武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

浅間山公園 オフィシャルブログ

2019年3月31日

2月10日「冬鳥の観察会」開催!

毎年恒例、「冬鳥の観察会」を今年も開催しました!

2月9日に開催予定でしたが、雪が降ったため10日に延期となりました。延期となったものの、31名の方にご参加いただくことができました!

ところどころ雪が残る中、観察会スタート!多磨霊園正門から浅間山公園まで、野鳥を探して歩きます。

DSC_3996_001

講師は、府中市全域で野鳥の調査や観察会を行っている「府中野鳥クラブ」の皆さん!何年も多磨霊園や浅間山公園で野鳥調査をしていて、毎年冬鳥の観察会の解説をしてくださっています。

DSC_4002_001_01-min

「あ、いた!!」

野鳥を見つけたらみんなで場所を教え合って観察します。

DSC_4025_001

ここで府中野鳥クラブさんが図鑑を見せながら野鳥を解説。

初心者でも楽しめる、丁寧な説明に参加者の皆さんも聞き入っています。

DSC_4055_001-min

ふと上空を見上げると、高いところにタカの姿が!多磨霊園や浅間山公園では冬場に観察されるノスリという鳥です。

DSC_4039_001-min

遠いところにいる鳥の観察には、スコープの出番!府中野鳥クラブの皆さんがスコープをセットし、みんなで順番に観察します。遠くの鳥が目の前で見られて、子どもたちもびっくり!

今回の観察会では他にもシメ、ツグミ、モズなどの冬鳥たちをじっくりと観察することができました♪

参加者の皆さんからは「思っていたよりたくさんの鳥たちに出会えて楽しかった!」「望遠レンズで鳥を見ることができ、感動した!」などの嬉しい声もあり、大好評でした!今回ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

イベント| 豆ころがし

2019年2月8日

イベント延期のお知らせ 冬鳥の観察会

2月9日(土)に予定されていた冬鳥の観察会は、

降雪予報のため、2月10日(日)に延期いたします。

10日に開催できるかは、積雪の状態により、9日午後に決定いたします。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

s-エナガ

イベント| 虫目ちゃん

2019年1月11日

【イベント告知】浅間山公園 冬鳥の観察会

冬の浅間山公園は、野鳥観察のメッカ。

いつもカメラや双眼鏡を手にしたバードウォッチャーの方をお見かけします。

こうした達人さんはどうやって小鳥を見つけているのでしょう?

まずは、耳を澄ませて、鳴き声や、飛び立つ羽音、幹をたたく音など

音を手掛かりに方向の見当をつけるようです。

風もないのにカサカサと落葉が動く音も要注意。

地面で餌をついばむ小鳥が見つかるかもしれません。

この日も、カサコソ音のする樹の根元にカメラを向けたら、可愛い姿が。

浅間山公園アオジ雌310110

アオジの雌でしょうか。

浅間山公園では、2月9日(土)に、毎年人気のイベント「冬鳥の観察会」

を開催します。

府中野鳥クラブの皆さんの解説で、多磨霊園~浅間山公園を

歩きながら野鳥を観察します。

参加ご希望の方は武蔵野公園サービスセンター

042-361-6861まで、お気軽にお問合せください。

 

 

イベント,季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2019年1月1日

あけましておめでとうございます

2019年も私たち、西武・武蔵野パートナーズは

皆さまと人、自然、まちが元気になる公園づくりを進めます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2019年 元旦  スタッフ一同

年賀状

その他| 虫目ちゃん

2018年12月6日

森キッズクラフトDAY,開催しました!

秋が次第に深まる11月初旬に、

毎年秋恒例のイベント「森キッズクラフトDAY」を開催しました。

 

府中市内を中心に、25組55名もの方が集まり、

大賑わいのイベントとなりました!!

写真①

 

まずは秋の浅間山のガイドツアー。

パークレンジャーと浅間山自然保護会の案内で、

秋の木の実や昆虫を観察。

写真②

 

同時に、クラフトで使えそうな葉っぱやどんぐりを集めていきます。

今年はどんぐりが大豊作!これは使えそうだぞ・・!

ん・・?

