武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵野公園 オフィシャルブログ

2017年2月19日

マンサク*トンネル 見ごろです。

今年もマンサク*トンネルが見ごろになりました。

マンサクを近くでみていただくと、その形の面白さに釘づけになります!

あわせて、ウメも見ごろを迎えていますのでお楽しみください♪

季節の花、緑、生きもの| ハイジavatar

2016年12月28日

年末年始休館のお知らせ

日頃より、武蔵野公園をご利用くださり、誠にありがとうございます。

12/29(木)~1/3(火)の間は、武蔵野公園サービスセンターは、休館致します。

上記の期間中は、野球場及びバーベキュー施設の利用はできませんので、予めご了承ください。

なお、駐車場、トイレ、広場等は、通常通りご利用いただけます。

1月4日(月)からは、通常通り開館致します。

よろしくお願い致します。

スタッフが公園の素材を使い門松を作りました。年々華やかになっています!

その他| ハイジavatar

2016年12月20日

今冬がチャンス!~アトリの木の葉隠れ~~

公園内の紅葉シーズンも終盤戦。

雑木林が一面茶色で染まっています。

 

そんな林の中に目立つようになったのが、北国からやってきた冬鳥たち。

はらっぱに降り立つツグミ、カエデの実をついばむシメなどはそのいい例です。

 

特にこの冬、数が非常に多く目立つのが、この鳥たちです。

淡いオレンジ色が目立つこの鳥はアトリ。

少々色が薄いので、メスでしょうか。

 

こちらは頭などが黒っぽいのでオスのようです。

 

今年はかなりの数の群れが入っており、武蔵野公園以外にも野川公園や

多磨霊園などでもたくさん見られています。

 

それにしても、このハデなオレンジ色、林の中で目立たないのか心配になります。

木の実を食べに地面に降りたので見てみましょう。

 

どこにいるかわかるでしょうか?全部で何羽いるでしょう?

正解は・・・

3羽でした。

落ち葉の中に降りると、こうも目立たなくなるのですね。

一見派手に見える模様も、実は生き残るために計算された色だったのです。

 

普段はこのように目立たない鳥ですが、

この冬は気軽に観察できるチャンスです!

 

公園をおさんぽされる際には、木陰や落ち葉の集まった場所を、

そっとのぞいてみてください。

 

季節の花、緑、生きもの| もやんavatar

2016年11月22日

野球場の冬のヌシ??

秋が深まり、公園の木々が赤や黄色に染まってきています。

この時期になると、北の国から、冬鳥たちがわたってきます。

 

最近見ることが多くなってきたのが、このツグミ。

長旅でつかれたのか、木の上で休んでいるところをよく見かけます。

 

ところで、武蔵野公園には大小2つの野球場があり、

土日は子どもたちをはじめ、たくさんの人でにぎわっています。

しかし、平日の日中は静かなもの。

 

ツグミをしばらく観察していると、サッと野球場の中に舞い降りていきました。

そっと見ていると、サッ、サッ、サッ、と次から次へと舞い降りていきます。

次から次へと増えていき、まるで守備位置についているかのよう。

最終的には13羽にも!野球をやるには、ちょっと数が多いですよ・・。

 

実は、ツグミははらっぱの草の隙間から、エサとなる昆虫を見つけるのが得意なので

冬の間、広場に集まっている姿がよく見られます。

 

はらっぱの普段の常連、ハクセキレイはちょっと肩身が狭そう・・?

「ちぇっ・・」と言ってそうな雰囲気です。

 

晴れた暖かい日は特にねらい目です。

 

子どもたちが使っていない日には、

冬の野球場のヌシたちが守備位置についている姿を、ぜひのぞいてみてください。

 

季節の花、緑、生きもの| もやんavatar

2016年10月7日

「むさしのカレッジ 木の下で何する?シリーズ~木の下ではじめましょう~」開催!

今年度むさしのカレッジ第1弾は、武蔵野公園で「木の下で何する?シリーズ~木の下ではじめましょう」を行いました。企画・主催を管理者だけでなく、むさしのカレッジ実行委員会を立ち上げ、地域のみなさんと一緒に話し合いながら進めてきました。今回から、のぼりも新たに作成し、イベントに彩りを加えました。

プログラムは4つ。まず、パークレンジャーのネイチャーガイドでは、各ワークショップにつながるように、いま見られる自然をご紹介。小さな子供たちも楽しみながら、自然とふれあっていました。

ワークショップは3つ行いました。1つ目は、「小枝のサンキャッチャー作り」。公園で落ちている小枝やドライフラワーと、きらきら光るスワロフスキーを組み合わせ、サンキャッチャーを作りました。組み合わせによって、いろいろな形ができます。屋外で吊るすと、光を受けてとってもきれい!

