武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2022年8月14日

【展示ホール】「セミのぬけがら調べ」展示中!

こんにちは!
現在、野川公園サービスセンター・展示ホール内で

「セミのぬけがら調べ」の展示を行っています。

s-01 

公園内で見つけたぬけがらを調べて、それぞれのセミの木につけてみよう!

s-02

さあ、あなたの見つけたセミのぬけがらは何のセミでしょう?
ぜひ、夏の公園を楽しみに来てください!

 

セミについてのレンジャーミニ図鑑は、サービスセンターで配布中です♪
デジタル版は以下よりダウンロードもできます。
「武蔵野の公園で見られるセミの仲間」

 

また、「夏休み!むさしのキッズチャレンジ」も同時開催中。

パークレンジャーやスポーツコーディネーターが公園でできる

楽しい「チャレンジ」を動画で配信中!

 

「セミのぬけがら観察にチャレンジ!」の動画もぜひご覧ください♪

 

季節の花、緑、生きもの | ぺったんこ草avatar

2022年8月6日

おうちで植物観察会~2022年8月編①~

新型コロナウイルス感染症拡大や猛暑により

中止が続いている自然観察園の人気イベント『植物観察会』。

 

2022年9月から再開予定となっていますが、

引き続き、皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』をお届けします!

 

この企画では、

「野川公園緑の愛護ボランティアの会」が作成してくださっている

「花だより」(自然観察園・野川公園サービスセンターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。

花だより8月no.1

順路図8月no.1

==========

8月前半の自然観察園は、
いろんなセミがそこかしこで大変にぎやかに鳴いています。
また草むらでは、成虫になったバッタ類も多く見るようになりました。
それでは今回も、自然観察園内で見ごろの植物を3つ取り挙げてご紹介したいと思います♪

 

①メハジキ

学名:Leonurus japonicus
科名:シソ科

メハジキ

自然観察園内では、いろんな場所で目にすることができます。
すらりと伸びた中央の茎から深い切れ目が入った細長い葉がぴんぴんと出ている様子は遠目から見ると粗いブラシのようにも見えます。
花は、紫色で小さく、茎と葉の付け根付近咲きます。
メハジキは漢字で「目弾」と書き、子どもたちが短く切った茎を、まぶたの上下につっかえ棒のように挟み、目を閉じる勢いで遠くに飛ばして遊んだことから、この名がついたとされています。

 

② ガガイモ

学名: Metaplexis japonica
科名:キョウチクトウ科

ガガイモ

自然観察園内の入り口付近の四ツ目垣やその周辺のフェンス沿いで見ることができます。
花は厚みがあり、ヒトデのような形をしています。色は薄紅紫~やや白色。
花は小さめですが実は10㎝程度と大きくなり、実が熟し、乾燥すると表面が割れ、中からタンポポの綿毛を大きくしたような種が出てきます。風がある日は、周辺で綿毛がふわふわと飛ぶ様子が観察できます。

 

③ シロネ

学名:Lycopus lucidus
科名:シソ科

シロネ

湿地を好み、自然観察園内ではまる池よりはけ側の園路沿いで見ることができます。
シソ科の多年草で、地下茎は肥厚し白い色のため白根(シロネ)と呼ばれているそうです。
白く小さい花が、茎と葉の付け根にひっそり咲きます。

==========

実際の植物観察会は、2022年9月から再開予定ですが、
ブログでも引き続き、自然観察園の植物情報を発信していきます!

どうぞお楽しみに♪

 

 

イベント | ぺったんこ草avatar

2022年7月8日

おうちで植物観察会~2022年7月編①~

新型コロナウイルス感染症拡大や猛暑により

中止が続いている自然観察園の人気イベント『植物観察会』。

 

2022年9月から再開予定となっていますが、

引き続き、皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』をお届けします!

 

この企画では、

「野川公園緑の愛護ボランティアの会」が作成してくださっている

「花だより」(自然観察園・野川公園サービスセンターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。 

 

==========

7月前半の自然観察園は、

チョウやトンボなどの生きものが多く見られるようになり、

早くもニイニイゼミの声が響き渡っています。

また、夏の花が次々と咲き始めていますので、

その中から3つ取り挙げてご紹介したいと思います♪

 

①ノカンゾウ

学名:Hemerocallis fulva var.disticha

科名:ワスレグサ科

ノカンゾウ

 

自然観察園内では、「のかんぞうの里」で、

今年も明るいオレンジ色の花を咲かせています。

ノカンゾウが咲くと、いよいよ本格的な夏の到来です。

 

花びらは6枚で、ユリのようなラッパ型の花を咲かせます。

一つの花はたった一日でしぼんでしまうのですが、

同じ株にいくつも蕾をつけていて、

一つの花が終わるとまた次の花が咲き出します。

 

この花には、

長いストロー状の口を持つチョウの仲間がよく訪れます。

下の写真に写っているのはナガサキアゲハです。

翅に花粉をたくさんつけているのがわかります。

蜜をもらう代わりに花粉を運ぶ役目をしているようですね。

 

ノカンゾウとチョウ

 

②オオバギボウシ

学名:Hosta sieboldiana

科名:クサスギカズラ科

オオバギボウシ

 

梅雨時になると、

爽やかな白~淡い紫色の花を何段にも重ねて咲かせ、

少し暗い林の中でよく目立ちます。

また、茎の下の方には、

縦に筋が入った大きな卵型の葉を

放射状につけるのが特徴的です。

 

花の下についている小さな葉のようなものは、

「苞(ほう)」と呼ばれますが、

蕾が出る前は、苞が茎の上の方で重なり合って、

星のようにも見える不思議な姿を見せます。

 

自然観察園には、似た花で「コバノギボウシ」もありますが、

オオバギボウシより一回り小さくて紫色が濃い花を咲かせます。

 

③ハエドクソウ

学名:Phryma leptostachya ssp.asiatica

科名:ハエドクソウ科

ハエドクソウ 

梅雨時から夏の間までずっと咲いている

花期の長い花です。

実は有毒植物で、

根を煮詰めてハエトリ紙を作っていたところから、

ハエドクソウの名がついたと言われています。

 

長い茎の途中から向かい合わせで1本ずつ茎が伸びて、

それぞれの茎の先にとても小さな白っぽい花をつけます。

近づいてよく見ると、

上品な紫色の筋が入った

なんとも可愛らしい花です。

 

咲き終わった花は実へと姿を変え、

下の写真のように、花の下の方に並びます。

この実は先端が伸びてカギ状になり、

人の服や動物の毛にくっつき、

遠くまで種を運びます。

 

 

==========

 

実際の植物観察会は、2022年9月から再開予定ですが、

ブログでも引き続き、自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

ボランティア | ほーぷavatar

2022年7月2日

【イベント中止のお知らせ】 7月3日(日) 植物観察会@野川公園について

7月3日(日)に野川公園で開催を予定しておりました
イベント「植物観察会」につきまして、
高温が予想されるため中止いたします。
心待ちにしてくださった皆様方には、誠に申し訳ございません。

 

なお、次回の植物観察は、
9月4日(日) 11時より、開催を予定しております。
参加申込みの受付は、8月9日より下記の電話のみにて受け付けております。
詳細は、後日、園内に掲示予定の ポスターをご覧ください。
また、当日の申込受付はできませんので、予めご了承ください。

 

< 問合せ先>
野川公園自然観察センター
℡ 0422-31-9033
受付時間:9時30分~16時30分、月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)を除く

イベント | ぺったんこ草avatar

2022年6月19日

イベント「生きものなぜなぜ質問箱 2022年度」~ 回答 その⑨ 最終回!~

こんにちは!
4/23~5/8に投稿いただきました
「キッズレンジャースクール~生きものなぜなぜ質問箱 2022~」
みなさん、たくさんの質問をありがとうございました!!

今回は、質問の回答・第9弾!今回はいよいよ最終回です!

こちらのブログで、パークレンジャーが回答していきます♪
野川公園サービスセンターにある展示ホールでも、

引き続き、回答の掲示をしております(^v^)/

いきものなぜなぜ質問箱_2022_03_印刷用_ページ_1

 

****************************************

\では、はじめるよ!/

****************************************

スライド21 スライド26 スライド25 スライド24

スライド22 スライド23

***********************

みなさん、たくさんの質問をありがとうございました!
生きものや自然についての「なぜなぜ」を通して、生きもの達の暮らしや生きる技などが見えてきましたね。
どの生きもの達も、厳しい自然の中でさまざまな工夫をしながら懸命に生きていて、素晴らしいなと感じます。

自然のことで興味があったり質問があったら、パークレンジャーに会いに来てください!
パークレンジャーは、野川公園をはじめ、武蔵野公園や武蔵国分寺公園にいます。

むさしのの公園ホームページ「自然を満喫!」では、
「パークレンジャーからのメッセージ」のコーナーで季節の見どころなども紹介しているよ!
レンジャーミニ図鑑もダウンロードできるので、ぜひご活用ください♪
↓ ↓ ↓

むさしのの都立公園ホームページ「自然を満喫」

https://musashinoparks.com/sizen/

 

***********************

 

イベント | ぺったんこ草avatar

2022年6月18日

イベント「生きものなぜなぜ質問箱 2022年度」~ 回答 その⑧~

こんにちは!
4/23~5/8に投稿いただきました
「キッズレンジャースクール~生きものなぜなぜ質問箱 2022~」
みなさん、たくさんの質問をありがとうございました!!

