武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2021年7月6日

おうちで植物観察会~2021年7月編①~

新型コロナウイルス感染症拡大により、

昨年から中止が続いている自然観察園の人気イベント『植物観察会』。

 

「いつ再開するの?」「再開が待ち遠しい!」といった皆様の声を聞き、

再開までの期間、皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』を行うことにしました!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察センターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。

 

 

==========

7月の自然観察園は、夏の花が増え、色鮮やかに彩られつつあります。

その花々の中から、少しではありますが見ごろの植物をご紹介します♪

 

①ノカンゾウ

学名:Hemerocallis longituba

科名:ワスレグサ科

 

 

現在、園内で美しい黄色が一際目立つのがこの「ノカンゾウ」です。

漢字では「野萱草」と書き、中国名の「萱草」を音読みにしたものです。

他のカンゾウの仲間と区別するため「野」を付けて表記します。

別名「忘憂草(ぼうゆうそう)」とも呼ばれ、中国などでは、

この花を身につけると悲しみや辛いことを忘れられるという言い伝えがあるそうです。

 

②チダケサシ

学名: Astilbe microphylla

科名:ユキノシタ科

 

 

夏から秋に発生するチチタケ(キノコの一種)をこの茎に差し持ち歩いたことから

「チチタケサシ」、それが段々と「チダケサシ」に変わっていったと言われています。

淡いピンク色の花がとても愛らしい植物です。

 

③オオバギボウシ

学名:Hosta montana

科名:クサスギカズラ科

 

 

日本の伝統的な木の橋には欄干(らんかん)があり、

その先端の飾りを「擬宝珠(ぎぼうしゅ)」と言います。

ギボウシの仲間は、つぼみがこの「擬宝珠(ぎぼうしゅ)」に似ていることから

名づけられました。

葉が大きいギボウシ、なので「オオバギボウシ」と呼ばれています。

 

==========

 

実際の植物観察会は、残念ながらまだ再開の見通しが立ちませんが、

こちらのブログを通して、引き続き自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

ボランティア| ほーぷavatar