武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2022年7月8日

おうちで植物観察会~2022年7月編①~

新型コロナウイルス感染症拡大や猛暑により

中止が続いている自然観察園の人気イベント『植物観察会』。

 

2022年9月から再開予定となっていますが、

引き続き、皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』をお届けします!

 

この企画では、

「野川公園緑の愛護ボランティアの会」が作成してくださっている

「花だより」(自然観察園・野川公園サービスセンターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。 

 

==========

7月前半の自然観察園は、

チョウやトンボなどの生きものが多く見られるようになり、

早くもニイニイゼミの声が響き渡っています。

また、夏の花が次々と咲き始めていますので、

その中から3つ取り挙げてご紹介したいと思います♪

 

①ノカンゾウ

学名:Hemerocallis fulva var.disticha

科名:ワスレグサ科

ノカンゾウ

 

自然観察園内では、「のかんぞうの里」で、

今年も明るいオレンジ色の花を咲かせています。

ノカンゾウが咲くと、いよいよ本格的な夏の到来です。

 

花びらは6枚で、ユリのようなラッパ型の花を咲かせます。

一つの花はたった一日でしぼんでしまうのですが、

同じ株にいくつも蕾をつけていて、

一つの花が終わるとまた次の花が咲き出します。

 

この花には、

長いストロー状の口を持つチョウの仲間がよく訪れます。

下の写真に写っているのはナガサキアゲハです。

翅に花粉をたくさんつけているのがわかります。

蜜をもらう代わりに花粉を運ぶ役目をしているようですね。

 

ノカンゾウとチョウ

 

②オオバギボウシ

学名:Hosta sieboldiana

科名:クサスギカズラ科

オオバギボウシ

 

梅雨時になると、

爽やかな白~淡い紫色の花を何段にも重ねて咲かせ、

少し暗い林の中でよく目立ちます。

また、茎の下の方には、

縦に筋が入った大きな卵型の葉を

放射状につけるのが特徴的です。

 

花の下についている小さな葉のようなものは、

「苞(ほう)」と呼ばれますが、

蕾が出る前は、苞が茎の上の方で重なり合って、

星のようにも見える不思議な姿を見せます。

 

自然観察園には、似た花で「コバノギボウシ」もありますが、

オオバギボウシより一回り小さくて紫色が濃い花を咲かせます。

 

③ハエドクソウ

学名:Phryma leptostachya ssp.asiatica

科名:ハエドクソウ科

ハエドクソウ 

梅雨時から夏の間までずっと咲いている

花期の長い花です。

実は有毒植物で、

根を煮詰めてハエトリ紙を作っていたところから、

ハエドクソウの名がついたと言われています。

 

長い茎の途中から向かい合わせで1本ずつ茎が伸びて、

それぞれの茎の先にとても小さな白っぽい花をつけます。

近づいてよく見ると、

上品な紫色の筋が入った

なんとも可愛らしい花です。

 

咲き終わった花は実へと姿を変え、

下の写真のように、花の下の方に並びます。

この実は先端が伸びてカギ状になり、

人の服や動物の毛にくっつき、

遠くまで種を運びます。

 

 

==========

 

実際の植物観察会は、2022年9月から再開予定ですが、

ブログでも引き続き、自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

ボランティア| ほーぷavatar

2022年7月2日

【イベント中止のお知らせ】 7月3日(日) 植物観察会@野川公園について

7月3日(日)に野川公園で開催を予定しておりました
イベント「植物観察会」につきまして、
高温が予想されるため中止いたします。
心待ちにしてくださった皆様方には、誠に申し訳ございません。

 

なお、次回の植物観察は、
9月4日(日) 11時より、開催を予定しております。
参加申込みの受付は、8月9日より下記の電話のみにて受け付けております。
詳細は、後日、園内に掲示予定の ポスターをご覧ください。
また、当日の申込受付はできませんので、予めご了承ください。

 

< 問合せ先>
野川公園自然観察センター
℡ 0422-31-9033
受付時間:9時30分~16時30分、月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)を除く

イベント| ぺったんこ草avatar