写真③

どんぐりをじっくり観察していると小さな穴が・・・。

「拾ったどんぐりなどの木の実は、もしかしたら将来大きな木に

なったかもしれないもの。また、本来森のタヌキやネズミ、

昆虫たちの食べものになるもの。」

パークレンジャーが調査で撮影した写真を見せながら、解説します。

写真④

 

「これは虫が食べていそうだし、かわいそうだから置いておこう」

「ちょっとだけ、分けてね」

子どもたちがどんぐりを拾う動きが、やさしくなった気がします♪

写真⑤

山から分けてもらった木の実などを持って、

いよいよクラフトの時間です。

「世界でひとつだけの、とびきりのクラフト!!!」

どんぐりや葉っぱを見ながら、イメージを膨らませていきます。

写真⑥

 

分からないことは、

「浅間山自然保護会」「かんきょう塾ネット」「ヒナ草会」の

ボランティアのみなさんがやさしく教えてくれます。

写真⑦

子どもたちが煮つまって、悩んでいると、

「こうしたらどう?」などのアドバイス。

 

ああでもない、こうでもない、やっぱりこっち、など

木の実の配置を工夫して・・できた!!!!

写真⑧

納得のできに、ご満悦の表情です♪

 

世界でひとつだけの作品がたくさんできあがりました!!

写真⑨写真⑩

一人ひとりの顔が達成感であふれていますね!

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!!

イベント,ボランティア| もやん

2018年11月17日

ちょいボラ~雑木林の手入れ~を開催!

公園でボランティア活動をしてみたい!

でも、ボランティア登録してしまうと、毎週行かなくちゃ…

気軽に、好きなタイミングでちょっとだけ活動してみたい!

そんな方々を対象に、

都立浅間山(せんげんやま)公園でボランティア体験イベント「ちょいボラ」を開催しました。

浅間山公園で見られる植物といえば、キンラン、ギンラン、ヤマユリ、そして世界でここだけに自生するムサシノキスゲ。

これらの希少な植物は、日当たりのよい明るい樹林環境を好むため、下草刈りや落ち葉かきなど、よく手入れされた雑木林で見られます。

そこで、今回のちょいボラでは、ムサシノキスゲ等が好む雑木林環境を整えるため、茂りすぎたササ類や外来種などの下草刈を行いました。市民団体や企業、一般ボランティアの方々など、地域のみなさまが集まり、合計22人もの参加がありました!

まずは浅間山公園についてレクチャーを受けます。

どんな山の風景を目指すのか、みんなでイメージを共有します。

PB030003

理解が深まったところで、雑木林のお手入れスタートです!!

茂りすぎたササ類を、剪定ばさみで丁寧に整理していきます。

PB030019

PB030006

絡みついたつる植物をみんなで引っ張ったり。

IMG_5417

増えすぎた低木類を整理したり。

IMG_5415

 

こんなにうっそうとした場所が….

PB030014

こんなにスッキリ!

PB030013

 

スッキリした森の中で、記念写真♪

PB030027

 

皆さんで整備したところから、来年にはどんな植物が出てくるのでしょうか?その結果が見え始めるのが、来年の春から初夏!

特に、キンランやムサシノキスゲが山中に咲き乱れるゴールデンウィーク前後がオススメです!ぜひ成果を確かめにきてみてください!

ご参加のみなさま、ありがとうございました!

イベント| たなけ

2018年10月29日

【開催予告】森キッズ クラフトDAY

11月4日(日)9:30~12:00 浅間山公園で「森キッズクラフトDAY」を開催します。

181104森キッズクラフト浅間山チラシ

自然に詳しい、パークレンジャーと浅間山公園自然保護会の会長さんが、園内をガイド。

歩いて集めた木の実や木の葉を使って、自分だけのクラフトを作ります。

小学生対象、保護者同伴のプログラムとなります。

お問合せは武蔵野公園サービスセンター 042-361-3861までどうぞ。

 

 

イベント| 虫目ちゃん

2018年8月31日

むさしのカレッジ「キノコ100本ノック!」開催!

7/16(月・祝)にむさしのカレッジ「キノコ100本ノック!」を開催しました!

身近でありながらあまり知られていないキノコの生態や特徴を、

一日じっくり講義するイベントです。

地元だから気軽に参加してみたという方から、

キノコが好きで都外から来ました!という方まで、

18名の参加がありました!

講師はNPO birthの蜂須賀レンジャー!

生き物や自然を愛する初代東京都レンジャーであり、

野生食材を使って料理もするとても多彩な先生です。

きのこ100本ノック写真1
午前中は浅間町会館にて、キノコの生態やその魅力についてたっぷり講義。

野生のキノコを使った料理の紹介もあり、参加者の皆さんも先生の話に釘付け!

午後は浅間山公園に移動し、実際にキノコを探してみました!