2つ目は、「葉脈を取り出す」。あらかじめ溶液につけておいた公園の葉っぱから好きなものを選び、歯ブラシでこすっていくと・・・なんと葉っぱの葉脈が取り出せます!葉っぱの種類によって、形もいろいろ。身近にある自然を、じっくり見つめる機会にもなっていました。

そして3つ目は「木の下で珈琲を淹れる」。マンツーマンで淹れ方のレクチャーがあり、木の下でゆっくりいただきます。公園の開放的な環境の中で、みなさんとても気持ちよさそうでした。

むさしのカレッジのコンセプトは、「暮らしの中で自然とのつながりを育む場」。今回は、身近な公園で、自然素材を使ったワークショップや空間をゆったり楽しんでいただくことができました。ワークショップやネイチャーガイドを通して学んだこと、気づいたことを、普段のくらしや、周りの人に伝えていってもらえるとうれしいです。

次回は、11月26日野川公園で行う「秋の日まつり」内で開催します。お楽しみに!

イベント| musashinoavatar

2016年9月12日

帰ってきたよ!

台風が過ぎ去り、なんとなく秋の気配が色濃くなってきました。

セミよりもコオロギの声がよく聞こえるようになってきています。

 

涼しげなコオロギの声に聴き入っていると・・・

「ケレケレケレケレケレ~~~~~~!!」

コオロギの声をかき消すような大声が響き渡ります。

いました!モズです。

夏の間、涼しい山の上にいたモズが帰ってきたようです。

 

ん?ぼくのこと見てる?

 

こちらはメス。

かわいげな様子を見ていると・・・。

 

「ケレケレケレケレケレ~~~~~~~!!」

「なによ!私のなわばりよ!」と言わんばかり。

 

どうやら、ちょっとおこられてしまったようです・・・。

 

この声は高鳴きといって、冬越しをするためのなわばりを確保するために、

オスもメスもせいいっぱい鳴き声を張り上げます。

今年はちょっと早く始まっているように感じます。

 

モズの高鳴き七十五日

(モズの高鳴きを聞いてから、およそ75日後に初霜がおりるという目安)、

と言いますが、今年の冬は少し早めにやってくるかもしれませんね。

季節の花、緑、生きもの| もやんavatar

2016年8月30日

本日じゃぶじゃぶ池は休止となります

日頃より武蔵野公園をご利用いただきありがとうございます。

武蔵野公園じゃぶじゃぶ池は本日終日清掃のため休止させていただきます。

ご不便・ご迷惑をお掛けしますが、ご協力の程宜しくお願い致します。

 

工事・維持管理のお知らせ| ハイジavatar

2016年8月23日

水道使用中止のお知らせ

9月1日(木)13:00~15:00迄、園内給水管の補修工事を行います。

その為上記時間帯は、以下の水栓各種の使用を中止させて頂きます。
○野球場(大・小)
(外水栓・ダッグアウト内水栓・散水栓)
○2号トイレ
○バーベキュー広場(洗い場)

ご不便・ご迷惑をお掛けしますが、ご協力の程宜しく

お願い致します。

工事・維持管理のお知らせ| 番長avatar

2016年8月19日

物思いにふける・・

野川沿いを歩いていると、日差しの強さは夏真っ盛り!!

 

暑い最中ですが、川岸に吹いてくる風は気持ちがいいもの。

ざわざわとゆれるオギの草むらには思わず見入ってしまいます。

ちょっと休憩・・とオギの根本に腰掛けると、

根本になにやら薄桃色の塊が。

 

小さいので、よく見ないとわからないかも??

 

ちょっと拡大・・

ピンク色のなかなかかわいい花です。

この花の名前はナンバンギセル。

ススキやオギなどから栄養をもらって生きているため、

これらの根本でこの時期に見ることが出来ます。

 

ちょっと頭が重そう・・?

万葉集の時代には、この姿を見て、

「物思いにふける秋。この花もそうしているのだろう」と

「オモイグサ」と呼ばれていたそうです。

 

川面をぬける秋風に吹かれながら、物思いにふけっていると、

この小さな花も一緒に考えてくれているように、感じられるかもしれません。

 

 

季節の花、緑、生きもの| もやんavatar