武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2019年2月15日

【開催報告】むさしのカレッジ「野川と縄文と人の暮らし」!

野川沿いは、国分寺崖線が織りなす豊かな自然環境が残っており、それを求めて多くの人を魅了します。それは今も昔も変わらず、人の暮らしと密接に関係してきました。

 

1月14日、むさしのカレッジ「野川と縄文と人の暮らし」では、国際基督教大学から先史考古学を専門とされている林徹先生を講師としてお招きし、縄文時代の野川で、どのような人と自然の営みが行われていたのかを講義していただきました。

 

1

古来より、人は水の豊富な場所に暮らしの拠点を置くため、川沿いは多くの遺跡が残るそうです。その中でも国分寺から二子玉川まで流れている野川沿いは、他に比べても相当数の遺跡が発見されているという事実にびっくり!

 

実際に出土した土器や石器を交えた分かりやすいレクチャーで、中学生から大人の参加者まで、とても真剣に聞いていました☆
2
3

後半は、地元で活躍されるアーティスト、ヤマコヤのヤマサキ薫氏をお呼びし、特徴的な縄文時代の模様付けを実践するワークショップを行いました。各々、陶土を好きな形に成形し、文様を付けてオーナメントを完成させます☆

5 4

 

 

いつも何気なく通る公園も、目を凝らして思いにふけると、大昔にそこで行われてきた人の暮らしや営みが見えてくるかもしれませんね。

林先生、やまさき薫さん、参加された皆さん、ありがとうございました!

イベント| 虫目ちゃん

2018年12月20日

【開催予告】むさしのカレッジ「野川と縄文と人の暮らし」

1月14日(月・祝) 10時~15時、野川公園自然観察センターで、

むさしのカレッジ「野川と縄文と人の暮らし」を開催します。

パークライフマガジン8号「ParkLife×むかし」の特集でもご紹介していますが、

小金井市から調布市にかけて、野川沿いには多くの縄文遺跡が点在しています。

野川沿い朝291207
「遺跡銀座」と呼びたくなってしまうようなこの一帯、今の野川公園周辺では、

写真のような雑木林が広がりますが、縄文時代にはどんなところだったのでしょう?

縄文の人々はどんな暮らしをしていたのでしょう?

そして縄文と言えば思い浮かぶ芸術的な土器は、どうやって作られたのでしょう?

そんな疑問に、午前は先史考古学の専門家、林徹先生による講義、

午後は縄文土器のクラフト体験を通して、迫ってみます!

本格的な土器作りは、粘土の成型~乾燥~焼成と、3日がかりになりますが、

今回は粘土に縄文模様をつけてオーナメントを作るところまでを

体験していただきます。

縄文オーナメント

素朴にして複雑で力強い縄文模様を自分で作ってみる。

ちょっとワクワクしませんか?

ただいま、参加者募集中です。

詳しくはイベント情報をご覧ください。

 

 

 

イベント| 虫目ちゃん

1 / 11