武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2015年10月28日

【10月28日】職場体験日記

職場体験に来ている中学生です。

今回は、代わりにブログを書かせていただきました。

 

この記事を書くために野川公園の北地区を約40分周り、見つけた昆虫がこれです。

 

このバッタはバッタランドという所で見つけた「コバネイナゴ」です。

人に慣れているのか近づいても逃げようとしませんでした。

 

次に見つけたのが・・・・

 

派手にボケていますが。。。

このトンボは野川に架かるさくら橋で見つけました

細い棒の上に止まっていて飛んだ後もここに戻ってきてその棒に止まり続けていました。

 

見つけた昆虫は他にもいましたが、撮ることが出来たのはこの2匹だけでした。

この他にも色々な種類の虫や鳥がいるので、ぜひ自分で探してみてください。

 

園内施設の紹介,季節の花、緑、生きもの| はせavatar

2015年10月26日

野川公園瓦版№3発行しました!

今月は維持管理スタッフより『野川公園のちょっとユニークな木の実』と、受付スタッフより『27年度上半期忘れ物ワースト3』、そしてスズメバチの巣駆除戦果の紹介です♫

 

普段縁の下の力持ち状態の維持管理業務や受付業務スタッフが、今の時期どんな仕事をしているのか、また園内お勧め風景やお宝写真などをゆる~く楽しくお伝えできたらと思います。

 

発行は月一回・・・を目標に不定期で(笑)、スタッフ皆でネタを出していきたいです(^^)/

 

 

 

正門掲示板、BBQ掲示板、サービスセンターロビーに張り出しましたので、ぜひご覧ください♪

園内施設の紹介| ケムケムavatar

2015年10月25日

「バッタ・コオロギ・カマキリの研究」が開催されました!

澄みわたる秋空が気持ちの良い季節となりました。

野川公園自然観察園では、子どもたちを対象にした

「バッタ・コオロギ・カマキリの研究」が開催されました。

講師は、野川公園緑の愛護ボランティアの会・昆虫グループのみなさんです。

 

自然観察センターで昆虫のお話を聞いてあと、

自然観察園の草はらで

どんなバッタやコオロギ・カマキリがいるのか見に行きました。

草はらに出ただけで、何がいるのかワクワク!

 

 


「あっ、いた!!」

目をキラキラさせて、素早く反応する子ども達。

 

 

 

草の根元近くにはエンマコオロギ、

少し草丈が高くなるとオンブバッタやクビキリギス・コバネイナゴなど

様々な生きものを見つけることが出来ました。

 


見つけた生きものは、講師のボランティアがどんな生態かを丁寧に説明し、

子ども達も一生懸命聞いていました。

実際に、自分で生きものを探して見つけることで楽しさを感じ、

生きものへの興味を深めてくれたようです。

アンケートでは「虫を触れるようになりました!」

「たくさんの虫と触れ合えて楽しかったです!」など

嬉しいお言葉をいただきました。

 

 

今回はイベントということで自然観察園内での昆虫の採集を許可しており、

通常は動植物をとることはできませんが、

野川公園には「ばったランド」という場所があります。

「ばったランド」は、バッタなどの生きものが暮らせる場所を残すために

わざと草を刈り残してある場所です。

自由に出入りすることがで、生きもの達との触れ合いを楽しむことができます。

 

 

バッタ類は、今がハイシーズン!ぜひ公園へ遊びに来てくださいネ!

イベント,ボランティア| ぺったんこ草avatar