武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

狭山・境緑道 オフィシャルブログ

2011年12月11日

秋を満喫!ウォーキングイベント開催!

11月23日、ちょっぴり肌寒い秋晴れのもと「晩秋の小平グリーンロードウォークと収穫祭」が開催されました(主催:西武鉄道と小平市グリーンロード推進協議会、協力:西武・武蔵野パートナーズ)。

グリーンロードとは、小平市内の狭山・境緑道、野火止用水、玉川上水を結んだ緑あふれる散歩道です。パートナーズからは3名が参加し、ほかの参加者と一緒に小平駅近くの公園から出発しました。さあ、ここから11.5キロのウォーキングが始まります。

緑道の木々は今、色鮮やかな紅葉の季節。レンジャーとしては自然の様子が気になるところ。真っ赤に染まったニシキギの葉、バックには青空が広がり、思わず立ち止まって見惚れてしまいました。

野火止用水に入ると、カルガモたちがのんびり水面を泳いでいます。のぞいてみると、水が澄んでいてとってもきれいです!鯉や小魚の姿も見られ、ホタルの保護をしている場所もありました。

  

玉川上水に入ってすぐ、「こもれびの足湯」を発見!ウォーキング参加者でいっぱいです。私たちも足をつけて・・気持ちいい~。

さあ、いよいよゴールの小平市中央公園が近づいてきました。ん?音楽が聴こえてきた・・と思ったら、なんと林の中でライブが開催されていました!南佳孝さんをメインゲストに迎えた「鷹の台Bossa」というボサノバの野外ライブです。

こんもりした丘の上から、ときどき行きかう西武線の電車の音をBGMに、きらきら輝く木漏れ陽をバックに、ボサノバの生ライブが聴けるなんて・・・とっても贅沢な気分です。

公園内では、収穫祭が開催され、小平産の野菜や模擬店がいっぱい出店していました。

小平市産業振興課の方によると、今回のウォーキングには2,400人以上が参加したそうです。秋の自然を満喫し、ゴールでは秋の味覚、ボサノバの音楽を楽しめる、ちょっと珍しいウォーキングイベント。今年行けなかったという方は、ぜひ来年チャレンジしてみてください!

イベント| 杉蔵