武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2022年4月13日

おうちで植物観察会~2022年4月編①~ 

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言は解除されたものの、

自然観察園の人気イベント『植物観察会』の開催再開はもう少し先。

 

再開までの期間、

皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』をお届けします!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察園・野川公園サービスセンターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。

花だより 4月no.1_page-0001 順路図4月no.1_page-0001

※4/13現在、かたくり山とかがみ池は木道工事中のためご覧いただけません。

ご迷惑おかけしています。こちらのブログも合わせてご覧ください。

 

==========

寒かった3月が終わり、段々と暖かくなってきました。

4月前半の自然観察園は、

草花や樹木の花が一気に開花して、

春まっさかりとなっています。

その中から、3つの花を取り挙げて紹介したいと思います♪

 

①フデリンドウ

学名:Gentiana zollingeri
科名:リンドウ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

日当たりの良いところに生える、

高さ10cm程度の小さな植物です。

花が閉じている様子が筆の先のように見えることから

この名前がついたと言われています。

 

自然観察園内ではきんらんの里で多くの花が見られます。

また、自然観察園外でも、

野川公園の南地区・北地区それぞれに

「生物多様性スポット」というフデリンドウの保護エリアがあり

多くの花を見ることができます。

 

天気が悪いと花を閉じるので、

天気の良い日を狙って観察に来ることをおすすめします。

 

②ヤマブキソウ

学名:Hylomecon japonica

科名:ケシ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

山野の林内に群落をつくって生育する、

高さ40cm程度になる植物です。

 

自然観察園内では、ひょうたん池の奥で群落をつくり、

ニリンソウやラショウモンカズラなどと並んで見られます。

 

低木のヤマブキに

花の形や色が似ていることからこの名前がついたと言われ、

クサヤマブキという別名もあるようです。

大きく鮮やかな色をしていて目立つ植物です。

 

③ウラシマソウ

学名:Arisaema thunbergii subsp. urashima

科名:サトイモ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

茶色く不思議な形をした花のようなものが見られます。今の時期、

これは花ではなく、葉っぱが変形してまるで花のように見える

「仏炎苞(ぶつえんほう)」というものです。

ウラシマソウの他に、ミズバショウも仏炎苞を持つことで有名です。

 

ウラシマソウは、

この仏炎苞から細長いひも状のものが伸びているのが特徴で、

浦島太郎が釣り糸を垂らしている姿に見えることから

この名前がついたと言われます。

 

自然観察園内では、ひょうたん池の奥で見られます。

また、近くにはムサシアブミという植物もあり、

これも仏炎苞を持っています。

 

==========

 

実際の植物観察会再開まで、

このブログを通して、自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

 

ボランティア | ほーぷavatar

2022年3月29日

おうちで植物観察会~2022年3月編②~ 

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言は解除されたものの、

自然観察園の人気イベント『植物観察会』の開催再開はもう少し先。

 

再開までの期間、

皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』をお届けします!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察園・野川公園サービスセンターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。

花だより3月no.2 順路図3月no.2

※3/29現在、かたくり山とかがみ池は木道工事中のためご覧いただけません。

ご迷惑おかけしています。こちらのブログも合わせてご覧ください。

 

==========

最近では暖かく感じる日も増えてまいりました。

3月後半の自然観察園内は、日に日に青みが増し、

春を感じさせる花々が開花し始めています。

その中から、見ごろの植物を3つご紹介したいと思います♪

 

①コスミレ

学名:Viola japonica

学名:スミレ科

DSCN0441

 

現在、きんらんの里で見ごろを迎えています。

落ち葉の茶色の中に、薄い紫色の花びらがとてもよく映えます。

 

コスミレの柱頭(めしべの先端のこと)は、

カマキリの頭のように三角形になっており、

アオイスミレやタチツボスミレなど

周辺にある他のスミレと見分けることができます。

また、他のスミレに比べて草丈が伸びないことから、

コスミレの名が付いたとされています。

 

②シュンラン

学名:Cymbidium goeringii

科名:ラン科

DSCN0442

 

現在、きんらんの里で花を見ることができます。

代表的な東洋ランの1つで、春に咲くことから「春蘭」と名付きました。

 

