武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2020年10月9日

10/9ヒガンバナ開花情報

自然観察園のヒガンバナはすっかり色あせて、見ごろを過ぎました。

PA090239

今年の花は白いヒガンバナも赤いヒガンバナも終わりとなりました。

9月半ばに咲きはじめ、満開は10月1日で、お彼岸より10日くらい遅くなりました。

2年続けて遅い傾向が続いています。

 

 

ヒガンバナは終わりましたが、ツリフネソウやキツリフネの見ごろは続いています。

また、ミゾソバの花数もどんどん増え、タコノアシも色づいてきています。

どうぞ、深まりゆく秋を味わいにいらしてください。

PA090242

ミゾソバ

PA090261

タコノアシ

 

 

※ご来園の皆様にお願いいたします。
 

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、下記ルールをお守りいただきますようお願いいたします。

【公園の利用ルール】

①原則としてマスクの着用をお願いします。

②こまめな手洗い・消毒をお願いします。

③人と一定の距離を確保して下さい。

④混雑している場所、時間帯を避けてご利用下さい。

⑤家族など少人数での利用をお願いします。

 

また、自然観察園の中では、三脚やイーゼルなど場所を取るようなものの利用はご遠慮いただいております。柵の中や木道の外に出るような行為もおやめください。

マナーを守って楽しくご覧ください!

季節の花、緑、生きもの| ハムavatar

2020年9月26日

自然観察園 秋の花

自然観察園では、秋の花が次々に見ごろを迎えています。

見ごろとなってきたヒガンバナと合わせてご覧ください。

 

ことしはツリフネソウが元気でいたるところで咲いています。

ツリフネソウ1 ツリフネソウ2

 

キバナアキギリも花数を増やしてきました。

 

秋は、小花を咲かせる野草も多く、春とは違った風情を感じます。

そんな花の一つであるママコノシリヌグイも伸び伸びと花盛りを迎えています。

 

ほかにもたくさんの野草が花を咲かせています。

野川公園へご来園の折にはどうぞお立ち寄りください。

 

 

※ご来園の皆様にお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、下記ルールをお守りいただきますようお願いいたします。

【公園の利用ルール】

①原則としてマスクの着用をお願いします。

②こまめな手洗い・消毒をお願いします。

③人と一定の距離を確保して下さい。

④混雑している場所、時間帯を避けてご利用下さい。

⑤家族など少人数での利用をお願いします。

 

また、自然観察園の中では、三脚やイーゼルなど場所を取るようなものの利用はご遠慮いただいております。柵の中や木道の外に出るような行為もおやめください。

マナーを守って楽しくご覧ください!

季節の花、緑、生きもの| ハムavatar

2020年1月16日

セツブンソウが咲き始めました

 

自然観察園にて、今年もセツブンソウが咲き始めました。

写真1

 

まだ、開花は2輪ほどですが地面からどんどん顔を出しています。

写真2

 

例年見ごろは節分の前後となります。

 

また、自然観察園では大ぶりのソシンロウバイや、

花の中心が赤くなるロウバイが見ごろを迎えています。

香水のような芳香が漂い、気持ちも華やぎます。香りに誘われて、

ハエも花にやってきました。

写真3 写真4

 

 

また、林の中ではかわいらしいクロモジの冬芽も見られます。

写真5

 

まだまだ寒いですが、自然観察園で春の兆しを見つけに来てくださいね。

季節の花、緑、生きもの| ハムavatar

2019年2月24日

自然観察園 早春の花だより

自然観察園 今年もセツブンソウが満開になりました。

昨年よりゆっくりのペースです。

観察園セツブンソウ190223

フクジュソウの黄金色の花も見ごろです。

野川フクジュソウ190223

きらきら光るパラボラアンテナのような花びらは、太陽の熱を集める工夫。

寒い中でもこの花の上は暖かく、昆虫を引きつけます。

 

