武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

スタッフの紹介

名前   :ハム

2019年10月12日

【イベント中止のお知らせ】10/14(月・祝)小さな昆虫教室 バッタ、コオロギ、カマキリの研究2019

10/14(月・祝)に予定されていた野川公園の

「小さな昆虫教室 バッタ、コオロギ、カマキリの研究2019」は、

台風19号の影響による、園内の倒木・折れ枝等が予想されるため中止といたします。

楽しみにしていただいていた皆さま、申し訳ありません。

イベント,ボランティア| ハム

2019年9月28日

「森の地図フェスタ」を開催しました!(9/23)

 

春と秋に開催している、武蔵野地域をめぐる「森の地図スタンプラリー」が

第15回を迎えたことを記念して、野川公園にて「森の地図フェスタ」を開催しました!

 

野川公園サービスセンター周辺に、

地域の飲食店や地元名産品、ワークショップが集まり、多くの方で賑わいました☆

DSCN0093P1080475DSCN0096P1080516P1080547P1080589

 

サービスセンター入口前では来園者のみなさんに世界各地の花で彩る

フラワーウォール作りのお手伝いをしてもらいました!

P1080525DSCN0087

 

また、野川公園から武蔵野公園までをレンジャーと一緒に“お散歩”するエコツアー

「さんぽみちの木や花」を開催。

見頃を迎えている花や公園内の樹木についてみんなで見て回りました!

DSC_8251_001DSC_8234_001

 

野川公園では、今後もさまざまなイベントを予定しておりますので、

たくさんのご参加お待ちしております♪

公園のイベント情報はこちらからご確認ください。

イベント| ハム

2019年9月20日

自然観察園のヒガンバナ開花状況 (9/19)

 

9月19日(木)時点でのヒガンバナの開花状況です。

 

つぼみをつけているものがちらほらと見られますが

まだ背の低い花茎も多く、見ごろまでにはしばらくかかりそうです。

写真1

 

自然観察園に入って右手奥にある白花のヒガンバナは、5分咲きくらいです。

写真2

 

ツリフネソウ、キバナアキギリなどそのほかの秋のお花も次々と咲いていますので、

いろいろな秋のお花も合わせてごらんください。

写真3

(ツリフネソウ)

 

写真4

(キバナアキギリ)

季節の花、緑、生きもの| ハム

2019年8月30日

「アイタデ生葉染め」を実施しました!(8/25)

 

野川公園自然観察センターにて、「アイタデ生葉染め」イベントを開催しました!

 

アイタデは、野川公園緑の愛護ボランティアの会が4月に種まきをし、

約5か月間愛情をこめて育てました。

 

まずはシルクのストールに、結び目を作り模様付けを行います。

どこに、どんな模様がつくのか想像しながら作るとワクワクしますね♪

写真1

 

次に、きれいに洗ったアイタデの葉を一枚一枚摘み取り、染液をつくる準備をします。

 

摘み取った葉を手でもんだり、

写真2

 

ミキサーで撹拌したりしながら染液の完成!

写真3

 

結び目を付けたストールを液の中につけるとあっという間に緑色に!

写真4

 

10分ほど染液につけ、一度広げて空気に触れさせます。

その後、媒染液につけて、流水で洗い流すと…

あら、不思議!爽やかな青い色に大変身!

写真5

 

アイタデの葉の中に含まれる「インディカン」とういう物質が酸化し、

緑色から青色へと変色するそうです。

出来上がったストールは、世界にたった一枚のオリジナルストール☆

 

最後に参加者のみなさんと、記念撮影!

写真6=1

 

公園では、さまざまな形で自然と触れ合う事のできるイベントを開催しています。

ぜひ、HPや掲示板でチェックしてくださいね♪

イベント,ボランティア| ハム

2019年7月27日

自然観察園で体感!武蔵野の夏

 

いよいよ夏本番!

自然観察園では夏の花が次々と見ごろを迎えています。

 

入り口を入って右手を進むと、

ひときわ明るいオレンジ色の花がまとまって咲いています。

ノカンゾウです。

 

ノカンゾウの仲間は古くは「ワスレグサ」と呼ばれ、

嫌なことを忘れる、という意味があったそうです。

なぜ嫌なことを忘れるのか本当のところはよくわかりませんが、

確かに元気の出る色合いです。

 

もう一つオレンジ色の花をご紹介します。

キツネノカミソリ。

 

ノカンゾウはユリの仲間ですが、これはヒガンバナの仲間。

花びらが細く、花の咲く時期、葉がもう終わっていて、ないことが多いです。

湿ったところが好きで、はけ側の暗いところでよく咲いています。

 

花の咲く時期、葉が枯れてくるので有名な花をもう一つ。

ウバユリです。

花が咲くころ葉がないところを「歯がない」とかけて、「ウバユリ」となったそうです。

歯がなくなるのはおばあさんだけではないはず!と言いたくなりますが、

覚えやすい名前ですね。

花の咲くころ葉は古びているものの、まだあることが多いです。

大型で、林の中にあると存在感のある夏の花です。

 

花に訪れる生きものとの出会いも楽しい季節です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヒオウギに訪れたヒメウラナミジャノメと

 

写真5イヌゴマとクマバチ

イヌゴマに訪れたキムネクマバチ。

 

夏の観察園は武蔵野の生きものたちのパラダイス!

ぜひいらしてください。

季節の花、緑、生きもの| ハム

2019年7月25日

カブトムシの羽化報告会を開催しました!!(7/15)

 

3連休最終日のこの日、

自然観察センターでは「カブトムシの羽化報告会」を開催しました!

