武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

スタッフの紹介

名前   :ほーぷ

avatar

2021年10月21日

おうちで植物観察会~2021年10月編②~

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言は解除されたものの、

自然観察園の人気イベント『植物観察会』の開催再開はもう少し先。

 

再開までの期間、皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』をお届けします!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察センターにて配布中!)

から現在見ごろの植物を3つ紹介します。

10月no.2の花だより 10月no.2の順路図

==========

10月後半の自然観察園は、

冬に向けて休み始める植物もある中、見ごろを迎えている花もいくつか見られます。

そんな花の中から3つ取り挙げてご紹介します♪

 

①ホトトギス

学名:Tricyrtis hirta

科名:ユリ科

ホトトギス

現在、自然観察園の七草山エリアで10株近く見られます。

花は、茎を挟んで互い違いに生える葉っぱの根元について咲きます。

日陰の湿った岩場や林の中に生える多年草です。

 

白地に紫の斑点を散りばめた花の様子が、

鳥のホトトギスの胸の模様に似ていることが名前の由来と言われます。

 

②シュウメイギク

学名:Anemone hupehensis

科名:キンポウゲ科

シュウメイギク

現在、自然観察園のきんらんの里やのかんぞうの里エリアで、

ひときわ存在感を放っているのがこの花です。

地下茎を伸ばして繁殖するため、一定の範囲にまとまって咲くことが多いです。

実際、自然観察園でも群生していて見応えがあります。

 

花の雰囲気や名前からキクの仲間と思われがちですが、

実はキンポウゲの仲間です。

 

③トネアザミ

学名:Cirsium incomptum

科名:キク科

トネアザミ

現在、自然観察園の各地で見ることができます。

日当たりや個体差によりピンク色にも紫色にも見える可憐な花を咲かせます。

葉っぱには太くて長いトゲが付いているので、

誤って触って怪我をしてしまわないよう要注意です。

 

キク科アザミ属の多年草を総称して「アザミ」と言いますが、

そのうち利根川の流域(関東地方)に多く咲いていたものとして

この名がついたと言われます。

 

==========

 

実際の植物観察会再開までにはもう少しかかると思いますが、

こちらのブログを通して、引き続き自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

ボランティア| ほーぷavatar

2021年10月6日

おうちで植物観察会~2021年10月編①~

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言は解除されたものの、

自然観察園の人気イベント『植物観察会』の再開はもう少し先。

 

再開までの期間、

皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』をお届けします!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察センターにて配布中!)

から現在見ごろの植物を3つ紹介します。

10月の花だより 10月の順路図

==========

現在の自然観察園は、

秋の目立つ花が終わりに近づき、控えめな色の花が散見されるようになっています。

そんな花々の中から見ごろの花を3つご紹介いたします。

 

①ミゾソバ

学名:Persicaria thunbergii
科名:タデ科

木道周辺の湿地帯に多く見られる草本植物です。

淡紅色の花が数個まとまってついています。

一つ一つの花は小さく目立ちにくいですが、たくさん集まると華やかです。

秋の陽ざしを浴びて昆虫類もたくさん集まっています。

 

ミゾソバという名前は、

水辺に生えて、実の形がそばの実に似ていることから来ていると言われます。

ただし、この実は食べられません。

 

②サクラタデ

学名:Persicaria odorata subsp. conspicua

科名:タデ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

のかんぞうの里で見られる草本植物です。

花が淡いピンク色でサクラに似ることからこの名前がついたと言われます。

 

9月のブログでご紹介したボントクタデなどと同じ仲間です。

その仲間の中では大きな花をつける種類ですが、

大きいといっても花は1cmに満たない大きさです。

 

③オケラ

学名:Atractylodes ovata

科名:キク科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キク科の草本植物で、のかんぞうの里の奥にあります。

白い筒状の花がたくさん集まったもので、

大きな花びらはなくあまり目立たない花です。

しかし、白い花のまわりが茶色のトゲ状の苞に包まれた形が独特です。

 