ちょっと渋いところでは、ザゼンソウも開花中。

野川ザゼンソウ190223

仏像の光背のような苞(葉の一種)に守られて茶色い花が咲く様子を

お坊さんが座禅を組んでいる姿に例えた湿生植物です。

 

他の花に先駆けて咲く小さな植物、寒さから身を守ったり、

昆虫を呼ぶために、それぞれに工夫を凝らした姿をご覧ください。

 

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃんavatar

2018年12月25日

ロウバイ開花中

野川公園 自然観察園内や、東八道路南側の園路で、

ロウバイが早くも開花して、甘い香りを放っています。

冬の青空に透き通る明るい黄色がきれい!

野川自然観察園ロウバイ

ロウバイはクスノキ科の樹木で、香りの成分には樟脳と同じものも含まれています。

甘い中にもすっきりしているのはそのせいでしょうか。

まだつぼみがほとんどで、本格的な見ごろは1月に入ってからです。

冬の甘い香りをお楽しみください。

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃんavatar

2018年12月24日

野鳥観察シーズンになりました

一気に冬枯れが進んできた野川公園、野鳥観察に適した季節になりました。

葉を落とした木々でメジロやエナガなどの小鳥が観察しやすくなりました。

野川メジロ
野川エナガ

野川ではコサギやアオサギが餌を探す姿が目立ちます。

野川コサギ

シメなど、冬鳥も目撃されるようになりました。

野川シメ

 

12月15日~1月31日は野鳥観察マナーアップキャンペーンを実施しています。

自然観察センターやサービスセンターで、野鳥観察マナーのパンフレットを配布します。

期間内には、1月12日の野鳥観察会や、

1月27日のむさしのカレッジ「野鳥観察&野鳥ブローチづくり」、

など、初心者向けの野鳥観察会もあります。

マナーを知って、楽しく野鳥観察を楽しみましょう♪

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃんavatar

2018年10月11日

10月13日(土)野鳥観察会中止のお知らせ

いつも野川公園をご利用いただきありがとうございます。

自然観察園の当面の閉鎖と園内各所の危険木のため、
10月13日(土)の野鳥観察会を中止といたします。

楽しみにしてくださっていた皆様、申し訳ございません。
その他のイベントについては、決定次第情報をお伝えいたします。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

イベント| 虫目ちゃんavatar

2018年9月19日

9月19日ヒガンバナ開花状況

自然観察園のヒガンバナ、ほぼ満開になりました。

週末まで見ごろが続くと思われます。

野川ヒガンバナ300919

ヒガンバナ以外にも、ツリフネソウなど秋の野草が楽しめます。

野川ツリフネソウ300917

自然観察園の散策をお楽しみください。

 

野川公園自然観察園は、24日(月・祝)は開園し、25日(火)に休園となります。

開園時間は9時半から16時半です。

 

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃんavatar

2018年9月14日

9月14日ヒガンバナ開花状況

この数日の気温の低下と共に、
自然観察園のヒガンバナがどんどん咲いてきました。

ヒガンバナアップ

美しすぎて怖いような花。

英語ではRed Spider Lilyと表現されることがありますが、

たしかに妖しい魅力はクモを連想させるところがありますね。

フェンスの外からも群生地の紅い花が目立つようになってきました。
今、2、3分咲きといったところです。

ヒガンバナ

17日(月)は敬老の日のため開園し、18日(火)に休園となりますので

ご注意ください。
ヒガンバナマップ

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃんavatar

2018年9月9日

9月9日のヒガンバナ開花情報

自然観察園群生地のヒガンバナが一輪開花しました。

野川ヒガンバナ300909開花

まわりの蕾もぐんぐん伸びだしており、次々開花してきそうです。

引き続き開花情報をお伝えしていきます。

※自然観察園は月曜(祝日と重なる場合は翌火曜)休園となります。

ご注意ください。

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃんavatar