武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

スタッフの紹介

名前   :ぺったんこ草

avatar

2015年9月16日

【自然観察園より】 ヒガンバナ開花状況  その②

9月16日現在の野川公園「自然観察園」のヒガンバナの開花状況です。

開花数もだんだん増え、見ごろが近づいています!

 

*******************************

オススメポイントは、下記のマップをご確認ください。

 

 

オススメポイント①:木道側の開花状況・・・5分咲き

 

オススメポイント②:南側園路側の開花状況・・・4分咲き

 

*******************************

自然観察園では、秋の花も次々開花を始めています。

こちらは、各場所で咲き始めたツリフネソウ。

 

ひょうたん池北側園路では、キバナアキギリが見ごろです。

ヒガンバナと合わせて、秋の花もぜひお楽しみください。

 

*******************************

下記は、9月の自然観察園の開園日のご案内です。

9月17日(木)~23日(木・祝)、25(土)~27日(日)、

29日(火)、30日(水)

は開園しております。

 

お問い合わせ先は、

都立野川公園サービスセンター(TEL:0422-31-6457)まで。

お気軽にお問い合わせください。

みなさまのご来園をお待ちしております。

 

季節の花、緑、生きもの| ぺったんこ草avatar

2015年9月15日

【自然観察園より】 ヒガンバナ開花状況ブログ始めます!

 

いつの間にかセミの合唱に変わり、

鳴く虫の音色が心地よく聞こえる季節になりました。

自然観察園では、ヒガンバナが開花し始めています。

見ごろを迎えると、雑木林の中は鮮やかな赤い絨毯を広げたようになります。

これから随時、ヒガンバナの開花情報をお知らせします。

野川公園にお越しの際は、ぜひご覧ください。

*******************************

 

9月13日現在の野川公園「自然観察園」のヒガンバナの開花状況です。

オススメポイントは、下記のマップをご確認ください。

 

オススメポイント①:木道側の開花状況・・・1分咲き

 

オススメポイント②:南側園路側の開花状況・・・ちらほら開花

 

ヒガンバナの見ごろは、まだ先になりそうですが

自然観察園では秋の花も楽しめます。

こちらは、トネアザミ。

 

林縁では、ミズタマソウの実が見ごろです。

 

入口付近に群生するシュウカイドウも見ごろを迎えました。

ヒガンバナと合わせて、秋の花もぜひお楽しみください。

 

*******************************

下記は、9月の自然観察園の開園日のご案内です。

9月15日(火)~23日(木・祝)、25(土)~27日(日)、

29日(火)、30日(水)

は開園しております。

 

お問い合わせ先は、

都立野川公園サービスセンター(TEL:0422-31-6457)まで

お気軽にお問い合わせください。

みなさまのご来園をお待ちしております。

 

季節の花、緑、生きもの| ぺったんこ草avatar

2015年9月15日

「アイタデ生葉染め」イベントを開催しました!

9月5日、野川公園自然観察センターにて、

「アイタデ生葉染め」イベントを開催しました!

 

アイタデの生葉で染めたストールは、爽やかな秋空のような色です。

アイタデは、野川公園緑の愛護ボランティアの会が4月に種まきをし、

約5か月間愛情をこめて育てました。講師も同メンバーです。

 

まず、きれいに洗ったアイタデの葉を一枚一枚摘み取り、染液をつくる準備です。

 

 

摘み取ったアイタデは揉んで、染液を絞り出します。

 

力がいる大変な作業ですが、揉みだすうちに深い緑色になってきます。

 

 

みんなでおしゃべりしながら行えば、大変な作業も楽しくなります!

 

 

そして、ビー玉や結び目で模様をつくった布を染めると…

深い緑色だった染液からは想像もつかない、爽やかな青い色に大変身☆

模様もさまざまで、世界に一枚だけのストールの完成です!

植物の中に眠る色の不思議と美しさには、本当に驚きます。

 

 

アンケートでは、「完成して感激!」「ボランティアの皆さんが、とても親切に教えてくださり分かり易かったです」「みなさん親切で、ボランティアの意義を感じとれました」「楽しかったです!」など嬉しいお言葉をたくさん頂きました。

 

最後に参加者のみなさんと、はいチ~ズ!

みなさん、とても素敵な笑顔ですね☆

 

 

 

公園では、さまざまな形で自然と触れ合う事のできるイベントを開催しています。

ぜひ、HPや掲示板でチェックしてくださいね。

 

 

イベント,ボランティア| ぺったんこ草avatar

2015年8月25日

【自然情報】 ドングリの小枝

暑かった夏も、少しずつ終わりに近づいてきました。

最近もう秋なのかなあ、ドングリが落ちてるぞ、

と思ったことはありませんか?

 

最近、こんなふうに落ちていることがよくあります

小枝もろとも落ちている・・・。

強い風でも吹いたのかな

持ち帰ってよく見てみよう。

 


 

風にしては枝の切り口がスパッとしています。

また、同じようなドングリ付き小枝を拾ってみると

ドングリのぼうしに小さな針でさしたような

傷があるのが共通しています。

この穴はなにかな?

だれのしわざかな?

 

 

 

じゃーん。

それはおそらくこの方です。

 

ちいさな昆虫だけど、力持ちで働きもの。

ハイイロチョッキリという甲虫です。

ドングリに卵を産み付けて、その小枝をかじって切り落とします。

ハイイロチョッキリのお母さんの大仕事。

 

お父さんはこの間なにしているのかな。

ずっとお母さんのそばにいて見張りをするなど協力しているようです。

もしかすると「フレーフレー」と言っているのかもしれませんね。

 

季節の花、緑、生きもの| ぺったんこ草avatar

2015年8月21日

特別展「パークレンジャーが大好きなえほん」 はじまりました!

野川公園自然観察センターにて、

特別展『パークレンジャーが大好きなえほん』を開催しております!

 

会場のようす。

この特別展は、先日発行された「むさしのパークライフマガジンVOL.3」の

テーマ「Park × 絵本」に関連した展示です。

 

自然をこよなく愛するパークレンジャーたちがおススメする、

自然の美しい描写の絵本や、自然を好きになった思い出の絵本、

自然の魅力を科学的に伝える絵本など、さまざまな絵本を紹介しています!

 

その他、パークレンジャーの紹介コーナーや

100冊を超える絵本コーナーもお楽しみいただけます!

 

そして、こちらのコーナー「もしも いきものとはなせたら」では

自分だけの1ページの絵本をつくることができます。

 

もしも、いきものと話せたら。。。

あたなたはどんな生きものと、どんな話がしたいですか?

 

好きな生きものの絵を描いて、吹き出しにコメントを書くだけで

あなただけの物語が生まれます!

 

たとえば下の絵は。。。

カエルさんと一緒にならんで、スイカを食べられたら愉快ですね~

想像するだけでワクワクします☆

 

こちらは、トラフカミキリさん。

スズメバチみたいな模様!本当に忍者みたい。

 

。。。などなど、自由に想像して楽しむことができます!

そして絵を半分に折ると、1ページだけの絵本のできあがり☆

 

この特別展を通して、みなさんが絵本から

今まで発見できなかった自然の新たな一面と出会えることができれば嬉しいです。

開催期間は10月31日まで!自然観察センターへ、ぜひ遊びにきて下さい!

 

イベント,園内施設の紹介| ぺったんこ草avatar

2015年6月29日

【自然情報】 もうすぐ、おとな!

自然観察センターの水槽コーナーに、こんな展示があります。

3月に自然観察園で、たくさんのニホンアカガエルの卵が産まれました!

4月にはおたまじゃくしになり、一部をボランティアやスタッフで飼育しています。

 

今はどうなっているかな? ちょっとのぞいてみよう!

あ、足がはえてる。

 

大きくしてみるとこんな感じです。

丸かったからだが細長く、少し角ばった感じになっています。

顔もとんがってきて、カエルっぽくなりました。

 

 

自然観察園の池にもいるはずですが

とても見つけにくいので観察センターに会いにきてくださいね!

 

 

 

季節の花、緑、生きもの| ぺったんこ草avatar

2015年6月29日

イベント「布ぞうりをつくろう」を開催しました!

自然観察センターにて、イベント「布ぞうりをつくろう」を開催しました!

お家で眠っている古い布を使って、布ぞうりを作るイベントです。

使わなくなったものを、再び役立つものへとリサイクル!

講師は、野川公園緑の愛護ボランティア手細工グループの皆さんです。

 

 

はじめに古い布を裂き、細くした布を上手に編んでいきます。

自分の体を使ってどこでも作れるので、誰でもすぐに始めることが出来ます!

 

 

ボランティアも丁寧にひとりひとりをサポート。

みんなで作業をすると、自然と話も弾んで会場はとても和やかな雰囲気でした。

 

 

「完成しましたよ~!」

参加者の方も美しく仕上がった布ぞうりに大満足!

 

 

参加者のみなさんからは「ひとりひとり教えて頂けたので安心して作れました!」

「とっても素敵な手作りの布草履が出来てとてもうれしいです!」

など嬉しいお言葉を頂きました。

 

 

最後に、参加者とボランティアで「はい、チーズ!」

みなさんとても素敵な笑顔ですね!