江戸時代には邪気を払い、疫病を除く効果があるとされていたようで、

漢方の薬としても用いられていたと言われます。

名前は古名の「ウケラ」がなまったとのことですが、ウケラの意味は不明のようです。

 

==========

 

実際の植物観察会再開までにはもう少しかかると思いますが、

こちらのブログを通して、引き続き自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

ボランティア| ほーぷavatar

2021年9月23日

おうちで植物観察会 ~2021年ヒガンバナ情報⑤~

9~10月の「おうちで植物観察会」では、

自然観察園内のヒガンバナ情報を特別にお届けします。

コロナ禍でなかなか野川公園に来られないという皆様も、

是非おうちからヒガンバナを楽しんでいただければと思います♪

 

9月23日現在、

ヒガンバナの見ごろはそろそろ終わりです。

1本1本見ればまだきれいな花はありますが、

終わった花が半数ほど混ざるようになり

全体的には色あせています。 

例年は場所による開花の時期の違いがもっとありますが、

今年はほぼ時期がそろっていましたので、

花の終わりもほぼ一斉に来ています。

 

また、七草山の奥にある白いヒガンバナの群落も、

見ごろの花は四分の一くらいで、

全体としては見ごろを過ぎています。  

 

【ご来園の皆様へ】

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、

下記ルールをお守りいただきますようお願いします。

①原則としてマスクの着用をお願いします。

②こまめな手洗い・消毒をお願いします。

③人と一定の距離を確保してください。

④混雑している場所、時間帯を避けてご利用ください。

⑤家族など少人数での利用をお願いします。

⑥大人数での飲食、飲酒はお控えください。

 

【自然観察園 基本情報】

開園時間:9:30~16:30

休園日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、12月29日~1月3日

 

自然観察園の中では、三脚やイーゼルなど場所を取るようなものの利用はご遠慮いただいております。柵の中や木道の外に出るような行為もおやめください。また、動植物の採取はできません。マナーを守って楽しくご覧ください。

 

*西武・武蔵野パートナーズでは、「ニッポン発見」プログラムとして、日本の自然や文化の豊かさ、魅力をブログやイベントを通して伝えています。

季節の花、緑、生きもの| ほーぷavatar

2021年9月20日

おうちで植物観察会~2021年ヒガンバナ情報④~

9~10月の「おうちで植物観察会」では、

自然観察園内のヒガンバナ情報を特別にお届けします。

コロナ禍でなかなか野川公園に来られないという皆様も、

是非おうちからヒガンバナを楽しんでいただければと思います♪

 

9月20日現在、(9月21日(火)は振替休園日となりますので、ご注意ください。)

9月17日ごろ満開となったヒガンバナの見ごろはまだ続いています。 

ヒガンバナ見ごろ続く

早く開花した野川側の花は下の写真のように少し色あせてきました。

ヒガンバナ少し色あせるところも

また、七草山の奥にある白いヒガンバナの群落は、

4割ぐらいの花が見ごろ過ぎとなってきました。

しかし、まだつぼみの株もあるのでしばらくはきれいな花が咲くと思われます。

ヒガンバナ白

 

【ご来園の皆様へ】

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、

下記ルールをお守りいただきますようお願いします。

①原則としてマスクの着用をお願いします。

②こまめな手洗い・消毒をお願いします。

③人と一定の距離を確保してください。

④混雑している場所、時間帯を避けてご利用ください。

⑤家族など少人数での利用をお願いします。

⑥大人数での飲食、飲酒はお控えください。

 

【自然観察園 基本情報】

開園時間:9:30~16:30

休園日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、12月29日~1月3日

自然観察園の中では、三脚やイーゼルなど場所を取るようなものの利用はご遠慮いただいております。柵の中や木道の外に出るような行為もおやめください。また、動植物の採取はできません。マナーを守って楽しくご覧ください。

 

 

*西武・武蔵野パートナーズでは、「ニッポン発見」プログラムとして、日本の自然や文化の豊かさ、魅力をブログやイベントを通して伝えています。

季節の花、緑、生きもの| ほーぷavatar

2021年9月18日

おうちで植物観察会~2021年9月編②~

新型コロナウイルス感染症拡大により、

昨年から中止が続いている自然観察園の人気イベント『植物観察会』。

 

