武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2016年1月29日

「むさしのカレッジ じっくり冬芽観察&ゆったり冬芽ブローチづくり」開催!

 

 

野川公園にて、むさしのカレッジ2015・第2弾を開催しました!

「むさしのカレッジ」は、「暮らしの中で自然とのつながりを育む場」を

コンセプトに、武蔵野エリアに暮らす人たちが、もっと自分の住む地域のことを

知ってもらうきっかけをつくりたい!という想いで始めました。

 

今回は冬をどんな風に楽しんだら面白いかを考え、「冬芽」をテーマにしました。

イベントでは冬芽の観察を行ったあと、「冬芽ブローチ」を作りました。

 

 午前中の講師は、野川公園でパークレンジャーをしている山田レンジャー。

野川公園にある自然観察園を歩きながら、

冬芽のしくみや形の面白さ等についてお話を聞きました。

 

観察した冬芽のひとつ「ガマズミ」。

葉が落ちたあとが、顔に見えるのが面白いですね。

顔の上にあるのが冬芽です。

冬芽の中には、葉や花の赤ちゃんがスヤスヤと眠っています。

冬芽は、樹木によってみんな違うので観察すると大変面白いです!

 

お昼をはさみ、午後からは冬芽のブローチづくり!

講師は、武蔵中央公園でパークレンジャーをしている矢口レンジャーです。

 

午前中の観察をもとに、自分でデザインをした冬芽のモチーフを

羊毛フェルトで刺繍をちくちく。

 

どんなブローチができるのか、わくわく!どきどき!

 

みんなでゆったりした時間を味わいながら、穏やかな雰囲気で作業が進みました。

 

そして、できあがった「冬芽ブローチ」はこちら!!

世界に一つだけのブローチです☆

 

 参加者の方から「観察とクラフトのバランスが良く、

半日気持ち良くすごせました!」「ブローチのデザインを考えるのに、

じっくりと冬芽を観察できたことが良かったです!」など

嬉しいお声をたくさん頂きました!

 

じっくりと観察することで身近な自然の面白さに気づき、

見たものを形にすることで愛着もさらに増すことを実感しました。

まだまだ寒い日は続きますが、みなさんも自然を暮らしに取り入れながら

冬の季節を楽しく過ごしてみませんか?

イベント| ぺったんこ草avatar