武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵野公園 オフィシャルブログ

2020年9月29日

ヒガンバナが見ごろを迎えています♪

武蔵野公園の正面入り口を入ると

正面広場の西側のヒガンバナが見ごろを迎えています。

お隣の野川公園の自然観察園のヒガンバナが有名ですが、

武蔵野公園もなかなか見ごたえありますよ♪

 

0929ヒガンバナ リサイズ 0929ヒガンバナ2リサイズ

赤と白のバランスがちょうどよく、

また後ろのコスモスとのコントラストも素敵ですよ♪

0921ヒガンバナ3リサイズ

見ごろはあと少し!!

ぜひ早めに足を運んでくださいね。

 

※ご来園の皆様にお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、下記ルールをお守りいただきますようお願いいたします。

 

【公園の利用ルール】

①原則としてマスクの着用をお願いします。

②こまめな手洗い・消毒をお願いします。

③人と一定の距離を確保して下さい。

④混雑している場所、時間帯を避けてご利用下さい。

⑤家族など少人数での利用をお願いします。

季節の花、緑、生きもの| あみち

2020年9月18日

カリガネソウとヤブミョウガを探してみませんか?

武蔵野公園には、府中運転免許試験場に近い入口が、西と南の2か所あります。

そこを入ると、長い園路が続き、試験場側にいろんな植物が季節ごとに素敵な顔をみせてくれます。

みなさんはこの漢字読めますか?

「雁金草」と「藪茗荷」

 

正解は・・・

0910カリガネソウ(ブログ用)

カリガネソウ

0917ヤブミョウガ(ブログ用)

ヤブミョウガ

両者とも、よく日が当たって湿った場所を好み、夏場に草丈 80cm 前後に生長し、今日もかわいらしい顔を見せてくれています。

雁金草の由来は、花の形状が雁に似ているから

藪茗荷の由来は、葉が野菜の茗荷と似ているから

難しい漢字でも、由来は可愛いもの。

植物の名前って調べてみると面白いですよね。

 

みなさんもぜひ紅葉の前に、野草を探しに公園へ足を運んでみませんか。

 

季節の花、緑、生きもの| あみち

2020年9月18日

点字マップの無料貸し出しを開始しました♪

「だれでも安心・快適」に公園を利用していただきたいという想いから、

西武・武蔵野パートナーズが管理している、

都立野川公園・都立武蔵野公園・都立武蔵国分寺公園にて、

点字マップを作成しました!

点字マップ使用風景2

各公園のサービスセンターにて無料で貸出しておりますので、気軽に公園に遊びにいらしてください。

扱いやすいA4リングファイルで、感染症拡大防止の対策も実施しております。

コロナ禍の今だからこそ、自然の香りや生き物の声を聴いてリフレッシュしませんか♪

園内施設の紹介| あみち

1 / 11