「いつ再開するの?」「再開が待ち遠しい!」といった皆様の声を聞き、

再開までの期間、皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』を行うことにしました!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察センターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。

9月no.2の順路図

==========

9月後半の自然観察園は、

ヒガンバナなど華やかなものから、秋風に揺れる小さな花々まで、

たくさんの種類の花が花盛りです。

これらの花々の中から見ごろの花を3つご紹介いたします。

 

①キツリフネ

学名:Impatiens noli-tangere

科名:ツリフネソウ科

キツリフネ

船の形に似た黄色い花が、

細い花茎につられるようについているところから

キツリフネという名前がついたと言われます。

花の一部分が細い袋状になっており、そこに蜜が溜まっています。

この蜜を目的にマルハナバチなどの潜りこむのが得意なハチが来て、

体に花粉をつけて行きます。

 

また、このように黄色く目立つ花だけでなく、

開かないけれど実をつけることができる「閉鎖花」(へいさか)

と言われる小さい花を付けることもあり、

子孫を残すための様々な工夫をしていると言える野草です。

 

②シロネ

学名:Lycopus lucidus

科名: シソ科

シロネ

湿ったところに生える多年草で、葉の付け根に白い小さな花を咲かせます。

この花は「唇弁花」(しんべんか)と呼ばれ、

下側にある花びらが他の花びらよりも大きく、幅広く、

唇のように見える花になっています。

 

花は少々個性的な匂いですが、葉は上品なハーブの香りがします。

 

③ボントクタデ

学名:Polygonum pubescens

科名:タデ科

 

ボントクタデ

水辺など湿ったところに生えるタデの仲間です。

花の外側や茎は赤みが強いことが多いです。

実になっても外側が赤いので、

晩秋までしなやかに穂の先が垂れている様子が目立ちます。

 

ぴりりと辛くて香辛料に使われるヤナギタデに比べて、

辛みがなく香辛料として使えない、役に立たない、というところから、

優れていないという意味の「凡」(ボン)が名前の一部になったと言われています。

 

==========

 

実際の植物観察会は、残念ながらまだ再開の見通しが立ちませんが、

こちらのブログを通して、引き続き自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

ボランティア| ほーぷavatar

2021年9月16日

おうちで植物観察会~2021年ヒガンバナ情報③~

9~10月の「おうちで植物観察会」では、

自然観察園内のヒガンバナ情報を特別にお届けします。

コロナ禍でなかなか野川公園に来られないという皆様も、

是非おうちからヒガンバナを楽しんでいただければと思います♪

 

9月16日現在、
ヒガンバナ群生地では一気に開花が進み、ほぼ満開の状態となっています。

野川側は完全に満開、

ほたるの里側は8~9分咲き程度となっています。 

また、七草山の奥にある白いヒガンバナの群落も、

ほぼ満開となり見ごろを迎えています。 

順調に花茎を出し、一気に開花が進む今年のヒガンバナ。

ほたるの里側の満開も近そうです。

 

 

【ご来園の皆様へ】

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、

下記ルールをお守りいただきますようお願いします。

①原則としてマスクの着用をお願いします。

②こまめな手洗い・消毒をお願いします。

③人と一定の距離を確保してください。

④混雑している場所、時間帯を避けてご利用ください。

⑤家族など少人数での利用をお願いします。

⑥大人数での飲食、飲酒はお控えください。

 

【自然観察園 基本情報】

開園時間:9:30~16:30

休園日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、12月29日~1月3日

自然観察園の中では、三脚やイーゼルなど場所を取るようなものの利用はご遠慮いただいております。柵の中や木道の外に出るような行為もおやめください。また、動植物の採取はできません。マナーを守って楽しくご覧ください。

 

