武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2015年12月24日

クリスマス☆ガイドウォークを開催しました!

冬の澄んだ青空が広がった1220日。もう少しで待ちにまったクリスマス!

今回、パークレンジャーがサンタクロースに変身して、

クリスマスガイドウォーク「昆虫たちの冬越しのすがたを見に行こう!」を

開催しました!

夏や秋にたくさん観察した昆虫たちは、冬の間どんな姿で、どこにいるのでしょう?

みんなで観察に出かけました。


早速、「オオカマキリの卵のう」を発見!

オオカマキリは、卵で冬を越すのですね。

でも、こんなに風があたる場所、寒くないのかな?

触ると、まるで硬いスポンジのようです。

 

お母さんカマキリは、秋、枯枝などに逆さまにつかまり、

おしりから出した粘液を泡立てて、その中に卵を産みます。

粘液が乾くと、固まってスポンジのようになり、寒さや乾燥から卵を守ります。

 

こちらは去年の卵のうを、半分に切ってみたもの。

真ん中にあるのが卵です。

まるで、ダウンジャケットのように卵を暖かく包み込んでいるのですね。

これなら、厳しい冬にも耐えられそう!

お母さんが子ども達に残した心のこもったプレゼントです。

 

そして次は、樹名板の裏をのぞいてみると・・・

「わあああ!」とみんなビックリ仰天。

クヌギカメムシの卵から、ヨコヅナサシガメの幼虫など様々な昆虫が

身を寄せ合って寒さに耐えていました。

こんなわずかな隙間も、彼らにとっては大切な冬のお家になります。

 

 

また、ばったランドの草はらでは、越冬するクビキリスをみんなで探しました。

 

多くのバッタの仲間は、土の中や草の茎に卵を産んで越冬しますが、

クビキリギスは成虫で冬を過ごし、春から初夏にかけて産卵し夏に孵化します。

厳しい寒さが続く間は、枯草の下や草の株元でじっと春を待ちます。

「はやく暖かくならないかな~」って声が聞こえてきそう。

 

冬の間、姿がなかなか見えない昆虫たちですが、

厳しい寒さに耐えながら、次の季節へ命を絶え間なく

つないでいることが分かりました。

小さな命ですが、とても逞しく力強く感じます。

 

ぜひ、みなさんも冬の昆虫と出会いに公園に遊びに来てください。

イベント,季節の花、緑、生きもの| ぺったんこ草avatar