武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2012年6月23日

クリミアボダイジュ

仮設サービスセンターと旧サービスセンターの間に「クリミアボダイジュ」が植栽されています。ちょうど今花が咲いており、とても良い香りがします。

 花はこのようにちょっと丸い形で下を向いて咲いています。

釈迦がボダイジュの下で悟りを開いたと言われていますが、このボダイジュはクワ科のインドボダイジュだそうです。

このクリミアボダイジュには樹名板がつけてありますので、それを目印に探してみてくださいね。

季節の花、緑、生きもの| こはんみょうavatar

2012年6月23日

「布ぞうりを作ろう」が開催されました!

梅雨真っ只中の6月20日、自然教室「布ぞうりを作ろう」が開催されました。

6月としては8年ぶりに台風4号が上陸し、大暴れした翌日でした。風も強く、足元も悪い中、20名の方が参加してくれました!! ボランティアさんの挨拶から教室がスタート。今日は11名ものボランティアさんが先生をしてくださいました。

手始めに持参した布を裂き、ぞうりを編むための準備をします。

こちらは唯一の男性参加者の方です。浴衣と旗を材料にぞうりを作ります。この布がぞうりになるんですね!

ぞうりの土台となるソフトロープを足の指にひっかけ、このロープに裂いた布を編みこんでいきます。

幅が狭くならないように・・足のサイズと確認しながら作業をします。力が入るとついつい締め過ぎちゃうんですよね。足より細いぞうりができないようにしなくては!

3分の2ほど編んだら鼻緒を取り付け、残りを編み上げます。

鼻緒を固定し、完成です!!

色とりどりの個性豊かな布ぞうりが出来上がりました!

完成したぞうりを見た皆さんはとても嬉しそうで、最高の笑顔を見せてくださいました!

今年の「布ぞうりを作ろう」も、手作りの難しさ、楽しさや完成した時の感動を感じていただくことができたイベントになったと思います。

暑い夏を、涼しげな布ぞうりで乗り切っていただきたいです!

9月のアイ染めや12月のクリスマスリース作りなど、今後も手作りクラフトの教室が開催されます。ご興味のある方は、ぜひお問い合わせ・ご応募ください!!

 

 

 

 

イベント| かなえもんavatar

2012年6月17日

アジサイが見頃です!

晴れの日は束の間。すっかり梅雨らしいお天気に戻りましたね。

んな雨の季節、野川公園ではアジサイが見頃を迎えています。

まずはガクアジサイ。花の冠を頭に乗せているみたいで可愛らしいですね。

 

花びらのように見えているのは、ガクと呼ばれる部分。

内側の小さな粒の11つが蕾で、5枚の花びらを持つ小さな花が咲きます。

写真のガクアジサイは、まだ本当に咲いてはいないのです。 

どんな花が咲くのか・・・。実際に見てみて下さい!

 

 

ちなみに、ガクアジサイはアジサイの原種。皆さんの良く知るアジサイは、このガクアジサイから作られたんです!生みの親のような花ですね。

 

 アジサイは、今や梅雨に咲く花の代表格。

野川公園では、特に野川下流の泉橋近くが絶好の鑑賞スポットです!

ピンクから青まで、これでもかと言わんばかりに咲き誇っています。

 

 

雨の季節は憂鬱ですが、そんな暗い気分を晴らしてくれるような見事なアジサイ棚が皆さんを待っています。ぜひ、お出かけください。

雨の中のアジサイも風情があって良いですよ!

季節の花、緑、生きもの| かなえもんavatar

2012年6月16日

ミドリシジミ観察会!

本日、ミドリシジミ観察会が開催されました。6月9日に開催予定だったイベントですが、雨のため今日に延期されていました。

延期のかいあって、梅雨に入ったのが嘘のような晴天となりました!

今回の目的は、ミドリシジミを含む、ゼフィルスと呼ばれるチョウの仲間の観察。

夕方から活発になるということで、16:00からのスタートとなりました。

彼らが好きなクリの木の前で目を凝らします。

ほぼ満開のクリには、アカシジミ(左)やウラナミアカシジミ(右)が集まっていました。

シャッターチャンスは逃しません!

残念ながら、ミドリシジミは見られませんでしたが、たくさんのゼフィルスたちが現れてくれました。

クリの花が咲いている間は、彼らを見る絶好のチャンスです。

ぜひ、華やかなチョウたちに会いに、いらしてください。

 

イベント| かなえもんavatar

2012年6月11日

サービスセンター入り口その2

前回ご紹介したサービスセンター入り口のアゲハチョウの幼虫は緑色のもの以外はキアゲハの幼虫だったようです。

別のプランターではキアゲハの大きな幼虫が餌をすごい勢いで食べていました。

 この幼虫、終齢幼虫だったようで、5匹いたのですが次々と姿を消しました。鳥にやられたか?ハチに肉団子にされたか?探してみると1匹だけ見つかりました。蛹になる前の前蛹という姿です。胸に糸をかけて落ちないようにしています。

 次の日に見てみると見事に蛹になっていました!あとはチョウになるのを待つばかりです!

季節の花、緑、生きもの| こはんみょうavatar

2012年6月3日

サービスセンター入り口

6月に入りだんだん湿度の高い日も多くなって来ました。でも、この蒸し暑い気候は昆虫には良い気候のようです。サービスセンターのプランターには何やら黒っぽいイモムシがいました。

 ちょっとつつくと頭のところからオレンジ色の角を出します。

 どうやらナミアゲハの幼虫のようです。朝見つけたのですが、先ほど写真を取りに行くと脱皮していました。

 黒と白が基本の色ですが、これは鳥の糞に似せた色使いだということです。大きくなると全体的に緑色になります。今朝全部で4匹いたのですが、その内の1匹は脱皮して緑色になっていました!

 さて、この先この幼虫たちがちゃんと蝶になれるか、楽しみです。

季節の花、緑、生きもの| こはんみょうavatar