武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵野公園 オフィシャルブログ

2019年1月26日

ロウバイ二種が見ごろです

12月に最初の花が咲きだしたロウバイが、園内全体に見ごろになっています。

武蔵野公園には、ソシンロウバイとロウバイの二種類があります。

甘い香りはよく似ていますが、樹形や花の色で見分けられます。

黄色一色の花がソシンロウバイ。

武蔵野公園ロウバイ301224

こちらが内側が赤いロウバイ。

武蔵野公園ロウバイ190126

下向きの花の淡い黄色から中心の赤紫が透ける感じは、

ドレスの裏地や着物の裾回しから、ちらりと濃い色がのぞくよう。

シックな配色が魅力です。

樹形もおおらかに伸びた枝先に花をつけ、空間的広がりが大きい感じ。

細かい枝が伸びるソシンロウバイと少し違います。

ソシンロウバイの方が花付きがよく、華やかなのですが、

ロウバイの魅力も捨てがたいです。

本数は少ないですが、園路の南外周に何本かありますので、比べてみてください。

 

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃんavatar

2018年12月25日

冬の花の季節へ

冬の気配が濃くなった武蔵野公園、

花も、真冬~新春の花に移り変わってきました。

武蔵野公園ロウバイ301224

ソシンロウバイの透き通る黄色い花が、日当たりのよいところから咲きだしました。
ほんの一部が咲きだしただけでも甘い香りでそれとわかります。

ツバキの花も、早咲きの品種から見ごろになってきています。
中には香りのするツバキもありますが、こちらはロウバイとちがって控えめ。
顔を近づけるとほのかに香る程度。これはこれで趣きがあります。

武蔵野公園ツバキ301224

1月~2月まで見ごろが続きます。

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃんavatar

2018年7月5日

リョウブの香り

7月の園内、花の甘い香りがしています。

どこからかな~と探したら、苗圃のリョウブが

白い尾のような花を咲かせていました。

 

武蔵野公園リョウブ300705

今が満開。木によってはもう盛りを過ぎてしまったものも。

強い香りではありませんが、

リョウブの林の中に入ると、なんともいえない甘い香りに包まれます。

リョウブアップ

夏の香りをお楽しみください。

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃんavatar

2018年6月12日

アカメガシワの香り

武蔵野公園、じゃぶじゃぶ池から野球場に向かうあたりに

アカメガシワの大きな木があり、花のよい香りがしています。

武蔵野アカメガシワ雄花300612

ちょっと香水を思わせる、甘い香り。

目立たない花ですが、この季節には香りで存在に気付きます。

武蔵野0607アカメガシワ

園内には雄株と雌株があり、両方を見比べることができますが、

雄花の方が地味な中にも雄しべが目立って華やかです。

雌株は夏の終わりに艶のある真っ黒な実をつけて鳥を誘います。

甘い香りをお楽しみください♪

 

 

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃんavatar

2018年5月20日

ボダイジュの葉陰に

武蔵野公園の苗圃で、ボダイジュの花が咲きだしました。

他の花と同じく、今年は例年より咲きはじめが早いようです。

武蔵野公園ボダイジュ300520

花の上には、特徴的な淡い緑色のへら型の葉がついています。

クリーム色の花は、派手ではありませんがとてもよい香り。

園路に近いたくさんつぼみが付いている木はまだつぼみです。

ボダイジュつぼみ

甘い香りを近くで楽しめるのは苗圃の若木ならではです。

来週末あたりが見ごろになりそうです。

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃんavatar