武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2015年3月30日

「平成27年度 ボランティア募集説明会」 を開催しました!

自然観察センターにて、「緑の愛護ボランティア募集説明会」を開催しました!

緑の愛護ボランティアは、野川公園内にある自然観察園で雑木林や野草の手入れ

などの活動を行っています。

今回は、年に1回行うボランティア募集のための説明会です

 

 

自然観察園は、国分寺崖線に接した豊かな自然と水に恵まれ、さまざま植物や

鳥・昆虫などが集まります。こうした生きもの達がすみやすい環境を作ること、

また武蔵野の自然環境を保全する目的として活動しています。

「都心に近い場所にありますが、自然に触れ合えるとても素敵な公園なんですよ!」


 

 

説明会では、昨年入られたボランティアから

一年間活動に参加しての感想も話して頂きました。

「緑の中で行う作業は、気持ちがリフレッシュし達成感も得られますよ!」

「生きものについて分からないことは、先輩ボランティアが丁寧に

教えてくれるので大変勉強になります!」など

初めてでも自分のペースで楽しく活動をしている様子に、

参加者の方も安心されたようでした。

 

最後は、活動場所となる自然観察園をみなさんと見学し、説明会を終了しました。

 

なんと今回参加した方13名全員、ボランティア登録して下さいました!

4月から新たなメンバーとともに、活動を盛り上げて行きたいと思います。

 

 

ボランティア活動にご興味のある方は、

野川公園自然観察センター(☎0422―31―9033、月曜休み)まで

お問合せください。

 

イベント,ボランティア| ぺったんこ草avatar

2015年3月29日

イベント「春の日まつり」を開催しました!

梅林のウメが咲き誇る野川公園で「春の日まつり」を開催しました!

 

 

春の心地良い陽気と、JAZZの素敵なメロディにまったり。

 

 

ライブ前のカフェスペースで、青空を仰ぎながら

ゆったりコーヒーを一杯なんて贅沢な時間。

 

 

地元のアーティストをお呼びした4つのワークショップでは、

親子で楽しめるクラフト作り!

 

 

こちらは、「そらとぶ!クルクル草」の作品。

放り投げると周りながら宙を飛ぶ紙でできた「クルクル草」を作りました。

 

 

今回、新たに大人向けのお洒落な貸本屋さんbooksCAMP」も登場!

野外で大きなソファに腰をかけて、好きな本を読むなんて最高!

 

 

その他には、パークレンジャーによる五感を使って自然を楽しむ

「ガイドウォーク~春を探しに行こう♪ ~」も行いました。

雑木林で野鳥の恋の歌を聞いたり、春先に咲くコブシの香りを嗅いだり、

春を思い切り楽しみました。

 

 

むさしの PARKCAFÉ」では、近隣でカフェを営む「スプンフル」さんが

今回初めて公園に出張に来てくださいました。

「どれにしようか迷うな~」

 

 

参加者の方からは、

近所の公園ですが、非日常な空間や時間をゆったりと過ごすことができ楽しかった!」というお声をたくさん頂き大盛況でした!!

 

次回は、11月ごろに「春の日まつり」を予定しております。

ぜひ皆さまも、公園の自然を満喫しながらのんびり楽しみに来てください。

お待ちしております!

イベント| ぺったんこ草avatar

2015年3月28日

サクラの状況

今日は午前中は曇っていましたが、午後から陽ざしが降り注ぐようになり、とても暖かな午後になりました。

野川公園のサクラはまだつぼみが多く、木全体がピンク色に見えます。

つぼみはこんな状態。

 後ろに咲いている白い花はコブシです。

今年はコブシの花が長く咲いており、少年キャンプ場ではサクラとコブシの花を楽しむことができます。

 この他、クサボケの花も綺麗に咲いています。

 こんな花がどこに咲いているのか探すのも、公園の楽しみ方の一つですね。

季節の花、緑、生きもの| こはんみょうavatar

2015年3月27日

【自然情報】春の妖精に会いに来ませんか

自然観察園では、アズマイチゲ・ニリンソウなど

“春の妖精”と呼ばれる花たちが咲き始めました。

春の妖精たちは雑木林が大好きです。

<アズマイチゲ>

 

<ニリンソウ>

 

 

林の中はふつう暗いようですが、冬から早春にかけては葉が落ちて

日差しが明るく地面まで届きます。

この早春の日差しを利用して、春の妖精たちが花を開きます。

木々の葉が茂って林が暗くなるころ、春の妖精たちは姿を消します。

この短い期間にしか姿を見せないところから、

“春の妖精”と呼ばれるようになりました。

 

これから1~2か月は、1週間で全くようすが変わるほど、

植物は萌えわたり、花は次々と移り変わり、

溢れる生命力を実感できるときでもあります。

 

今の時期にしか出会えない春の妖精に、ぜひ会いに来てください。

季節の花、緑、生きもの| ぺったんこ草avatar

2015年3月27日

お花見ルール

ソメイヨシノが咲き始め、お花見シーズンがやってきました。

公園にお越しの際は、お花見ルールを守ってお花見をお楽しみください。

ご協力よろしくお願いいたします。

◆◆◆むさしのの都立公園 桜情報◆◆◆

 

http://musashinoparks.com/season/

 

むさしのの都立公園 桜の最新情報を発信しています♪

 

その他| ささじavatar

2015年3月15日

春の足音

野川公園は今日まだ曇っていますが、だんだん気温は上がってきているようです。

そんな中、大芝生の西側のクマシデが芽吹き始めているのに気が付きました。


少しづつ春が近づいてきているようです。

梅林は今日も見頃が続いています。

この梅林では3月22日に春の日まつりが開催されます。

皆さん是非来てくださいね!

