武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

浅間山公園 オフィシャルブログ

1 / 1112345...10...最後 »

2019年8月11日

木陰の散歩にきませんか

暑い夏は木陰のある雑木林の散策はいかがでしょう。

sengen19081101

浅間山の頂きで一番高い堂山の頂上を目指すのもいいですね。浅間神社があります。

sengen19081103

クサギが見ごろを迎えています。

sengen19081102

なお、散策時は帽子や飲み物を用意して熱中症には十分お気を付けください。

園内施設の紹介,季節の花、緑、生きもの| ハイジ

2019年7月20日

オオバギボウシ、見ごろとなりました

じっとりとした暑さと湿気の多い日が続いていますね。

 

浅間山公園ではオオバキボウシが満開となり、堂山すその道斜面に広がっています。

 

DSCF2072

葉の間からすらっと伸びて咲く、薄紫色の花が鬱蒼とした緑と対比されてよく映えていますね。

 

 

IMG_3918

 

これから夏本番に向けて暑さが増しますので、来園される際は飲み物やタオル、帽子など

暑さ対策バッチリでお越しください。

 

初夏の花々とともにお待ちしております。

季節の花、緑、生きもの| ちまき

2019年7月13日

ヤマユリ見ごろです

白い大きな花が咲き、甘い香りがします。

新小金井街道からあずまやに向かう道沿いや、中山、あずまや周りで見ごろとなっています。

IMG_2924

IMG_2916

季節の花、緑、生きもの| ハイジ

2019年6月27日

浅間山公園開花情報(6月25日現在)

梅雨の合間は非常に暑くなっていますね。

散策の際はこまめに水分補給を行い熱中症には

十分ご注意ください!

浅間山公園では、ネムノキとオカトラノオが咲いていました。

ヤマユリはまだ、つぼみです。7月半ばごろが見頃を迎えるでしょう。

ネムノキ

ネムノキ

オカトラノオ

オカトラノオ

季節の花、緑、生きもの| ハイジ

2019年6月16日

浅間山公園開花情報(6月15日現在)

浅間山では日に日に緑が濃くなっています!現在、全山に渡って、下記の植物が見頃を迎えています。

 

イチヤクソウ

イチヤクソウ

 

ドクダミ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

ムラサキシキブ

ムラサキシキブ1

 

多くの方が楽しみにしているヤマユリについては、ツボミが膨らんできています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

7月半ばにはおおむね見ごろを迎えることでしょう☆

是非、浅間山公園に足を運んでみてきださいね!

季節の花、緑、生きもの| たなけ

2019年5月31日

キスゲフェスティバル開催!

5月4・5・11・12日に「第 26回キスゲフェスティバル」を開催しました!

 

今年のムサシノキスゲは11日、12日に見頃を迎え、来園者を楽しませてくれました。また、4・5日はキンラン、ギンランが見事に咲き誇り、とてもきれいな景色を作り出してくれました。

 

今年の新しい試みとして、ムサシノキスゲの開花見頃マップを掲示。来園者の方々に一番のオススメスポットを楽しんでいただくことができました☆

 

今年もレンジャーによる「ガイドウォーク(5/4)」や、浅間山自然保護会による「植物観察会(5/5)」や、浅間山ウォーキングクラブによる「キスゲウォーキング(5/12)」が行われ、多くの方々に浅間山の魅力を、より深く知っていただくためのイベントを開催しました!

 

また、会場では、浅間山保護会や府中野鳥のクラブによる浅間山で見られる山野草・鳥類の写真展も行われ、他の季節の生きものの様子も、みなさん興味深そうに見てくださいました。

 

その他、実際に体験できるイベントももりだくさん!自然の素材を活かした葉っぱプリントや、オリジナルのキスゲスタンプが登場した森の地図スタンプラリーは、子ども達だけでなく、大人も楽しそうに参加してくださいました。

 

今年もたくさんの方にムサシノキスゲが咲き誇る浅間山公園を楽しんでいただきました。

一緒にキスゲフェスティバルを盛り上げてくれた浅間山自然保護会、府中野鳥クラブ、浅間山ウォーキングクラブ、武蔵野コッツウォルズの皆さん、ありがとうございました!

また来年も楽しみましょう!

イベント,ボランティア,季節の花、緑、生きもの| たなけ

2019年5月2日

【参加者大募集!】第26回キスゲフェスティバル

皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか。

 

都立浅間山公園では、キンランが見頃となっております。ムサシノキスゲは園内全域でポツポツと咲き始めました!きっと5月の初週頃が見頃となるでしょう。

 

そんなムサシノキスゲが咲き誇る中、5/4、5/5、5/11、5/12の4日間、あずまや付近で「キスゲフェスティバル」を開催いたします。浅間山公園の自然に親しむプログラムを多数ご用意してお待ちしております!

kisugefestival

 

そして下記のプログラムについて、まだまだ参加者を募集しています!