 

今回は、質問の回答・第8弾!お待たせしましたm(_ _)m
こちらのブログで、パークレンジャーが順次、回答していきます♪
野川公園サービスセンターにある展示ホールでも、

引き続き、回答の掲示をしております(^v^)/

いきものなぜなぜ質問箱_2022_03_印刷用_ページ_1

 

****************************************

\では、はじめるよ!/

****************************************

スライド17 スライド18 スライド19 スライド20 スライド6

スライド16

s-富士見台タヌキ 016

 

****************************************

一部まだお答えできていない方がいらっしゃいます。申し訳ございません。

後日、追ってお答えしていきたいと思いますので、もうしばらくお待ちください。

次回はいよいよ最終回!楽しみにしていてね☆ミ

****************************************

 

イベント | ぺったんこ草avatar

2022年6月15日

おうちで植物観察会~2022年6月編~

新型コロナウイルス感染症拡大により

中止が続いている自然観察園の人気イベント『植物観察会』。

 

2022年7月から再開予定となっていますが、

引き続き、皆様が自然観察園の植物を自宅から楽しめるブログ企画

『おうちで植物観察会』をお届けします!

 

この企画では、

ボランティアさんが作成してくださっている「花だより」

(自然観察園・野川公園サービスセンターにて配布中!)から

現在見ごろの植物を3つ紹介します。

 

 

==========

6月の自然観察園は、緑がより深まる一方、

夏の花が始まるまで花の数が少なくなっています。

そんな中、最近咲き始めた植物がありますので、

3つ取り挙げてご紹介したいと思います♪

 

①ムラサキシキブ

学名:Callicarpa japonica

科名:シソ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

雑木林や山野に見られる落葉低木で、高さは1.5~3mほどです。

自然観察園では、入口を左手に少し進んだところに何本か見られます。

 

花は5mm以下と小さいですが、花びらの紫色がよく目立ちます。

また、黄色い4本の雄しべと、少し長い白い雌しべも目を引きます。

自然観察園ではまだ咲きはじめで、これから見ごろを迎えます。

また、秋には綺麗な紫色の実を付けます。

 

②ヤマホタルブクロ

学名:Campanula punctata var. hondoensis

科名:キキョウ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

山野に生える高さ30~80cmほどの植物です。

名前の由来は、「ホタルが出る頃に咲くから」、

「子どもがこの花にホタルを入れて遊んだから」、

「提灯(火垂る袋:ほたるぶくろ)に形が似ているから」、

など諸説あります。

 

自然観察園では、七草山周辺で咲き始めています。

同じ仲間のホタルブクロも自然観察園には見られ、

もう少しすると花を咲かせます。

どちらも似た形の花ですが、

花の付根にある萼(がく)の形が

反っているかいないかで区別がつきます。

 

③オカトラノオ

学名:Lysimachia clethroides

科名:サクラソウ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

高さ60~100cmほどになる植物で、

地下茎を横に伸ばして増えます。

「虎の尾」のような長い穂状の花が

台地などの草地に生えることが名前の由来と言われます。

 

ひとつの花は5mmほどで、

下から上に向かって順番に花を開いていきます。

自然観察園では、どの株もまだ咲きはじめで、

これから花数が増えてきそうです。

 

==========

 

実際の植物観察会は、2022年7月から再開予定ですが、

ブログでも引き続き、自然観察園の植物情報を発信していきます!

 

どうぞお楽しみに♪

 

ボランティア | ほーぷavatar

2022年6月14日

イベント「生きものなぜなぜ質問箱 2022年度」~ 回答 その⑦~

こんにちは!
4/23~5/8に投稿いただきました
「キッズレンジャースクール~生きものなぜなぜ質問箱 2022~」
みなさん、たくさんの質問をありがとうございました!!

 

今回は、質問の回答・第7弾!お待たせしましたm(_ _)m
こちらのブログで、パークレンジャーが順次、回答していきます♪
野川公園サービスセンターにある展示ホールでも、

引き続き、回答の掲示をしております(^v^)/

いきものなぜなぜ質問箱_2022_03_印刷用_ページ_1

 

****************************************

\では、はじめるよ!/

****************************************

スライド7

スライド8

スライド9

スライド10

スライド11

****************************************

一部まだお答えできていない方がいらっしゃいます。申し訳ございません。

後日、追ってお答えしていきたいと思いますので、もうしばらくお待ちください。

どうぞよろしくお願いいたします。

****************************************

 

イベント | ぺったんこ草avatar

2022年6月14日

イベント「生きものなぜなぜ質問箱 2022年度」~ 回答 その⑥~

こんにちは!
4/23~5/8に投稿いただきました
「キッズレンジャースクール~生きものなぜなぜ質問箱 2022~」
みなさん、たくさんの質問をありがとうございました!!

 

今回は、質問の回答・第6弾!お待たせしましたm(_ _)m
こちらのブログで、パークレンジャーが順次、回答していきます♪
野川公園サービスセンターにある展示ホールでも、

引き続き、回答の掲示をしております(^v^)/

いきものなぜなぜ質問箱_2022_03_印刷用_ページ_1

 

****************************************

\では、はじめるよ!/

****************************************

 

スライド1

スライド6スライド12

スライド13

スライド14

スライド15

 

****************************************

一部まだお答えできていない方がいらっしゃいます。申し訳ございません。

後日、追ってお答えしていきたいと思いますので、もうしばらくお待ちください。

どうぞよろしくお願いいたします。

****************************************

 

イベント | ぺったんこ草avatar