武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2011年10月30日

「どんぐり人形・どんぐり笛つくり体験」が開催されました!

 

暖かい陽気に恵まれた10月23日(日)、野川公園自然観察センターにて「どんぐり人形・どんぐり笛作り体験」が開催されました。どんぐりや枝など自然の材料を使った工作教室で、19名の子ども達が参加してくれました。

どんぐり人形コーナーでは、クヌギの殻斗(かくと)を巣に、ナンキンハゼの種を卵に見立てて枝の二股に接着し、スダジイのドングリで作った母さん鳥が卵を抱いて、上の枝から父さん鳥が見守っている可愛らしい置物を作りました。

 

年少の子供たちは親御さんやスタッフが手伝いましたが、年長の子供たちは説明を受けながら手際よく組み立て、少し難しい鳥の目も練習をしながら上手に描くことができました。

どんぐり笛のコーナーでは、マテバシイのどんぐりにアズマネザサの茎を取り付けた笛を作りました。

 

中身をかき出すという根気のいる作業では、想像以上に中身が詰まっていることに大人も子供も驚いていました。ついつい子供よりも夢中になってしまったお父さんも!

大方取り終ると、ボランティアの方が最後の仕上げ。どんぐりに空気が通る小さな穴を開けて、アズマネザサを取り付ければ完成です!最後の最後まで、うまく音が鳴るかわからないのがどんぐり笛の難しいところ。音が鳴った瞬間の嬉しそうな顔や、笛を吹き鳴らしている姿はとても印象的でした。

秋に良く目にするどんぐりですが、今回の工作教室では、「どんぐりの中ってこうなってるんだ」、「拾ってきたらまた作れるかな?」という子供たちの声が聞かれました。これをきっかけにして、自然の素材に触れる楽しさを知ってくれると嬉しいです。

イベント| かなえもんavatar

2011年10月30日

秋の野川公園

野川公園も秋の深まりが感じれれるようになってきました。

野川沿いの樹木も徐々に葉の色に変化が見えてきました。

園内のトウカエデも種を沢山落としています。

ドングリもよく見るようになって来ました。

10月21日にご紹介したジュウガツザクラは現在下の写真のような状態です。まだまだ花を楽しむことができます。

季節の花、緑、生きもの| こはんみょうavatar

2011年10月29日

昆虫教室「バッタ・コオロギ・カマキリとあそぼう」が開催されました

穏やかで過ごしやすい天候に恵まれた10月9日。自然観察センター及び自然観察園で昆虫教室「バッタ・コオロギ・カマキリとあそぼう」が開催されました。3歳から11歳まで7名の子供と、6名の保護者の方が参加してくれました。
まずはレクチャー室で昆虫のからだの構造や、野川公園で見られるバッタやコオロギ、キリギリスの仲間の簡単な説明がありました。

その後、ボランティアのみなさんが用意していた虫を捕まえる練習をしました。自然観察園で虫を捕まえます!

何もない部屋の中とは違って、草が生えていたり枯草の中に潜り込まれたりと難しそうでしたが、1人で30匹近く捕まえた子も!中でも大きくて、鳴き声も良いエンマコオロギは人気者でした。付き添いのお父さん、お母さんも童心に返って一緒に虫捕りを楽しんでいました。子どもたちのためにと、お父さん同士が協力してバッタやコオロギを捕まえるシーンも見られました。

お父さんの渾身のバックアップのお蔭で最初はバッタに近づけなかった女の子も触ることができるようになりました!

レクチャー室に戻った後は、どんな種類が捕れたのか確認し、コオロギの鳴き声を聞きながらじっくり観察。持ち帰ったのはオンブバッタやコバネイナゴ、ツチイナゴなどのバッタ類、ハラビロカマキリ、コカマキリ、エンマコオロギなど。ボランティアのみなさんがテーブルを回ってそれぞれの特徴や名前を教えてあげていました。

子供だけでなく大人も楽しんでくれた今回の昆虫教室。虫捕り経験が多い子も、あまりやったことがない子も皆が楽しそうに虫を追い、誇らしげに見せてくれる姿はとても微笑ましいものでした。このような機会を通して、自然と触れ合うことの楽しさを感じ、興味を深めてくれると嬉しいです。
※今回は、公園のイベントとして虫をつかまえましたが、生きものの採集はご遠慮いただいております。

イベント| かなえもんavatar

2011年10月29日

キッズ&ジュニア走り方教室 運動会でナンバー1に!

9月10日(土) サービスセンター前 大芝生にて、キッズ&ジュニア走り方教室を開催しました。

幼児クラス(4歳~6歳)と小学生クラス(6歳~12歳)の2つのクラスにて、専門のランニング指導スタッフとスポーツコーディネーターによる早く走れるコツやシューズの選び方についての教室内容を行いました。

 

まずは真っ直ぐ走るコツを伝授!!蛇行しながら走るのは、遅くなる原因の1つ。

 

そして腿(もも)上げと踏み込み練習、ラダーを使ってのリズム運動。

最後に参加者全員で『ハイ・チーズ☆』幼児クラス

 

参加者全員で『ハイ・チーズ☆』小学生クラス

家でも腿(もも)上げや腕の振り方、足の運び方を復習&練習して、運動会でナンバー1になれることを願っています。

イベント| まことavatar

2011年10月21日

ジュウガツザクラが満開です!

 野川公園北地区では、ジュウガツザクラという桜が満開になっています!

ジュウガツザクラは、4月と10月の2回淡いピンク色の花を咲かせます。東八道路にかかる欅橋(けやきばし)の近くで見ることができます。また、北地区の野川に近い芝生では、同じく春と秋に花を咲かせるコブクザクラも見ることができます。

10月も下旬となり、肌寒い日が続いていますが、ぜひ、秋の桜を見にいらしてください。

 

 

 

季節の花、緑、生きもの| かなえもんavatar

2011年10月17日

野川公園ボランティアのご紹介!

野川公園自然観察園では、「野川公園緑の愛護ボランティアの会」というボランティア団体が活動しています。東京都と都民が力を合わせて魅力ある公園づくりを行おうと、自然観察園が開園した昭和63年に都立公園で初めて導入されました。

 

自然観察園内の自然環境保全と回復を目的とした維持管理作業や緑の愛護を普及するための観察会、自然教室なども開催しています。

 

現在会員は95名、作業・植物・野鳥・昆虫・ホタルのグループがあります。月3回の定例活動日は全員が参加して維持管理作業を行い、定例活動日以外の自然観察園の開園日は自主活動日としてそれぞれのグループの活動を行っています。

 

15日(土)は10月最後の定例活動日でした。いつものように自然観察園で維持管理作業・・・のはずでしたが、直前に大雨が降りだして中止に。代わりに、自然観察センターの水槽や長靴置場の清掃が行われました。雨にもめげずに活動してくださる皆さん、流石ですね!

 

 

ボランティア| かなえもんavatar

2011年10月1日

10月に入って・・・

今日の野川公園はまずまずの天気に恵まれ、たくさんの親子連れで賑わっていました。空はもうすっかり秋の空になっています。

野川公園では9月からヒガンバナが咲いていますが、そろそろピークを過ぎようとしています。

ピークを過ぎようとしているヒガンバナに代ってキンモクセイが咲き始めました。少し前からは武蔵野の森でジュウガツザクラも咲き始めました。

徐々に秋めいてくる野川公園にぜひお越しください。

その他,季節の花、緑、生きもの| こはんみょうavatar