 

 

  • レンジャーガイドウォーク(5月4日 ①11:00~12:00 ②13:30~14:30)

→パークレンジャーと歩きながら、園内の生きものや植物を観察します。

 

  • 植物観察会(5月5日 10:00~12:00)

→樹木医講師により、ムサシノキスゲ等、園内の美しい植物を紹介します。

 

  • キスゲウォーキング(5月12日 9:00~12:00)

→飛田給から野川公園を経由して浅間山まで、浅間山ウォーキングクラブの皆さんがご案内♪

 

 

 

参加費は全て無料です。お申し込みは武蔵野公園サービスセンター(TEL:042-361-6861)までお電話一本で済みます。

 

地域の貴重な自然を楽しみ学んでみたい方、是非お申込みしてみてはいかがでしょうか!?

 

※その他詳細HPまで↓

https://musashinoparks.com/app/events/view/1392

イベント,季節の花、緑、生きもの,未分類| たなけ

2019年1月11日

【イベント告知】浅間山公園 冬鳥の観察会

冬の浅間山公園は、野鳥観察のメッカ。

いつもカメラや双眼鏡を手にしたバードウォッチャーの方をお見かけします。

こうした達人さんはどうやって小鳥を見つけているのでしょう?

まずは、耳を澄ませて、鳴き声や、飛び立つ羽音、幹をたたく音など

音を手掛かりに方向の見当をつけるようです。

風もないのにカサカサと落葉が動く音も要注意。

地面で餌をついばむ小鳥が見つかるかもしれません。

この日も、カサコソ音のする樹の根元にカメラを向けたら、可愛い姿が。

浅間山公園アオジ雌310110

アオジの雌でしょうか。

浅間山公園では、2月9日(土)に、毎年人気のイベント「冬鳥の観察会」

を開催します。

府中野鳥クラブの皆さんの解説で、多磨霊園~浅間山公園を

歩きながら野鳥を観察します。

参加ご希望の方は武蔵野公園サービスセンター

042-361-6861まで、お気軽にお問合せください。

 

 

イベント,季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年6月23日

ヤマユリ第一号開花!

梅雨の浅間山。

雨に打たれ、日に日に緑の色が濃くなっています。

次第に夏に近づいている気配を感じますね。

 

夏の浅間山といったら、白い花!

キスゲほど有名ではありませんが、

林床には各種白い花が咲き乱れます。

 

すでに第一弾が見頃を迎えています。

s-6月_オカトラノオ_野山_修正

細かい白い花がしなやかに伸びているのはオカトラノオ。

今がまさに見頃です。

 

s-ヒヨドリバナ

こちらはヒヨドリバナ。

「え・・地味・・」。そんなことを言わずに近くで見てみてください。

結構昆虫たちには人気がありますよ。

s-スジグロとヒヨドリバナ

やってきたのはスジグロシロチョウ。

白い花に白いチョウ、というのは、

深緑の林床では、輝いて見えますね!

 

そして、これから本番を迎えるのがヤマユリ。

非常に楽しみにしている方々も多いこの植物の第一号が、

昨日開花しました!

s-IMG_2360

まだ一株だけですが大きな花を咲かせています。

おそらく、このまま季節が順調に進めば、

7月上旬には見頃を迎え、7月10日頃までは楽しめるはずです。

 

そのころには、こんな風景も・・。

s-ヤマユリ2

むせ返るような甘い香りとともに、

山一面を白い大輪の花が覆う様子を楽しむことができます。

 

7月上旬頃の梅雨の晴れ間が大きなチャンス!

皆様、ぜひお越しください。

 

季節の花、緑、生きもの| もやん

2018年6月7日

ふわふわのハンターあらわる!

キスゲの季節も終わり、ますます緑が濃くなってきた浅間山

伐採地今

平成28年度の冬に、森を若返らせるために伐採した、

北西側斜面もだいぶ青々としてきました。

 

伐採後斜面上

比べてみると、一目瞭然!

やはり若い芽の方が成長が早いのか、

2年もたたないのに、すでに4m近く育っているものも。

 

最近では、こんな虫たちもよく見かけるようになりました。

アカシジミ

「どの葉っぱにとまろうか~~」

若い葉が好きなアカシジミが飛び回っています。

ゴマダラチョウ (2)

こちらゴマダラチョウ。

「若い木の方が樹液が出やすいんだよね♪」

最近、特によく見られるようになりました。

 

・・とそこに「ブ・ブ・ブ・ブ・ブ」と大きな羽音が。

オオイシアブ

黄色と黒?ん?ハチ?

よ~~く見ると、スズメバチよりなんだか毛深い・・。

オオイシアブ2

顔の正面には、とがった口が見えました。

これはハチではなく、「オオイシアブ」というアブの仲間。

 

毛むくじゃらでもこもこした、かわいい姿をしていますが、

実はこの細長い口で、他の昆虫をつかまえて体液を吸う、

雑木林のハンターなのです。

 

近年、たくさんの昆虫たちが暮らす雑木林が少なくなり、

オオイシアブも、もしかしたら絶滅危惧種になってしまうかも?

と心配されています。

 

このオオイシアブが確認できたことは、

浅間山が昆虫たちにとって暮らしやすい場所になってきた、

ということなのかもしれません。

 

これから夏に向けて、

浅間山はもっとも昆虫たちでにぎわう時期になります。

 

梅雨の晴れ間には、若返った雑木林にお散歩に出かけ、

小さな昆虫たちに目を向けてみませんか。

季節の花、緑、生きもの| もやん

1 / 1112345...10...最後 »