武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2017年1月27日

梅林のモズ

野川公園の梅林、早咲きのウメが少しずつ咲いてきました。

まだ、白いウメばかりですが、

あたりに上品な花の香りが漂っています。

ウメの枝に止まっていたのはモズのオス。

なわばりを守っているつもりなのか、近付いてもなかなか逃げませんでした。

 

寒い冬ですが、野鳥観察には最適の季節です。

早春の花と冬の鳥を探しに来てみませんか?

 

 

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃんavatar

2017年1月15日

冬の妖精セツブンソウ

自然観察園内で、小さな早春の花、セツブンソウが咲きだしました。

繊細な青白い花は、冬の妖精と呼ばれることも。

わずかな数の花が早く咲くのは珍しくないのですが、今年はもう20個くらいはつぼみをつけています。

 

セツブンソウは1月から2月ごろ咲いて、ゴールデンウィークごろには葉っぱも地上から姿を消していきます。ほんの少しの間地上に現れ、その間の日差しで栄養を根に蓄えます。そのため、この小さな花が咲くまで数年かかってしまいます。特に、最初の一年は丸い小さな葉っぱを一枚出すだけ。よく見てみると、その葉っぱもみつけることができるかもしれません。

自然観察園に会いに来てくださいね。

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃんavatar

2017年1月14日

ロウバイが見ごろです

寒いですね!

一年でもっとも寒い冬の時期ですが、そんな中でも開く早春の花、

ソシンロウバイが見ごろを迎えています!

自然観察園内や、一之橋南口など、園内各所で、

独得の甘い香りの花を楽しめます。

香りに誘われて顔を近づけると、花の中が見えました。

よく見るとちょっと違っています。

 

まず咲き始めは雄しべが開いています。

それから雄しべがくっついて一本の棒のようになり

花粉を出しています。

花粉が出ているのがわかりますか?

最初に外から花粉を受けられるように雄しべが開き

もし外から来なかったら自分の花粉で受粉する仕組みのようです。

 

おまけ

これはまだ開いてはいないようですが

自然観察園内で、こんなお花も見られます。

ハンノキです。

ミニタワシのようなのは昨年の実。

ぶら下がっているソーセージのようなのが

雄花です。

 

北風の中で咲く花たちにぜひ会いに来てくださいね。

季節の花、緑、生きもの| ぺんぎんavatar

2017年1月1日

あけましておめでとうございます

2016年4月から武蔵野の都立公園グループ第2期が始まりました!

2017年も私たち、西武・武蔵野パートナーズは

皆さまと人、自然、まちが元気になる公園づくりを進めます。

 

旧年中は野川公園にご来園いただきありがとうございました。

公園での時間をゆっくりとお過ごしいただけるよう、

スタッフ一同、例年にも増して尽力する所存ですのでよろしくお願いいたします。

本年が皆さまにとって、良い年となるよう祈っております。

 

新年は1月4日から平常営業とさせて頂きます。

2017年 元旦 スタッフ一同

2017年賀状

その他| 虫目ちゃんavatar