イベント,季節の花、緑、生きもの| こはんみょうavatar

2015年3月13日

減災クイズ&防災ワードラリー参加して防災グッズをもらおう!

野川公園サービスセンター内展示ホールでは、東日本大震災を鑑み、「がんばろう日本 そなえパークの日」イベントを開催しています。

展示ホールでは防災のことがかんたんに学べるクイズコーナーや園内の地域の防災のことがわかるコーナーを展開していますよ!

 

「ぼうさいずきんちゃんの減災クイズ」は親子で一緒に防災や災害時のことを楽しくまなべるコーナーです。「いざ」というとき役立つヒントが盛りだくさんですよ!

 

防災ワードラリーは公園内の中にある防災施設をめぐるラリーイベントです!普段つかっている公園施設が災害時にはとっても役立つ防災施設に変身しちゃいます。各ラリーポイントにあるキーワードをそろえると「ある言葉」が浮かんできますよ!ぜひ挑戦してみてください!

 

減災クイズと防災ワードラリーに参加すると防災グッズをプレゼントしています。

 

減災クイズのノベルティには非常食用クラッカー&ウエットティッシュ。非常食というとお味が今一つというイメージがあったのですが、皆で味見してみたらリッツみたいな味わいで美味しくてビックリ!

 

防災ワードラリーのノベルティは呼子笛です。
鳴らしてみたら軽い息でも「ピーーーっ」と良く響いて、小さなお子さんや深呼吸出来ない状況でも居場所を知らしめるのにとても役立ちそうです。

 

 

また今回は調布市都調布消防署のご協力により、地域防災コーナーも展示中です!調布市の周避難施設などが掲載された防災マップや貴重な活動記録写真をみることができますよ!

 

調布市防災マップなど役立つ資料も配布していますよ!

 

その他、災害時に役立つお皿やコップがつくれる折り紙コーナーや公園で開催しているイベントや取組みを紹介した防災ギャラリーなどなどもお楽しみいただけます!

 

さらにさらに!週末には、クイズとラリーのノベルティとして『非常食山菜おこわ』試食もプラスされます!ぜひ週末は野川公園で防災イベントにチャレンジしてみてください!

サービスセンターの展示ホールで、8時30分~17時30分
3月21日(土)までになります。ふるってご参加ください!

イベント,園内施設の紹介| ケムケムavatar

2015年3月12日

【自然情報】 春が来た!梅の花見ごろです!

梅林の梅が見ごろを迎えました!

 

 

野川公園の梅林は広々した大芝生の一角にあって

大きくのびのび枝を広げた木が多いので

みごたえがあります!

白、桃色、紅色、それぞれ満開で

色のハーモニーを織りなしています。

梅の木の下で一足早い春爛漫を満喫しませんか?

 

季節の花、緑、生きもの| ぺったんこ草avatar

2015年3月1日

【自然情報】大芝生のヤマガラ

 

大芝生のエゴノキのタネは、ヤマガラのお気に入り。

 

 

今はタネが地面に落ちているので

ヤマガラも地面に下りてひたすらタネをゲット!

このあとは木の上にタネを運んで

足で押さえてくちばしでつついてからを割っていました。

皆さんもかわいいヤマガラに会いに来ませんか?

 

*おまけ*

この実のなかはどんなになっているのかな?

さぞかしおいしそうな実がつまっているに違いない!

そう思ってかじったスタッフがいました。

なんと中から虫が出てきてびっくり。

ゾウムシの幼虫だったようです!

その話を聞いてためしにペンチで数個割ってみました。

7つのうち5つも幼虫でした。

ヤマガラはタネの中身ではなくて虫を食べていたのかな?

季節の花、緑、生きもの| ぺったんこ草avatar

2015年3月1日

イベント「冬越しの虫の観察会」を開催しました!

野川公園自然観察センターにて、子ども達を対象にしたボランティア主催イベント

「冬越しの虫の観察会」を開催しました!

講師は、野川公園緑の愛護ボランティアの会・昆虫グループのメンバーです。

夏、たくさんいた昆虫たちは、冬になりどこへ行ってしまったのでしょう?

 

 

まずは、自然観察園の木に巻いた「こも巻き」を調べに行きました。

こも巻きとは、松を害虫から守るための伝統的な駆除手段の 一つで、

ワラを編んだものを冬のあいだ木に巻きつけます。

これは、冬になると寒さと乾燥から身を守れる場所へ移動する

昆虫の習性を利用したものですが、

今回は冬越しする昆虫を観察するために巻きました。

 

 

こも巻きを開けてみると・・・

幹の割れ目に、成虫のナミテントウが寄り添って固まっていました。

ジッと寒さに耐えているようにみえますね。

 

 

自然観察センターに帰り、さらに中をよく調べてみると、

クモやカメムシの仲間をたくさん見つけることができました。

「こんなにいるんだっ」とみんなもビックリ!

 

次に、朽木を割って中を調べてみました。

すると、中から白い幼虫が・・・コクワガタです。

よく見ると、小さいながらも立派な顎ですね。

 

冬の公園でも、こんなにたくさんの昆虫たちと出会えました ♪

他にも、木の洞や落ち葉の裏などで冬越しする昆虫もいます。

ぜひ、公園に来てみなさんも探してみて下さい。

 

※自然観察園の柵内は保護区域のため、

    普段はお入りいただけませんのでご了承ください。

イベント,ボランティア| ぺったんこ草avatar