武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2020年1月23日

野川公園で野鳥を楽しむ♪(1/19)

 

12月よりむさしのの都立公園で実施している

「野鳥マナーアップキャンペーン」の連動企画として、

むさしのカレッジ「野鳥観察&野鳥ペーパークラフト作り」を開催しました!

 

前半は、パークレンジャーと一緒に野外で野鳥観察。

初めて双眼鏡使う方向けに、使い方のレクチャーをしたのち野外へ!

DSC03820 DSC_9628

天候にも恵まれ、ツグミやキセキレイ、シメ、ノスリ…と、

15種類の野鳥を観察できました♪(左上:オオタカ、右下:カラス)

 

後半は、ペーパークラフトの講師として荻本央氏を迎え、野鳥のペーパークラフト作り!

荻本さんはいつもとは違うものを見てみる「よそ見」をコンセプトに身の回りの生きものを手軽に、楽しく紹介し、身近に感じるためのデザイン、教材、ワークショップなどをつくっています。

DSC03881 DSC03864

 

野鳥の特徴を考えながらクラフト作りをすることで、

より愛着のある作品が出来たのではないでしょうか?

 

最後はみんなで記念撮影! 素敵な作品が出来ましたね。

ご参加いただきありがとうございました☆

DSC03901

イベント,季節の花、緑、生きもの| ハム

2020年1月16日

セツブンソウが咲き始めました

 

自然観察園にて、今年もセツブンソウが咲き始めました。

写真1

 

まだ、開花は2輪ほどですが地面からどんどん顔を出しています。

写真2

 

例年見ごろは節分の前後となります。

 

また、自然観察園では大ぶりのソシンロウバイや、

花の中心が赤くなるロウバイが見ごろを迎えています。

香水のような芳香が漂い、気持ちも華やぎます。香りに誘われて、

ハエも花にやってきました。

写真3 写真4

 

 

また、林の中ではかわいらしいクロモジの冬芽も見られます。

写真5

 

まだまだ寒いですが、自然観察園で春の兆しを見つけに来てくださいね。

季節の花、緑、生きもの| ハム

2019年10月1日

自然観察園のヒガンバナ開花状況(10/1)

ついに満開となりました!

例年より10日くらい遅かったことになります。

気温が高めなので、見ごろの期間が短いかもしれません。

お早めにおでかけください。

今週末まで見ごろが続きますように!

PA010094

PA010095

※ご来園の皆様にお願いいたします。

自然観察園の中では、三脚やイーゼルなど場所を取るようなものの利用はご遠慮いただいております。また、柵の中や木道の外に出るような行為はおやめください。

マナーを守って楽しくご覧ください!

季節の花、緑、生きもの| 豆ころがし

2019年9月26日

自然観察園のヒガンバナ開花状況(9/26)

全体には五分咲きくらいとなり

ようやく見ごろとなってきました。

蜜を吸いにクロアゲハなども訪れています。

週末にはもっと見ごろになることでしょう。

ぜひお出かけください。

PA260043 PA260047

季節の花、緑、生きもの| 豆ころがし

2019年9月22日

自然観察園のヒガンバナの開花状況(9/22)

9月22日(日)のヒガンバナの開花状況です。

自然観察園のヒガンバナ群生地で、昨年より開花が遅れていたヒガンバナが、数輪開花しました。

DSCN1052 (2)

つぼみはたくさんあり、だいぶ膨らんできているので、これからどんどん咲き出すと思います。
満開になるにはあと1週間ほどかかりそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

季節の花、緑、生きもの| 豆ころがし

2019年9月20日

自然観察園のヒガンバナ開花状況 (9/19)

 

9月19日(木)時点でのヒガンバナの開花状況です。

 

つぼみをつけているものがちらほらと見られますが

まだ背の低い花茎も多く、見ごろまでにはしばらくかかりそうです。

写真1

 