*西武・武蔵野パートナーズでは、「ニッポン発見」プログラムとして、日本の自然や文化の豊かさ、魅力をブログやイベントを通して伝えています。

季節の花、緑、生きもの| ほーぷavatar

2021年9月14日

おうちで植物観察会~2021年ヒガンバナ情報②~

9~10月の「おうちで植物観察会」では、

自然観察園内のヒガンバナ情報を特別にお届けします。

コロナ禍でなかなか野川公園に来られないという皆様も、

是非おうちからヒガンバナを楽しんでいただければと思います♪

 

9月14日現在、

ヒガンバナ群生地では全体で4分咲きくらいのヒガンバナが開花しています。

ホタルの里側はまだ開花が進んでいない状況です。

一方、野川側は開花が進み、見ごろを迎えている箇所もあります。

 

また、七草山の奥にある白いヒガンバナの群落は、

5分咲きをやや超えたような状況です。

かなり見ごろに近づいてきています。

今後の開花状況にも注目です!

 

【ご来園の皆様へ】

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、

下記ルールをお守りいただきますようお願いします。

①原則としてマスクの着用をお願いします。

②こまめな手洗い・消毒をお願いします。

③人と一定の距離を確保してください。

④混雑している場所、時間帯を避けてご利用ください。

⑤家族など少人数での利用をお願いします。

⑥大人数での飲食、飲酒はお控えください。

 

【自然観察園 基本情報】

開園時間:9:30~16:30

休園日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、12月29日~1月3日

自然観察園の中では、三脚やイーゼルなど場所を取るようなものの利用はご遠慮いただいております。柵の中や木道の外に出るような行為もおやめください。また、動植物の採取はできません。マナーを守って楽しくご覧ください。

 

*西武・武蔵野パートナーズでは、「ニッポン発見」プログラムとして、日本の自然や文化の豊かさ、魅力をブログやイベントを通して伝えています。

季節の花、緑、生きもの| ほーぷavatar

2021年9月11日

おうちで植物観察会~2021年ヒガンバナ情報①~

9~10月の「おうちで植物観察会」では、

自然観察園内のヒガンバナ情報を特別にお届けします。

コロナ禍でなかなか野川公園に来られないという皆様も、

是非おうちからヒガンバナを楽しんでいただければと思います♪

 

9月10日現在、

ヒガンバナ群生地には赤い花が数輪咲いています。

全体で1分咲きといったところでしょうか。

次々と茎も出始めているところなので、

今後どのように群生ができるか注目です!

 

また、白いヒガンバナは赤いヒガンバナよりも通常先に咲きますが、

自然観察園内では、今年はまだ一輪も花が確認されていません。

ただ、七草山の奥にいくつか茎が出始めているので、

今後の動きに注目です!

 

【ご来園の皆様へ】

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、

下記ルールをお守りいただきますようお願いします。

①原則としてマスクの着用をお願いします。

②こまめな手洗い・消毒をお願いします。

③人と一定の距離を確保してください。

④混雑している場所、時間帯を避けてご利用ください。

⑤家族など少人数での利用をお願いします。

⑥大人数での飲食、飲酒はお控えください。

 

【自然観察園 基本情報】

開園時間:9:30~16:30

休園日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、12月29日~1月3日

自然観察園の中では、三脚やイーゼルなど場所を取るようなものの利用はご遠慮いただいております。柵の中や木道の外に出るような行為もおやめください。また、動植物の採取はできません。マナーを守って楽しくご覧ください。

 

*西武・武蔵野パートナーズでは、「ニッポン発見」プログラムとして、日本の自然や文化の豊かさ、魅力をブログやイベントを通して伝えています。

季節の花、緑、生きもの| ほーぷavatar

2021年9月11日

おうちで植物観察会~2021年9月編①~

新型コロナウイルス感染症拡大により、

昨年から中止が続いている自然観察園の人気イベント『植物観察会』。

 

「いつ再開するの?」「再開が待ち遠しい!」といった皆様の声を聞き、

再開までの期間、皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』を行うことにしました!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察センターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。

==========

9月の自然観察園は、秋の花が園内を彩り始めています。

その花々の中から見ごろの花を3つご紹介いたします♪

 

