武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2013年7月17日

「夏の生きものガイドウォーク」を開催しました!

7月13日(土)、「夏の生きものガイドウォーク」を開催しました。

 

連休の初日、このところの暑さであまり参加していただけないのではと心配しましたが、大人15名、子ども15名、計30名ものみなさんが参加してくれました。
遠くに見える木はなぜ黄色いんだろう?葉っぱ?花?最後にそれを確認しようね!
さぁ、どんな生きものに出会えるか、スタートです。

 

まず耳を澄ませて聞こえてきたのはチー♪というニイニイゼミの声。 続いて木の幹にぬけがらを発見。何の抜けがらかな?虫めがねでじっくり観察しました。

 

大きなスズカケノキの固い根っこに丸い穴がたくさん開いています。この穴をあけた犯人は誰?
虫というヒントで一斉に犯人捜しの開始です。少しするとこれじゃない?とお父さんが見つけたゴマダラカミキリ。正解です!幼虫はこの木の中を食べて育ち、中で羽化した成虫が穴を開けて出てきたんですね。

 

木の枝先に丸い大きなものがあるぞ!爆弾みたい(写真4)。ヒマラヤスギの大きな実でした。

 

大きなオスのカブトムシを見つけると、虫好きのみんなのテンションもピークに!

 

その後、エゴノキの実にいた変な顔したゾウムシを捕まえてルーペで観察したり、ペットボトルを使ってエゴノキの実で石鹸作りの実験。みんな振って振って見事に泡立ち大成功。

 

続いて草はらでバッタ探し。お父さんお母さんはちょっとばて気味でしたが、子どもたちはまだまだ元気一杯、虫捕りを楽しんでいました。

 

最後にスタートの時に見た黄色く見える木の正体を確認。今が見ごろのアオギリの花でした。

一見何もいないように見えても、ようく目を凝らせばたくさんの生きものたちが暮らしています。また、公園に遊びに来て色々な生きものたちを見つけてくださいね!

イベント| ひろっぴーavatar