武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2022年6月15日

おうちで植物観察会~2022年6月編~

新型コロナウイルス感染症拡大により

中止が続いている自然観察園の人気イベント『植物観察会』。

 

2022年7月から再開予定となっていますが、

引き続き、皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』をお届けします!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察園・野川公園サービスセンターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。

 

 

==========

6月の自然観察園は、緑がより深まる一方、

夏の花が始まるまで花の数が少なくなっています。

そんな中、最近咲き始めた植物がありますので、

3つ取り挙げてご紹介したいと思います♪

 

①ムラサキシキブ

学名:Callicarpa japonica

科名:シソ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

雑木林や山野に見られる落葉低木で、高さは1.5~3mほどです。

自然観察園では、入口を左手に少し進んだところに何本か見られます。

 

花は5mm以下と小さいですが、花びらの紫色がよく目立ちます。

また、黄色い4本の雄しべと、少し長い白い雌しべも目を引きます。

自然観察園ではまだ咲きはじめで、これから見ごろを迎えます。

また、秋には綺麗な紫色の実を付けます。

 

②ヤマホタルブクロ

学名:Campanula punctata var. hondoensis

科名:キキョウ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

山野に生える高さ30~80cmほどの植物です。

名前の由来は、「ホタルが出る頃に咲くから」、

「子どもがこの花にホタルを入れて遊んだから」、

「提灯(火垂る袋:ほたるぶくろ)に形が似ているから」、

など諸説あります。

 

自然観察園では、七草山周辺で咲き始めています。

同じ仲間のホタルブクロも自然観察園には見られ、

もう少しすると花を咲かせます。

どちらも似た形の花ですが、

花の付根にある萼(がく)の形が

反っているかいないかで区別がつきます。

 

③オカトラノオ

学名:Lysimachia clethroides

科名:サクラソウ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

高さ60~100cmほどになる植物で、

地下茎を横に伸ばして増えます。

「虎の尾」のような長い穂状の花が

台地などの草地に生えることが名前の由来と言われます。

 

ひとつの花は5mmほどで、

下から上に向かって順番に花を開いていきます。

自然観察園では、どの株もまだ咲きはじめで、

これから花数が増えてきそうです。

 

==========

 

実際の植物観察会は、2022年7月から再開予定ですが、

ブログでも引き続き、自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

 

ボランティア| ほーぷavatar