 

来年も開催する予定ですので、ぜひご参加ください。

イベント,ボランティア| ぺったんこ草avatar

2015年6月6日

【自然情報】 クリの花がみごろです!

初夏の青空に映えるクリの花!

そばを通ると、むっとするような香りがします。

この香りでいろんな虫を呼んでいます。

 

 

 

栗花落と書いて「ついり」(梅雨入りのこと)と読む地方があるそうです。

たしかに、もう梅雨はすぐそこまで来ていますね。

でも、今日はさわやかな風が花を揺らしていました!

 

 

この長い花、どうやってあのイガイガの実になるのでしょうか??

下の写真を見てみてください。

長い花は雄花。

花粉を出しています。

花粉を食べにコアオハナムグリが来ています。

コアオハナムグリの右横と、右斜め上にある丸っこい小さなのが雌花。

受粉すれば、秋にはあのクリの実になるはず!

無事に大きくなってね!

 

クリの花は、大芝生東八道路そばと北地区やなぎ橋近くで見られます。

季節の花、緑、生きもの| ぺったんこ草avatar

2015年6月1日

イベント「はじめてのサバイバル・ピクニック」初開催!

青空が気持ち良い野川公園にて、「はじめてのサバイバル・ピクニック」を

東京建築士会環境委員会さんと共同で開催しました!

このイベントは「あったらいいなをみんなでつくる公園プロジェクト」の一環で、

公園でこんなことできたらいいなぁというみなさんの声をきっかけに

実現したイベントです。野川公園でははじめて行いました!

講師は、ネイチャーワークスの長野修平氏。

身近にあるものでも災害時に役立つことを、楽しんで体験していただきました!

 

 

まずは、布や竹・シーツなどを使った「サンシェードづくり」!

 

家族みんなで協力し合いました。

 

 

小さな子どもたちも一生懸命!

 

 

大勢で協力すれば、大きなサンシェードも作れます!

 

 

サンシェード完成!

光の透け具合が違う3種類の布を使ってステキ!

みんなで考えたサンシェードの名前は「しずかな子どもの森」。

とても居心地がいいんだろうな~

 

 

みんなで頑張ってサンシェードを作ったあとは、

缶詰を使った「サバイバル・クッキング」でお昼ごはん!

ツナやイワシの缶詰のグラタンを作りました。

 

 

とても美味しかったです!

 

 

自分たちで作ったサンシェードでのお昼ごはんは最高!

 

参加者のみなさんからは「とても楽しい時間を過ごすことが出来ました!」

「色々と想像を働かせて考えるのが楽しかったです!」

「プロの建築士の方のご意見は大変参考になった!」など

たくさん嬉しいお言葉を頂きました。

 

 

最後は、記念写真!みなさん、いい笑顔!

 

 

 

公園にも、じつは災害時に備えた施設があります。

例えば、少年キャンプ場のある小さなイス。

普段は座るためのものですが、いざ!という時は釜戸に変身します。

また、水が止まってトイレが使えないときのために、防災トイレも設置しています。

 

 

いざ!というとき困らないように、

普段から防災の知識を身に付けることの大切さを学ぶ良い機会となりました!

イベント| ぺったんこ草avatar

2015年5月27日

イベント「春の虫をさがそう」が開催しました!

新緑の中を爽やかな風が吹き抜ける野川公園自然観察園で、

子ども達を対象にしたイベント「春の虫を探そう!」を開催しました。

 

 

今、草はらにはどんな虫たちがいるのでしょう?

みんなで春の虫を探しに行きました。

講師は、野川公園緑の愛護ボランティアの会・昆虫グループのメンバーです。

はじめは気がつかなかった草に隠れた虫も、よく観察するといるいる!

早速、網でつかまえた女の子。何をつかまえたのかな?

 

「なんの虫だろう?」虫めがねでよぉ~く観察!

 

 

分からないことは、講師のボランティアが丁寧にサポートしました。

 

 

見つけた虫は、自分で名前を図鑑で調べ「こんちゅうきろくシート」に記録しました。

 

 

草はらで、ヒメウラナミジャノメなどのチョウ類やナナホシテントウ、

ヒメギスの幼虫など37種の虫を見つけることが出来ました!

写真は、体長1cmほどのヒメギスの幼虫です。

 

 

「生き物の世界を愛し、探究することを子供たちに伝えていくという試みは

とても素晴らしい愛のある活動だと思います!」

「最高でした!勉強になりました!」など、たくさんの喜びの声がありました。

これからは、夏の虫がたくさん出てきます♪

また、虫を観察しに公園へ遊びに来てくださいね!

※自然観察園の柵内は保護区域となり、普段はお入り出来ませんのでご了解ください。

イベント,ボランティア| ぺったんこ草avatar