①タコノアシ

学名:Penthorum chinense

科名:タコノアシ科 

 

湿地や休耕田などに生える多年生の植物です。

漢字では「蛸の足」と書き、

花や実がびっしり並んだ様子をタコの足に見立て名付けられたとされています。

晩秋に植物全体が赤みをおび、その姿はひっくり返った茹でタコのようにも見えます。

 

②ゲンノショウコ

学名:Geranium thunbergii

科名:フウロソウ科 

 

多年生の植物で、自然観察園内には、白色とピンク色の花が咲いています。

薬として利用されていた頃、即効性があることから

「現の証拠」の名になったという説があります。

実が熟すと下の方から裂け、種が飛び出てきます。

裂けた実の形がお神輿の屋根に似ていることから、

別名「神輿草(ミコシグサ)」とも呼ばれます。

 

③シュウカイドウ

学名:Begonia grandis

科名:シュウカイドウ科 

 

鮮やかなピンク色が綺麗な、多年生の植物です。

江戸時代に日本に渡来したとされ、

和名は中国名の「秋海棠」を音読みしたものと言われます。

日陰で湿った場所を好み、雄花が先に開花、

その後時期をずらし雌花が開花し始めます。

 

==========

実際の植物観察会は、残念ながらまだ再開の見通しが立ちませんが、

こちらのブログを通して、引き続き自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

ボランティア| ほーぷavatar

2021年8月5日

おうちで植物観察会~2021年8月編①~

新型コロナウイルス感染症拡大により、

昨年から中止が続いている自然観察園の人気イベント『植物観察会』。

 

「いつ再開するの?」「再開が待ち遠しい!」といった皆様の声を聞き、

再開までの期間、皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』を行うことにしました!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察センターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。

==========

 

現在の自然観察園は、夏を代表する色鮮やかな花が終わりに近づき、

夏から秋にかけて咲く控えめな色姿の花が多くなってきました。

その花々の中から見ごろの花を3つご紹介いたします♪

 

①センニンソウ

学名:Clematis terniflora

科名:キンポウゲ科

 

つる性の植物で、

自然観察園では出入口左側奥のドウダンツツジに覆い被さって見られます。

一見白い花びらが4枚あるように見えますが、

この部分は花びらではなく萼(がく)です。

 

センニンソウは漢字では「仙人草」と書きます。

花が終わり、実ができたとき、実の一部にたくさんの毛がつくため、

それを仙人のひげに見立てたと言われています。

テッセンやクレマチスと同じ仲間です。

 

②ヤブラン

学名:Liriope muscari

科名:クサスギカズラ科

 

自然観察園の林の中にたくさんの見られる常緑の植物です。

地面にへばりついて、細長く濃い緑色の葉をたくさん伸ばし、

夏から秋にかけて、淡い紫色の小さな花を穂のようにつけます。

ひとつひとつの花は小さくあまり目立ちませんが、

たくさんの花が咲き揃うとその姿は見事です。

それほど珍しい植物ではないので、どこでもたくさん見られます。

 

クサスギカズラ科という科名は聞き慣れないかもしれません。

以前はユリ科とされていましたが、

植物の分類法が変わり、クサスギカズラ科に変わりました。

 

③クサギ

学名:Clerodendrum trichotomum

科名:シソ科

 

クサギは高さ数mになる樹木です。

夏になると、葉の先に、5枚に分かれた白い花びらを持った

ラッパのような形の花をたくさんつけ、とても華やかな姿になります。

 

クサギは漢字で「臭木」と書きます。

葉などをもんで匂いを嗅ぐと、独特の匂いがすることからこの名前がつけられました。

その一方、花は甘い香りを漂わせ、チョウなどの虫たちが集まってきます。

実が熟すと青緑色になり、やや赤みを帯びてくる萼(がく)との色合いが独特で

面白いものです。

 

==========

 

実際の植物観察会は、残念ながらまだ再開の見通しが立ちませんが、

こちらのブログを通して、引き続き自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

ボランティア| ほーぷavatar