自然観察園に入って右手奥にある白花のヒガンバナは、5分咲きくらいです。

写真2

 

ツリフネソウ、キバナアキギリなどそのほかの秋のお花も次々と咲いていますので、

いろいろな秋のお花も合わせてごらんください。

写真3

(ツリフネソウ)

 

写真4

(キバナアキギリ)

季節の花、緑、生きもの| ハム

2019年9月16日

自然観察園のヒガンバナ開花状況(9/16)

ようやく花芽が地上に出てきています。

これからぐんぐん伸びてくると思われますが

開花がいつかということはまだわかりません。

また様子をお知らせしたいと思います。

 DSCN0950

 

DSCN0948

季節の花、緑、生きもの| ちまき

2019年9月13日

自然観察園のヒガンバナの開花状況(9/13)

今年もヒガンバナの開花時期を迎えているのですが、

本日13日時点で野川公園のヒガンバナはまだほとんど開花しておりません。

今のところは例年より遅い状況となっています。

14日〜16日の連休の間ではほとんど咲かないのではないかと思われます。

 

なお白花のヒガンバナは咲き始めています。

DSC_0436 - サイズ変更 (2)

季節の花、緑、生きもの| ハイジ

2019年7月27日

自然観察園で体感!武蔵野の夏

 

いよいよ夏本番!

自然観察園では夏の花が次々と見ごろを迎えています。

 

入り口を入って右手を進むと、

ひときわ明るいオレンジ色の花がまとまって咲いています。

ノカンゾウです。

 

ノカンゾウの仲間は古くは「ワスレグサ」と呼ばれ、

嫌なことを忘れる、という意味があったそうです。

なぜ嫌なことを忘れるのか本当のところはよくわかりませんが、

確かに元気の出る色合いです。

 

もう一つオレンジ色の花をご紹介します。

キツネノカミソリ。

 

ノカンゾウはユリの仲間ですが、これはヒガンバナの仲間。

花びらが細く、花の咲く時期、葉がもう終わっていて、ないことが多いです。

湿ったところが好きで、はけ側の暗いところでよく咲いています。

 

花の咲く時期、葉が枯れてくるので有名な花をもう一つ。

ウバユリです。

花が咲くころ葉がないところを「歯がない」とかけて、「ウバユリ」となったそうです。

歯がなくなるのはおばあさんだけではないはず!と言いたくなりますが、

覚えやすい名前ですね。

花の咲くころ葉は古びているものの、まだあることが多いです。

大型で、林の中にあると存在感のある夏の花です。

 

花に訪れる生きものとの出会いも楽しい季節です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヒオウギに訪れたヒメウラナミジャノメと

 

写真5イヌゴマとクマバチ

イヌゴマに訪れたキムネクマバチ。

 

夏の観察園は武蔵野の生きものたちのパラダイス!

ぜひいらしてください。

季節の花、緑、生きもの| ハム

2019年6月25日

アジサイの季節

ジメジメと蒸し暑い日が多くなってきました。

野川公園では二か所でアジサイが見頃を迎えています。

一か所は野川沿いに下流へと歩き東八道路をくぐった先の飛び地。

アジサイ棚のアジサイが一斉に咲いています。

31e010ea77d697ed6c0c3a9fb6841664-1-640x426

また自然観察園の「ほたるの里」周辺では、ガクアジサイなどが清涼感のある色合いで咲いています。アジサイ棚のようにたくさんあるわけではありませが、林の景色に調和しています。

DSCN9566

写真3

また、自然観察園では早くもネムノキの花が咲き始めました。

写真4

写真5

ホワホワとした花が梢で繊細に揺れていると、夏が近づいていることを感じます。

オカトラノオやヤマホタルブクロに加えて、気の早いキツリフネも咲き出しています。

しっとりとした梅雨景色と夏の兆しを味わいに、ぜひ来てくださいね!

季節の花、緑、生きもの| 豆ころがし