武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2019年9月20日

自然観察園のヒガンバナ開花状況 (9/19)

 

9月19日(木)時点でのヒガンバナの開花状況です。

 

つぼみをつけているものがちらほらと見られますが

まだ背の低い花茎も多く、見ごろまでにはしばらくかかりそうです。

写真1

 

自然観察園に入って右手奥にある白花のヒガンバナは、5分咲きくらいです。

写真2

 

ツリフネソウ、キバナアキギリなどそのほかの秋のお花も次々と咲いていますので、

いろいろな秋のお花も合わせてごらんください。

写真3

(ツリフネソウ)

 

写真4

(キバナアキギリ)

季節の花、緑、生きもの | ハム

2019年9月16日

自然観察園のヒガンバナ開花状況(9/16)

ようやく花芽が地上に出てきています。

これからぐんぐん伸びてくると思われますが

開花がいつかということはまだわかりません。

また様子をお知らせしたいと思います。

 DSCN0950

 

DSCN0948

季節の花、緑、生きもの | ちまき

2019年9月13日

自然観察園のヒガンバナの開花状況(9/13)

今年もヒガンバナの開花時期を迎えているのですが、

本日13日時点で野川公園のヒガンバナはまだほとんど開花しておりません。

今のところは例年より遅い状況となっています。

14日〜16日の連休の間ではほとんど咲かないのではないかと思われます。

 

なお白花のヒガンバナは咲き始めています。

DSC_0436 - サイズ変更 (2)

季節の花、緑、生きもの | ハイジ

2019年9月2日

9月8日(日) キッズ&ジュニア走り方教室開催します

皆さんこんにちは!スポーツコーディネーターの親松です。

野川公園では9月8日(日)に大人気の走り方教室を開催します。

おかげさまでキッズクラスは満員御礼となりました。

ジュニアクラスはまだ空きがありますのでご参加お待ちしております。

詳細なイベント情報はこちら

DSCN1066

イベント | おやつ

2019年8月30日

「アイタデ生葉染め」を実施しました!(8/25)

 

野川公園自然観察センターにて、「アイタデ生葉染め」イベントを開催しました!

 

アイタデは、野川公園緑の愛護ボランティアの会が4月に種まきをし、

約5か月間愛情をこめて育てました。

 

まずはシルクのストールに、結び目を作り模様付けを行います。

どこに、どんな模様がつくのか想像しながら作るとワクワクしますね♪

写真1

 

次に、きれいに洗ったアイタデの葉を一枚一枚摘み取り、染液をつくる準備をします。

 

摘み取った葉を手でもんだり、

写真2

 

ミキサーで撹拌したりしながら染液の完成!

写真3

 

結び目を付けたストールを液の中につけるとあっという間に緑色に!

写真4

 

10分ほど染液につけ、一度広げて空気に触れさせます。

その後、媒染液につけて、流水で洗い流すと…

あら、不思議!爽やかな青い色に大変身!

写真5

 

アイタデの葉の中に含まれる「インディカン」とういう物質が酸化し、

緑色から青色へと変色するそうです。

出来上がったストールは、世界にたった一枚のオリジナルストール☆

 

最後に参加者のみなさんと、記念撮影!

写真6=1

 

公園では、さまざまな形で自然と触れ合う事のできるイベントを開催しています。

ぜひ、HPや掲示板でチェックしてくださいね♪

イベント,ボランティア | ハム

2019年8月13日

野川公園サービスセンター 展示ホールで書道作品展開催中!

IMG_1217野川公園サービスセンターの展示ホールでは、書道作品の展示が始まりました。

2019年8月22日まで開催しております。

公園ご利用の際は、是非展示ホールへお立ち寄り下さい。

未分類 | しましまリス

2019年8月10日

テニスコートをご利用の皆様へ

IMG_1212

連日猛暑日が続いております。

テニスコートのご予約ですが、熱中症キャンセルを承ることができます。

ご無理なさらずテニスをお楽しみ下さい。

その他 | しましまリス

2019年8月3日

【観察会中止のお知らせ】8/4(日)定例植物観察会

8/4(日)に予定されていた野川公園の「植物観察会」は、

猛暑が予想されるため中止いたします。

楽しみにしていただいていた皆さま、申し訳ありません。

イベント,ボランティア | ちまき

2019年7月27日

自然観察園で体感!武蔵野の夏

 

いよいよ夏本番!

自然観察園では夏の花が次々と見ごろを迎えています。

 

入り口を入って右手を進むと、

ひときわ明るいオレンジ色の花がまとまって咲いています。

ノカンゾウです。

 

ノカンゾウの仲間は古くは「ワスレグサ」と呼ばれ、

嫌なことを忘れる、という意味があったそうです。

なぜ嫌なことを忘れるのか本当のところはよくわかりませんが、

確かに元気の出る色合いです。

 

もう一つオレンジ色の花をご紹介します。

キツネノカミソリ。

 

ノカンゾウはユリの仲間ですが、これはヒガンバナの仲間。

花びらが細く、花の咲く時期、葉がもう終わっていて、ないことが多いです。

湿ったところが好きで、はけ側の暗いところでよく咲いています。

 

花の咲く時期、葉が枯れてくるので有名な花をもう一つ。

ウバユリです。

花が咲くころ葉がないところを「歯がない」とかけて、「ウバユリ」となったそうです。

歯がなくなるのはおばあさんだけではないはず!と言いたくなりますが、

覚えやすい名前ですね。

花の咲くころ葉は古びているものの、まだあることが多いです。

大型で、林の中にあると存在感のある夏の花です。

 

花に訪れる生きものとの出会いも楽しい季節です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヒオウギに訪れたヒメウラナミジャノメと

 

写真5イヌゴマとクマバチ

イヌゴマに訪れたキムネクマバチ。

 

夏の観察園は武蔵野の生きものたちのパラダイス!

ぜひいらしてください。

季節の花、緑、生きもの | ハム

2019年7月26日

【イベント中止のお知らせ】7/27(土)キッズレンジャースクール

7/27(土)に予定していた野川公園「キッズレンジャースクール」は、

台風6号により荒天が予想されるため中止いたします。

楽しみにしていただいていた皆さま、申し訳ありません。 

イベント | ハイジ