武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2013年9月14日

自然観察園 花だより~

朝夕、涼しく虫の声にも秋を感じる季節となりました。
自然観察園でも秋の花が咲いています。

秋の七草のひとつ、フジバカマの花が「のかんぞうの里」で見られます。
乾燥すると桜餅のような良い香りがしますが、生葉をこすってもわずかに香ってきます。長い渡りをすることで知られるアサギマダラというチョウは、この花が大好きで運が良ければ出会えるかもしれません。

 

香りといえば、ハッカの花も「まる池」周りでまだ見頃が続いています。
淡い紫色のぼんぼりのような花もかわいいですね。小さな白い花をたくさんつけたシモバシラも咲き始めました。
冬に枯れた茎に霜柱のような氷の結晶が出来ることで知られますが、意外と花は見たことがない方も多いのではないでしょうか。「かがみ池」の東側で見られます。 キバナアキギリの群落も鮮やかな黄色で彩られ始めました。「かたくり山」ではヤマホトトギスも咲き始めています。
近くにヤマジノホトトギスもありますので比較すると違いがよくわかります。 観察園入口の木道沿いでは、淡いピンク色のシュウカイドウが見頃です。他にもナンバンギセルやサクラタデ、カリガネソウ、キツリフネなども楽しめます。
お問い合わせの多いヒガンバナは、十数本がまばらに咲きだしました。
見頃は例年通りお彼岸頃と予想しています。

秋の花々を愛でにぜひ自然観察園へお越しください。お待ちしています!

季節の花、緑、生きもの| ひろっぴーavatar