 

4月29日に行った「カブトムシの里親2019」に参加した方が対象のイベントですが、

今回は特別に当日参加を受け付け、総勢14名の親子が集まりました!

写真1

 

今回の羽化報告会ではカブトムシの成長について学ぶ内容を行いました。

 

カブトムシの体の特徴について観察したり、

写真3

 

自分が里親として育て、羽化したカブトムシの体重を測り、

幼虫の時との体重がどのくらい変わったか調べたりしました。

写真4

 

また、羽化直前の蛹の蛹室内の観察も実施。

なかなか見れない姿のため、子供たちも興味津々☆

写真5

写真6

 

観察した後は、羽化直前の個体が雄なのか雌なのかボランティアと一緒に確認しました。

みんな丁寧に、優しく蛹室をあけることができ、無事に観察が終わりました!

写真7

 

カブトムシは成虫を見ることが多いと思うので、

蛹の状態を見るのは貴重な体験だったのではないでしょうか?

 

 

これをきっかけに、野川公園にいろんな生き物を探しに来てもらえると嬉しいです。

お待ちしております!

イベント,ボランティア| ハム

2019年6月6日

【参加者募集中】布ぞうりをつくろう

野川公園自然観察センターでは、6月19日(水)に

「布ぞうりをつくろう」を開催します!

 

これからの季節に向けて、涼しさ満点の「布ぞうり」。

家に眠っている古布を使って作ってみませんか?

まだまだ参加者募集中です!

 

……★………★………★………★………★………★………★………★………★………★……

【日時】6月19日(水) 10:00~15:00

【場所】野川公園自然観察センター

【対象】小学5年生以上(小学生は保護者同伴)

【定員】18名(先着順)

【参加費】税込300円(材料費、保険料ほか)

【申込・お問合せ先】野川公園サービスセンター窓口、またはお電話(0422-31-6457)

 

※持ち物、服装等はチラシをご確認ください

……★………★………★………★………★………★………★………★………★………★……

 

ご興味のある方は、申込・お問合せ先まで気軽にご連絡下さい!

 

20190619布ぞうりをつくろうポスター-01

イベント,ボランティア| ハム

2019年5月12日

たくさんのこいのぼりが夢を乗せて泳いでいます♪

 

4月27日(土)~5月6日(月・祝)の10日間

野川公園では、こどもの日イベント「むさしのの空に夢をおよがそう」を開催しました!

 

「こどもの日」と聞いて思い浮かぶものは、子どもの健やかな成長や願いが込められた、

大空を優雅に泳ぐ「こいのぼり」の姿ではないでしょうか。

このイベントでは、こいのぼりに色を塗り、雲の中に「夢」を書いて、

青空ボードに貼りつけていきます!

 

みんなどんな夢を書いているのかな?

P1050778 P1050789

 

たくさんの方にご参加いただき、むさしのの空はこいのぼりでいっぱいになりました!

 

みなさんの夢を乗せたこいのぼりは、6月まで野川公園の自然観察センターにて

展示をしていますので、ぜひ見に来てくださいね。

P1060058

イベント| ハム

2019年5月3日

4月29日 「カブトムシの里親2019」を開催!

 

野川公園自然観察センターにて、

子ども達を対象にしたイベント「カブトムシの里親2019」を開催しました♪

 

カブトムシの幼虫の生態を学び、自分で幼虫の寝床を作り、

探し当てた幼虫を自宅に持ち帰り、羽化するまでを観察するというイベントとなっています。

今年も元気な子ども達が、里親として集まってくれました!

 

 

はじめに、このイベントで講師を務める「野川公園緑の愛護ボランティア」の方から

カブトムシの幼虫についての解説や作業の注意点を聞きます。

写真1

 

子ども達は、カブトムシの幼虫に興味津々!

写真2

 

その後、子ども達は幼虫の寝床作り!

ペットボトルの底に土を入れて、

写真3

 

野川公園で育った幼虫を、土の中から探して、

写真4

 

カブトムシの成長を見るために、体重測定も行います!

成虫になったら、体重は重くなるかな?軽くなるかな?

7月に行う、カブトムシの羽化報告会で、もう一度体重を測ります♪

写真5

 

最後に、栄養たっぷりの腐葉土を優しく被せてあげて終了です!

 

 

参加した子ども達は、ペットボトルを揺らさないように

大事に幼虫を持ち帰っていました。

 

今からカブトムシが成虫になるのを見るのが楽しみです!

イベント,ボランティア| ハム

2019年4月28日

自然観察センターで「ネイチャーウィーク」実施中!

ゴールデンウィークが始まりましたね!

野川公園自然観察センターでは「ネイチャーウィーク」と題し、

様々なイベントを行います♪

 

 

【4月27日~5月6日】

①「むさしのの空に夢をおよがそう」

こいのぼりに自分の夢を書いて、青空ボードに泳がせます!

※参加費無料

②「レンジャートーク」

パークレンジャーが、今見られる生きものの魅力を伝えます!

※11時と13時に、各回15分程の内容で行います。参加費無料。

 

【4月27、28日】

・森の地図スタンプラリースペシャルDAY

ミニカフェの他に、森の地図スタンプラリーのスペシャルコーナーもあります!

※時間 10:00~16:00

ミニカフェは商品がなくなり次第終了となる場合があります。

 

【5月5日】

・植物観察会

自然観察園に、見頃の植物を見に行きます!

※時間 13:00~14:30

歩きやすい服装と靴でお越しください。参加費無料。少雨決行。

 

 

野川公園に来た際は、自然観察センターにも遊びに来てくださいね★

※連休明けの、5月7日(火)は休館日となります。

(高画質)2019GWレンジャートーク‗修正版

イベント| ハム