武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

狭山・境緑道 オフィシャルブログ

2014年5月20日

甘~い香りはどこから?

初夏の花も次々に咲いて、賑やかになった狭山・境緑道。

野火止用水と交差する場所の近くを通ると、どこからか甘い香りがしてきます。

 

その香りの主がこちら。センダンという木の花です。

公園の他、街路樹としてや学校でも植えられることが多い木で、今は花の最盛期。

薄紫色の花がいっぱいに咲いて、とても華やかです。

花もよ~く見ると、雄しべが筒状にくっ付いていて、ちょっと変わった形をしています。

 

楽しめるのは6月上旬まで。

ぜひ、見に来てください。

 

 

 

 

 

季節の花、緑、生きもの| かなえもんavatar

2014年5月1日

春の馬の背を満喫!

420日(日)に、都立狭山・境緑道の「馬の背」にてガイドウォーク「春の馬の背を満喫!」を開催しました。

馬の背は、豊かな草原環境が残された貴重な場所。古くから日本で見られる季節ごとの生き物たちを身近に楽しむことができます。

 

今回の参加者は子供3名を含む計17名。

心配だったお天気も、何とか持ちこたえてくれました。

まずはコナラやエノキの花と新葉を観察しました。

どちらも木そのものは知っていても、地味な花に注目したことはなかったようです。

知らなかった花の姿に、皆さん興味津々!

 

馬の背の北側にはたくさんのフデリンドウが見頃となっています。

斜面にググッと寄って、10cm足らずの小さな花を楽しみました。

 

馬の背ではパークレンジャーが、フデリンドウなどの季節の生き物の調査を行っています。

調査の様子や、馬の背の素晴らしさについて、レンジャー部長直々にお話ししました。

 

 

 

 

他にも、ウマノアシガタ(キンポウゲ)やクサボケ、ムラサキケマンなど、見頃の花をたくさんご紹介。   (上:ウマノアシガタ 下:クサボケ)

最後には、渡って来たばかりのツバメも飛んでくれました!

馬の背は、地元の人でも知らない隠れた自然スポット。季節ごとに色々な顔を見せてくれます。

皆さんも、ぜひ足を運んでみてください。

 

 

 

 

 

イベント| かなえもんavatar