武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

六仙公園 オフィシャルブログ

2013年11月29日

「ワンちゃんのしつけ教室」を開催しました

秋晴れの芝生が気持ち良い六仙公園で、3回目となる「ワンちゃんのしつけ教室」を開催しました。

11月は「犬のマナーアップキャンペーン」月間。

その一環として行われた教室です。

講師はNPO法人社会動物環境整備協会(SES)の谷川先生と黒崎先生。

実践形式で教えていただきました。

最初は犬どうしの挨拶の仕方から。「犬の挨拶ってどうやるの?」と思う方もいるかもしれませんね。

その方法とは、“お尻の匂いを嗅ぐ”こと。

これで、相手がどんな犬なのか、色々な情報を得ることができるのだそうです。

年上の犬から匂いを嗅ぐのが礼儀です。

 

相手にお尻を見せるのは、犬にとっては嫌な体勢です。声をかけながら飼い主がしっかり押さえ、終わったらよくほめてあげます。

犬はみんな、ほめられて伸びるタイプ。

できたらすぐにほめること。これがとても大切なのだそうです。

次はおすわりの練習。

指示は優しい声で1回だけ。名前は呼ばないほうが良いそうです。そして、お尻を押してでも座らせ、すぐにほめる。

これが簡単なようで、意外と難しい!つい、名前を呼んだりたくさん指示を出したりしてしまいます。

最後はミニゲームで習ったことをおさらいしました。

バーをジャンプし、サークルの中でおすわり。ぐるっと一周したらゴールというゲームです。飼い主も一緒に走りました!

 

毎回大好評の「ワンちゃんのしつけ教室」。

犬どうしの挨拶の仕方、ほめることの大切さ、場合に応じたほめ方など、色々な発見があり、今回参加した皆さんもとても満足されていました。

元来群れで生きる犬にとって、飼い主家族が大切な仲間でありリーダーです。

一緒にいて、遊んで、ほめてもらう。これが犬にとって一番うれしく、安心できることだと言います。

 

この教室を通して犬も飼い主も、犬を飼っていない人も、みんなが楽しく過ごすことができる場が増えていくと嬉しいです!

ご協力よろしくお願いいたします。

イベント| かなえもんavatar