武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵野公園 オフィシャルブログ

2015年7月29日

樹液のレストラン

梅雨が明け、天気の良い日が続きます。

人間にとっては暑すぎる日が続きますが、夏の昆虫たちは活発に活動しています。

特に賑わっているのは、クヌギの樹液。

 

カブトムシやクワガタなどの大きな甲虫をはじめ、たくさんの昆虫が集まります。

 

大型甲虫以外にも

ゴマダラチョウなどのチョウ類や

カナブン

クロカナブン

ヨツボシケシキスイなどの小型甲虫も見られます。

そして、よくいるのがこの昆虫。

スズメバチの仲間も来ています。

 

このスズメバチはエサを取りに来ているだけで、

人間が不用意に近づかなければ、襲ってくることはありません。

 

スズメバチは木を齧って樹液を出すなど、自然の中で重要な役割を担っています。

公園では、彼らを生態系の大切な一員であると考え、人通りの多い場所でなければ、特に駆除は行っていません。

スズメバチがいた場合は遠巻き(5mほど離れる)に観察し、飛んで近づいてきた場合は、刺激しないようそっと離れてください。

 

樹液に集まる昆虫の活動は今がピーク!

スズメバチに気を付けつつ、ゆっくり公園を歩きながら観察してみませんか。

季節の花、緑、生きもの| もやんavatar