花の茎はベールに包まれているように見え、

とても上品印象の花です。

別名「ホクロ」と呼ばれるのは、

唇弁(ラン科の植物等に特徴的な、花の下側につく大きくな花びらのこと)の斑点を

ほくろに見立てたからのようです。

 

③キブシ

学名:Stachyurus praecox

科名:キブシ科

DSCN0447

 

現在、かたくり山の南側で花が見られます。

6mm~9㎜の小さな鐘型の花が連なって咲き、

遠目に見るとイルミネーションのようにも見えます。

 

漢字では「木五倍子」と書き、

五倍子(ふし・ごばいし)という染料の代用として

使用されたことに由来すると言われます。

 

==========

 

実際の植物観察会は、残念ながらまだ再開の見通しが立ちませんが、

こちらのブログを通して、引き続き自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

ボランティア | ほーぷavatar

2022年3月27日

野川公園 自然観察園 木道工期の延期について

自然観察園の老朽化した木道の改修工事につきまして、
お知らせいたします。

 

この度、木材入荷の遅れにより、
工期が4月下旬まで延期することになりました。

 

ご来園の皆さまにはご迷惑をお掛けしますが、
皆様のご理解とご協力の程、引き続きよろしくお願い申し上げます。

木道整備工事の案内_作成20220326

未分類 | ぺったんこ草avatar

2022年3月24日

野川公園職員の新型コロナウイルス感染について

野川公園の職員1名が、新型コロナウイルスに感染したことが確認されましたので、お知らせいたします。

 

1.職員の基本情報及び経過等

勤務場所     :都立野川公園
業  務     :内部事務
症状発現日    :3月15日
陽性判明日    :3月16日
濃厚接触者の有無 :なし

 

2.対応

職員の健康観察を継続しています。

※職員及び家族への人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いいたします。

 

その他 | 管理者avatar

2022年3月12日

ウメの開花状況

野川公園のウメの花開情報をお伝えします♪

公園東側の梅林では白梅、紅梅ともに8~9分咲きになりました。                                            紅梅色も濃いものと淡いものがあり、どちらも見頃を迎えています。小IMG_0583
小IMG_0584

小IMG_0577

季節の花、緑、生きもの | むうにゃavatar

2022年3月11日

おうちで植物観察会~2022年3月編①~

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言は解除されたものの、

自然観察園の人気イベント『植物観察会』の開催再開はもう少し先。

 

再開までの期間、

皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』をお届けします!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察園・野川公園サービスセンターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。 花だより 3月no.1_page-0001 順路図3月no.1_page-0001

※3/11現在、かたくり山とかがみ池は木道工事中のためご覧いただけません。

ご迷惑おかけしています。こちらのブログも合わせてご覧ください。

 

==========

3月前半の自然観察園は、

まだ春爛漫ではありませんが、

春の訪れを告げる花たちが一つまた一つと咲き出しています。

その中から見ごろの花を3つ選んでご紹介します♪

 

①マンサク

学名:Hamamelis japonica

科名:マンサク科 

 

春の訪れを心待ちにしている時期、

他の花に先駆けて咲き出します。

 

4枚ある花びらは線のように細く、

赤っぽい色の蕚(がく)もよく見えて目立ちます。

こうした花が数個ずつ合わさって咲くので、

一見花びらが多い花のようにも見えます。

こうして黄色い花を目立たせて、

まだ寒くて活動している数の少ない虫たちを上手く呼んでいるのでしょう。

 

自然観察園内では2か所で見られます。

しょうぶ池の近くのものの方が花数は多く、高さも低く、

比較的見やすいです。

 

②アオイスミレ

学名:Viola hondoensis

科名:スミレ科

 

春にかけて一番早く咲き出すスミレです。

冬の間も葉が出ています。花の色は薄い紫や白です。

 

スミレの花の後ろの方は袋のようになっていて、

距(きょ)と呼ばれているのですが、

アオイスミレはこの部分が、立ち上がっています。

 

花が終わると葉がどんどん大きくなり、実をつけます。

他の種類のスミレの多くは、

茎の上についた実が三つに割れて、タネを弾き飛ばすのですが、

アオイスミレの実は、丸くて根元の方にごろんとつきます。

実はやがて割れますが、タネは弾き飛ばさず、こぼすだけ。

アリに運んでもらえるよう、餌となる甘いゼリー状のものをタネにつけています。

 

