武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵野公園 オフィシャルブログ

2016年6月30日

薫風に揺れる薄桃色

公園内南側の樹林内にある「ニリンソウ群生地」。

4月のはじめには、ニリンソウが咲き乱れ、

私たちの目を楽しませてくれていました。

ニリンソウは5月ごろには花も実も終わり、

6月頭には、来年春まで長い眠りにつきます。

今は葉もなくなり、すっかり眠り込んでしまいました。

 

見どころが終わるのが早いな・・・と思いきや、

他の季節にもたくさんの花が楽しめます。

今見頃なのがチダケサシ。

薄いピンク色の花が風に揺れています。

もっと近くで見てみましょう。

 

夏に向かって、濃い緑色が増えてくる中、

薄い色は特に目を引きます。

 

色に誘われたのか、テングチョウも吸蜜に来たようです。

 

もうすぐアキカラマツの花が咲き始め、

そのあとはホトトギスの仲間が花をつけ始めます。

 

他にもさまざまな花を楽しむことができますので、

公園をおさんぽする際には、ぜひのぞいてみてください。

季節の花、緑、生きもの| もやんavatar

2016年6月26日

梅雨の晴れ間に

まだ土日祝日のみですが、じゃぶじゃぶ池を稼動しております。

 

梅雨明けはまだですが、じめじめと暑い日には

お子様をお連れになって、じゃぶじゃぶ涼みに

お越しくださいませ!

夏休み期間中(7月23日~8月31日)は、毎日

稼動致します。(稼動時間 9:00~16:00)

 

園内施設の紹介| 番長avatar

2016年6月18日

今日のくじら山

今日は暑い一日でしたね。

夕方にはだいぶ和らぎ、夕日の柔らかな光がくじら山を照らしていました。

園内施設の紹介| ハイジavatar

2016年6月8日

昆虫酒場クヌギ♪

梅雨に入り、じめじめし始めたこの頃。

 

武蔵野公園の苗圃では、クヌギの木から昆虫が大好きな

樹液が出始め、にぎわってきています。

昼間に目につくのは、チョウたち。

羽化したばかりの鮮やかなオレンジ色を放つヒオドシチョウ。

 

樹皮にうまく溶け込むサトキマダラヒカゲ。

 

黒と白だけかと思いきや、黄色い口が鮮やかなゴマダラチョウ。

 

 

ほかには、気の早いこんな虫の姿も。

おはようございます・・・。

 

これから梅雨明けにかけて、クヌギの昆虫酒場はにぎわいを増していきます。

苗圃をおさんぽしているときに、すっぱいにおいがしたら、

近くにクヌギの樹液が出ているかもしれません。

そっと近づいて観察してみてくださいね。

 

※観察中に、樹液にスズメバチの仲間が来ているのを見かけることがあります。

モンスズメバチや

チャイロスズメバチなど。

 

ちょっと怖いと思うかもしれませんが、

スズメバチは木の皮をかじって樹液を出す、という働きをしている

大切な自然の仲間です。

人通りの多い場所に巣がなければ、公園では駆除していません。

 

必要以上に近づかなければおそってきませんので、見かけたら、

そっと離れて、刺激しなければ大丈夫です。

 

季節の花、緑、生きもの| もやんavatar