武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2015年3月1日

【自然情報】大芝生のヤマガラ

 

大芝生のエゴノキのタネは、ヤマガラのお気に入り。

 

 

今はタネが地面に落ちているので

ヤマガラも地面に下りてひたすらタネをゲット!

このあとは木の上にタネを運んで

足で押さえてくちばしでつついてからを割っていました。

皆さんもかわいいヤマガラに会いに来ませんか?

 

*おまけ*

この実のなかはどんなになっているのかな?

さぞかしおいしそうな実がつまっているに違いない!

そう思ってかじったスタッフがいました。

なんと中から虫が出てきてびっくり。

ゾウムシの幼虫だったようです!

その話を聞いてためしにペンチで数個割ってみました。

7つのうち5つも幼虫でした。

ヤマガラはタネの中身ではなくて虫を食べていたのかな?

季節の花、緑、生きもの| ぺったんこ草avatar

2015年3月1日

イベント「冬越しの虫の観察会」を開催しました!

野川公園自然観察センターにて、子ども達を対象にしたボランティア主催イベント

「冬越しの虫の観察会」を開催しました!

講師は、野川公園緑の愛護ボランティアの会・昆虫グループのメンバーです。

夏、たくさんいた昆虫たちは、冬になりどこへ行ってしまったのでしょう?

 

 

まずは、自然観察園の木に巻いた「こも巻き」を調べに行きました。

こも巻きとは、松を害虫から守るための伝統的な駆除手段の 一つで、

ワラを編んだものを冬のあいだ木に巻きつけます。

これは、冬になると寒さと乾燥から身を守れる場所へ移動する

昆虫の習性を利用したものですが、

今回は冬越しする昆虫を観察するために巻きました。

 

 

こも巻きを開けてみると・・・

幹の割れ目に、成虫のナミテントウが寄り添って固まっていました。

ジッと寒さに耐えているようにみえますね。

 

 

自然観察センターに帰り、さらに中をよく調べてみると、

クモやカメムシの仲間をたくさん見つけることができました。

「こんなにいるんだっ」とみんなもビックリ!

 

次に、朽木を割って中を調べてみました。

すると、中から白い幼虫が・・・コクワガタです。

よく見ると、小さいながらも立派な顎ですね。

 

冬の公園でも、こんなにたくさんの昆虫たちと出会えました ♪

他にも、木の洞や落ち葉の裏などで冬越しする昆虫もいます。

ぜひ、公園に来てみなさんも探してみて下さい。

 

※自然観察園の柵内は保護区域のため、

    普段はお入りいただけませんのでご了承ください。

イベント,ボランティア| ぺったんこ草avatar