雨が少なく、キノコたちにとっては厳しい日が続いていましたが、

園路の脇や木の根元にポツポツとキノコたちが顔を出していました。

中には冬虫夏草も…!

きのこ100本ノック写真3
参加者の皆さんもだんだん目が慣れてきて、どんどんキノコが見つかるように!
見つけたキノコは後でじっくり観察するために採集し、持ち帰ります。

キノコの種を同定するときに、柄についているつばや、根元のつぼを見ることが

ポイントとなることもあるため、新聞紙に包んで慎重に運びます。
ちなみに、普段は都立公園での採集はできません。ご注意ください!

野外でのキノコ観察が終わった後は会館に戻り、採集したキノコを広げて実物を見ながら蜂須賀レンジャーの解説を聞きました。

きのこ100本ノック写真4

きのこ100本ノック写真2

最後の質問時間にはキノコのディープな質問も飛び交い、

キノコの不思議な魅力にどっぷりと浸かることができるイベントとなりました♪

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

イベント| 豆ころがし

2018年6月23日

ヤマユリ第一号開花!

梅雨の浅間山。

雨に打たれ、日に日に緑の色が濃くなっています。

次第に夏に近づいている気配を感じますね。

 

夏の浅間山といったら、白い花!

キスゲほど有名ではありませんが、

林床には各種白い花が咲き乱れます。

 

すでに第一弾が見頃を迎えています。

s-6月_オカトラノオ_野山_修正

細かい白い花がしなやかに伸びているのはオカトラノオ。

今がまさに見頃です。

 

s-ヒヨドリバナ

こちらはヒヨドリバナ。

「え・・地味・・」。そんなことを言わずに近くで見てみてください。

結構昆虫たちには人気がありますよ。

s-スジグロとヒヨドリバナ

やってきたのはスジグロシロチョウ。

白い花に白いチョウ、というのは、

深緑の林床では、輝いて見えますね!

 

そして、これから本番を迎えるのがヤマユリ。

非常に楽しみにしている方々も多いこの植物の第一号が、

昨日開花しました!

s-IMG_2360

まだ一株だけですが大きな花を咲かせています。

おそらく、このまま季節が順調に進めば、

7月上旬には見頃を迎え、7月10日頃までは楽しめるはずです。

 

そのころには、こんな風景も・・。

s-ヤマユリ2

むせ返るような甘い香りとともに、

山一面を白い大輪の花が覆う様子を楽しむことができます。

 

7月上旬頃の梅雨の晴れ間が大きなチャンス!

皆様、ぜひお越しください。

 

季節の花、緑、生きもの| もやん

2018年6月7日

ふわふわのハンターあらわる!

キスゲの季節も終わり、ますます緑が濃くなってきた浅間山

伐採地今

平成28年度の冬に、森を若返らせるために伐採した、

北西側斜面もだいぶ青々としてきました。

 

伐採後斜面上

比べてみると、一目瞭然!

やはり若い芽の方が成長が早いのか、

2年もたたないのに、すでに4m近く育っているものも。

 

最近では、こんな虫たちもよく見かけるようになりました。

アカシジミ

「どの葉っぱにとまろうか~~」

若い葉が好きなアカシジミが飛び回っています。

ゴマダラチョウ (2)

こちらゴマダラチョウ。

「若い木の方が樹液が出やすいんだよね♪」

最近、特によく見られるようになりました。

 

・・とそこに「ブ・ブ・ブ・ブ・ブ」と大きな羽音が。

オオイシアブ

黄色と黒?ん?ハチ?

よ~~く見ると、スズメバチよりなんだか毛深い・・。

オオイシアブ2

顔の正面には、とがった口が見えました。

これはハチではなく、「オオイシアブ」というアブの仲間。

 

毛むくじゃらでもこもこした、かわいい姿をしていますが、

実はこの細長い口で、他の昆虫をつかまえて体液を吸う、

雑木林のハンターなのです。

 

近年、たくさんの昆虫たちが暮らす雑木林が少なくなり、

オオイシアブも、もしかしたら絶滅危惧種になってしまうかも?

と心配されています。

 

このオオイシアブが確認できたことは、

浅間山が昆虫たちにとって暮らしやすい場所になってきた、

ということなのかもしれません。

 

これから夏に向けて、

浅間山はもっとも昆虫たちでにぎわう時期になります。

 

梅雨の晴れ間には、若返った雑木林にお散歩に出かけ、

小さな昆虫たちに目を向けてみませんか。

季節の花、緑、生きもの| もやん

1 / 512345