても熱心に聞いてくれていたのがとても印象的でした☆

P1200271

 

作業現場に移動した後は、早速作業開始。剪定ばさみでアズマネザサだけを選択的に刈り取ります。普段はなかなか行うことのない作業に皆さん、真剣な顔つきで黙々と作業!

P1200281

P1200296

 

刈り取ったササはこんな量になりました☆

P1200291

 

たくさんの人の手で支えられている浅間山公園は、この地域の自然の宝庫です。そんな地域から愛されている公園を支える一員に、今回なってくれた参加者の皆さん、ありがとうございました!次はムサシノキスゲが咲き誇る5月に、是非公園に足を運んでみてくださいね♪

イベント,ボランティア| たなけ

1 / 11