武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2022年4月13日

おうちで植物観察会~2022年4月編①~ 

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言は解除されたものの、

自然観察園の人気イベント『植物観察会』の開催再開はもう少し先。

 

再開までの期間、

皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』をお届けします!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察園・野川公園サービスセンターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。

花だより 4月no.1_page-0001 順路図4月no.1_page-0001

※4/13現在、かたくり山とかがみ池は木道工事中のためご覧いただけません。

ご迷惑おかけしています。こちらのブログも合わせてご覧ください。

 

==========

寒かった3月が終わり、段々と暖かくなってきました。

4月前半の自然観察園は、

草花や樹木の花が一気に開花して、

春まっさかりとなっています。

その中から、3つの花を取り挙げて紹介したいと思います♪

 

①フデリンドウ

学名:Gentiana zollingeri
科名:リンドウ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

日当たりの良いところに生える、

高さ10cm程度の小さな植物です。

花が閉じている様子が筆の先のように見えることから

この名前がついたと言われています。

 

自然観察園内ではきんらんの里で多くの花が見られます。

また、自然観察園外でも、

野川公園の南地区・北地区それぞれに

「生物多様性スポット」というフデリンドウの保護エリアがあり

多くの花を見ることができます。

 

天気が悪いと花を閉じるので、

天気の良い日を狙って観察に来ることをおすすめします。

 

②ヤマブキソウ

学名:Hylomecon japonica

科名:ケシ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

山野の林内に群落をつくって生育する、

高さ40cm程度になる植物です。

 

自然観察園内では、ひょうたん池の奥で群落をつくり、

ニリンソウやラショウモンカズラなどと並んで見られます。

 

低木のヤマブキに

花の形や色が似ていることからこの名前がついたと言われ、

クサヤマブキという別名もあるようです。

大きく鮮やかな色をしていて目立つ植物です。

 

③ウラシマソウ

学名:Arisaema thunbergii subsp. urashima

科名:サトイモ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

茶色く不思議な形をした花のようなものが見られます。今の時期、

これは花ではなく、葉っぱが変形してまるで花のように見える

「仏炎苞(ぶつえんほう)」というものです。

ウラシマソウの他に、ミズバショウも仏炎苞を持つことで有名です。

 

ウラシマソウは、

この仏炎苞から細長いひも状のものが伸びているのが特徴で、

浦島太郎が釣り糸を垂らしている姿に見えることから

この名前がついたと言われます。

 

自然観察園内では、ひょうたん池の奥で見られます。

また、近くにはムサシアブミという植物もあり、

これも仏炎苞を持っています。

 

==========

 

実際の植物観察会再開まで、

このブログを通して、自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

 

ボランティア| ほーぷavatar