武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

狭山・境緑道 オフィシャルブログ

2014年1月30日

スイセンの学名と花言葉とは?

早春の花の一つ、スイセン。可憐な花と良い香りが魅力的です。

狭山・境緑道沿い小平ふるさと村付近の花壇などで咲き始めています。

スイセンの学名は「Narcissus tazetta var. chinensis」。ギリシャ神話に登場する美青年Narcissus(ナルキッソス)がもとになっています。

傲慢な態度を恨まれ、「絶対に叶わない恋に焦がれる」ようにされてしまったナルキッソス。水面に映った自分の姿に恋をしてその場から離れることができなくなり、やがて死んでしまいます。

その場所に咲いたのがスイセンだったそうです。

 

こんな由来を持つからでしょうか。

スイセンの花言葉は「うぬぼれ」、「エゴイスト」、「自己愛」など。

ちょっと良くない印象の言葉が並びますが、逆に考えると、自分に対して強烈に自信を持っているということ。

自分に自信がないという人には、意外とおすすめの花かもしれませんね。

季節の花、緑、生きもの| かなえもんavatar

2014年1月30日

ガーデンのリニューアル目指して活動中!

こんにちわ。パークコーディネーターの中澤です。今日は、緑道の馬の背にあるガーデンの紹介をさせて頂きます。

 

狭山境緑道沿いの上向日台小学校の目の前に、宿根草が豊かなガーデンがあるのをご存知ですか?

 

現在、ここのガーデンは、緑道の整備工事に伴い、大規模リニューアル中です。

昨年末に花壇の枠が出来たので、まだ植物を仮植えしてある状態です。

 

 

こちらが夏の様子。

黄色く目立つルドベキア・タカオや、メドーセージ、ガウラなどが咲き乱れる宿根草ガーデンです。

 

 

こちらのガーデンは、西東京・狭山境緑道花の会の皆さんが、定期的なお手入れを行っています。また、春と秋には一年草の植え替えも行い、緑道を通る方が花を楽しめるように・・と、活動を行ってきました。

 

↓西東京・狭山境緑道花の会の皆さん↓

 

この冬の間は、何をしているかと言いますと・・・花壇のリニューアル計画をみんなで立てています!

とても真剣な様子です・・

 

工事の影響で、花壇の様子が変わってしまうのは寂しいけれど、どんな花壇にしたいかもう一度みんなで考える機会となりました。

 

 

目の前に小学校があるので、「子ども達が喜ぶ花壇にしたい」「虫が来る花壇にしたい」など、様々な意見がでました♪ リニューアルに向けて、期待が膨らみます。

 

今まで育ててきた植物を活かしながら、皆さんと一緒に素敵なガーデンにしていきたいと思います♪

 

工事も終わりに近づき、春の芽だしの季節がやってきます!

春のリニューアル、楽しみにお待ち下さい♪

 

ボランティア| かおりんavatar

2014年1月1日

明けましておめでとうございます

本年も「人、自然、まちが元気になる公園づくり」に取り組み、

公園から「むさしのライフスタイル」を広げてまいります!

 

皆様への年賀状は、狭山・境緑道「馬の背」に咲く、ウマノアシ

ガタ(キンポウゲ)です!

 

2014年、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

スタッフ一同

 

その他| くまっ太avatar