武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

スタッフの紹介

名前   :ほーぷ

avatar

2021年7月20日

おうちで植物観察会~2021年7月編②~ 

新型コロナウイルス感染症拡大により、

昨年から中止が続いている自然観察園の人気イベント『植物観察会』。

 

「いつ再開するの?」「再開が待ち遠しい!」といった皆様の声を聞き、

再開までの期間、皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』を行うことにしました!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察センターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。

7月後半花だより 7月後半順路図

==========

7月後半の自然観察園は、夏の花が湿地を彩り、

秋まで咲き続ける花たちもちらほらと開き始めました。

その花々の中から見ごろの花を3つご紹介します♪

 

①ミソハギ

学名:Lythrum anceps

科名:ミソハギ科

ミソハギ 夏の濃い緑の中で、紅紫の花がひときわ目立ちます。

お盆のころに咲き、古くからお盆のお供えにも使われてきた花です。

盆花や精霊花などと呼ばれたりもします。

 

水辺など湿った所を好む野草です。

自然観察園もハケ(国分寺崖線)と野川の間にあって湿地が多いので、

ミソハギによく合った環境となっています。

 

②カリガネソウ

学名:Tripora divaricata

科名:シソ科

カリガネソウ

独特の花の形と涼やかな青い色が目を引く花です。

花の形が「かりがね」(カモの仲間のガンの別名)の飛んでいる姿に似ている、

というところからこの名前がつけられました。

雄しべが長くくるっとしているのをガンの首、

青紫の花弁をガンの羽に見たてたのでしょう。

 

蜜がたまっている筒状の部分は細長く、

ミツバチなど、もぐりこむのが得意な昆虫でないと

なかなか蜜が吸えそうにありません。

例えば、野川公園でよく見られるクマバチは、

体が大きくてこのカリガネソウの花の中にはもぐりこめず、

替わりに花全体を抱え込んでいる姿をよく見かけます。

この花を訪れる昆虫が何をしているのかもじっくり観察すると面白そうですね。

 

③キツネノカミソリ

学名:Lycoris sanguinea

科名:ヒガンバナ科

キツネノカミソリ

自然観察園のハケ側にいくつもまとまって咲くことが多い花です。

8月を中心に咲く花ですが、今年は少し早く咲き始めているようです。

 

細長くてしっかりした葉が、まるでかみそりのようだ、

ということでこの名がつけられました。

「キツネ」の由来は定かではありませんが、

キツネが生息するような場所に自生しているからとか、

花の色がキツネをイメージさせるからなどと言われています。

また、早春に出た葉が夏に枯れると、花の茎が出てきます。

そのため、花が咲くときに見ると、葉っぱを持たない植物のように見えます。

それがキツネに化かされたようだからという説もあります。

 

昔から武蔵野地域でよく見られる植物の一つです。

 

==========

 

実際の植物観察会は、残念ながらまだ再開の見通しが立ちませんが、

こちらのブログを通して、引き続き自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

ボランティア| ほーぷavatar

2021年7月6日

おうちで植物観察会~2021年7月編①~

新型コロナウイルス感染症拡大により、

昨年から中止が続いている自然観察園の人気イベント『植物観察会』。

 

「いつ再開するの?」「再開が待ち遠しい!」といった皆様の声を聞き、

再開までの期間、皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』を行うことにしました!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察センターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。

 

 

==========

7月の自然観察園は、夏の花が増え、色鮮やかに彩られつつあります。

その花々の中から、少しではありますが見ごろの植物をご紹介します♪

 

①ノカンゾウ

学名:Hemerocallis longituba

科名:ワスレグサ科

 

 

現在、園内で美しい黄色が一際目立つのがこの「ノカンゾウ」です。

漢字では「野萱草」と書き、中国名の「萱草」を音読みにしたものです。

他のカンゾウの仲間と区別するため「野」を付けて表記します。

別名「忘憂草(ぼうゆうそう)」とも呼ばれ、中国などでは、

この花を身につけると悲しみや辛いことを忘れられるという言い伝えがあるそうです。

 

②チダケサシ

学名: Astilbe microphylla

科名:ユキノシタ科

 

 

夏から秋に発生するチチタケ(キノコの一種)をこの茎に差し持ち歩いたことから

「チチタケサシ」、それが段々と「チダケサシ」に変わっていったと言われています。

淡いピンク色の花がとても愛らしい植物です。

 

③オオバギボウシ

学名:Hosta montana

科名:クサスギカズラ科

 

 

日本の伝統的な木の橋には欄干(らんかん)があり、

その先端の飾りを「擬宝珠(ぎぼうしゅ)」と言います。

ギボウシの仲間は、つぼみがこの「擬宝珠(ぎぼうしゅ)」に似ていることから

名づけられました。

葉が大きいギボウシ、なので「オオバギボウシ」と呼ばれています。

 

==========

 

実際の植物観察会は、残念ながらまだ再開の見通しが立ちませんが、

こちらのブログを通して、引き続き自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

ボランティア| ほーぷavatar

2021年6月16日

おうちで植物観察会~2021年6月編~

新型コロナウイルス感染症拡大により、

昨年から中止が続いている自然観察園の人気イベント『植物観察会』。

 

「いつ再開するの?」「再開が待ち遠しい!」といった皆様の声を聞き、

再開までの期間、皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』を行うことにしました!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている

「花だより」(自然観察センターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。

=========

6月の自然観察園は、春の花が終わり、緑がどんどん濃くなっています。

そんな中、夏本番に向けて咲き始めている花をご紹介します♪

 

①ホタルブクロ類

学名:Campanula punctata 

科名:キキョウ科

 

 

花の形が火垂(ほたる:提灯の古語)に似ていることや、

子どもが蛍を捕まえてこの花に入れて遊んだことから

「蛍袋」と言われるようになったことが名前の由来と言われます。

淡いピンクの花が、自然観察園の緑の中でひときわ存在感を放っています。

 

②ハンゲショウ

学名:Saururus chinensis

科名:ドクダミ科

 

 

花が咲いている時期に、花のすぐ下の葉が半分白くなり、

化粧をしているように見えることや、

「半夏生」(はんげしょう:夏至から数えて11日目/7月上旬頃)に花が咲くことが

名前の由来と言われます。

葉が半分白くなるのは、小さな花を少しでも目立たせて、

花粉を運んでくれる虫を呼び寄せるためだとか。

ちなみに、顔を近づけてみるとドクダミ科特有の独特な香りがします。

 

③ウツボグサ

学名:Prunella vulgaris L. subsp. Asiatica

科名:シソ科

 

 

花の部分が靫(うつぼ:矢を入れる道具)のようであることが

名前の由来と言われる「ウツボグサ」。

花言葉は「優しく癒す」で、昔は薬としてよく利用されたそうです。

背丈は10~30cmと低いですが、花のつき方がユニークで、

自然観察園でもひときわ目立っています。

 

==========

 

実際の植物観察会は、残念ながらまだ再開の見通しが立ちませんが、

こちらのブログを通して、引き続き自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

 

おうちで植物観察会

 

ボランティア| ほーぷavatar