③トウダイグサ

学名:Euphorbia helloscopia

科名:トウダイグサ科

 

茎に丸い葉っぱが互い違いにびっしりとつきます。

一番上は5枚の葉っぱが丸く並んでいて、

その上にとても小さな花たちが包まれるようについています。

ひとつひとつの花は、小さな緑色のカップに入ったような変わった形をしています。

 

同じ花同士で受粉しないように、

雄花と雌花が時期をずらして咲くのですが、

この写真では雄花が咲いています。

油を入れて火をつける昔の明かりに似ているので

「燈台草」と呼ばれるようになったと言われています。

言われてみれば、ほんのり黄色く、ともしびのように見えますね。

 

==========

 

実際の植物観察会は、残念ながらまだ再開の見通しが立ちませんが、

こちらのブログを通して、引き続き自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

ボランティア | ほーぷavatar

2022年2月27日

ウメの開花状況

野川公園のウメの花開情報をお伝えします♪

公園東側の梅林では早咲きの白梅が5~6分咲き、紅梅は1~2分咲き始めました。
thumbnail_IMG_0541

thumbnail_IMG_0540梅林のある自由広場の様子です。

春を感じる陽気で、微かにウメの香りが漂っています。

thumbnail_IMG_2536これから見頃を迎えるウメの花をぜひお楽しみください。

季節の花、緑、生きもの | むうにゃavatar

2022年2月22日

停電・断水のお知らせ

teidennお客様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

工事・維持管理のお知らせ | むうにゃavatar

2022年2月18日

おうちで植物観察会~2022年2月編①~

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言は解除されたものの、

自然観察園の人気イベント『植物観察会』の開催再開はもう少し先。

 

再開までの期間、

皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』をお届けします!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察園・野川公園サービスセンターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。

花便り2月no.2_page-0001

順路図2月no.2_page-0001

==========

 

2月後半の自然観察園は、

早春に花をつけ、樹木の葉が茂る頃には地上部が枯れる

スプリング・エフェメラル(春の妖精)

と呼ばれる春の植物が咲き始めています。

まだまだ寒い日が続いていますが、

立春を過ぎて、植物は少しずつ活動を始めています。

 

※2022年2月28日(月)~3月18日(金)(予定)の期間、

自然観察園内木道の一部の工事を予定しております。

その間見られなくなる植物もありますので、ご注意ください。

こちらのブログもあわせてご覧ください。

 

①セツブンソウ

学名:Eranthis pinnatifida

科名:キンポウゲ科

 

節分の頃に花を開かせるのでこの名前がついたと言われています。

関東地方以西の山地に自生し、石灰岩地を好んで生育しています。

 

茎の先に2cmほどの白色の花をつけますが、花びらに見えるのは萼(がく)です。

花びらは退化して黄色の棒状になり、白い萼と淡紫色のおしべの間に並んでいます。

 

野川公園に自生していたものではありませんが、

今では自然観察園にたくさんの株が見られるようになり、

現在見ごろを迎えています。

 

②フクジュソウ

学名:Adonis ramose
科名:キンポウゲ科

 

漢字で表記すると「福寿草」です。

旧暦の正月(2月)を祝う時期に花が咲くことから、

めでたい植物としてこのような名前が付けられたようです。

元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)などの別名もあります。

 

フクジュソウの花びらは

パラボラアンテナのような形をしています。

暖かい太陽の光が黄色の花びらに反射して、

おしべやめしべの温度が上がり、

寒い時期にも虫が集まってくるようです。

 

③オニシバリ

学名:Daphne pseudomezereum
科名:ジンチョウゲ科

 

オニシバリは、高さが1mほどの落葉低木です。

鬼を縛ることが出来るほど樹皮が丈夫であることが名前の由来と言われます。

 

別名ナツボウズとも呼ばれます。

これは夏の暑い時期に落葉することからきたものと言われます。

 

自然観察園では1本だけ生育し、

花は写真のように控え目な緑色をしています。

今の寒い時期に花をつけ、夏には葉を落とし、

秋に新緑を迎えるユニークな樹木です。

 

==========

 

実際の植物観察会は、残念ながらまだ再開の見通しが立ちませんが、

こちらのブログを通して、引き続き自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

 

ボランティア | ほーぷavatar