武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵野公園 オフィシャルブログ

2012年6月27日

「夏の生きものガイドウォーク」開催しました(6/17)。

「夏の生きものガイドウォーク」を開催しました。

公園内を散策し、夏の生きものや花の観察を行いました。

担当は、ちびっ子にも大人気だった平山レンジャー です。

————————————————–

まずは、ホタルブクロの観察。

↓咲き初めは袋が閉じています。

↓開花すると釣鐘型の花を穂状につけます。中の花粉が風雨をしのげる構造です。

 

↓花の中は、蜜を求めてやって来たハチが滑り落ちにくい構造のようです。花が白いものもあります。

  

風情がありかわいらしい花なのでファンが多いようです。

————————————————–

次は、河野レンジャーがオカダンゴムシを発見!

ちびっ子たちは「おっかなびっくり興味津々!」。

「ダンゴムシの足は14本だよ!」と、なかなか詳しいちびっ子たち。

————————————————–

花が終了したフデリンドウ探しを行いました。(↓開花時はこのような花です。4/23撮影)

↓ちびっ子たちも一生懸命探してくれました(写真右:花後)

  

フデリンドウは、花が終わると垂直に立った紡錘形のてっぺんに果実ができ、その果実は降ってきた雨の衝撃ではじき出されたり、溜まった水とともに流れ出すことによって周辺に種子が散布されると考えられているそうです。

————————————————–

ハクウンボクの実で実験を行いました。

↓ペットボトルに実と水を入れて、、、

↓シェイク!シェイク!

↓まだまだシェイク!

↓出来た~。白くなったー!石鹸だー!

果実の果皮に泡立ち殺菌作用がある成分が含まれており、昔は石鹸の代わりに使われたこともあるようです。

ちびっ子たちは、「家に持ち帰ってハクウンボク石鹸で靴を洗いたい!」と、お家でのお手伝い推進に一役買うことが出来ました。

————————————————–

この時期に咲く花は、やっぱりアジサイですね。

 

上の写真左は、ガクアジサイです。周辺の花びらが開いたように見える部分は萼ですが、それが額縁のようだからこの名前なのです。 球状に開花するアジサイ(写真右)は、ガクアジサイの改良品種だそうです。

————————————————–

最後に、はらっぱのドーナツでバッタ探しです。

あらかじめ、ドーナツ型に草刈をしておいた場所で、外周から中心に向かってみんなで一斉に歩き出 し、中心にバッタを追い込もうという最新装置です。

  

結果は、、、残念ながら大きな収穫は得られませんでした、、、。

早朝までの雨の影響か、、、バッタがまだあまり大きく育っていな いのか、、、また今度、チャレンジしてみたいと思います。

————————————————–

今回は、梅雨中の開催でしたが天候にも恵まれ、ご参加の方々には「夏の公園への期待感」を高めていただくことが出来たと思います。

なお、今回は、大人コーナーとして、「武蔵野と関わりのある文人」の紹介も行いました。

————————————————–

追伸

ガイドウォークでは一部しか見られなかったのですが、これからの時期、公園にはたくさんの生きものが住んでいます。ぜひご来園ください!

↓維持管理スタッフ撮影(野川のカワセミ)

 

           

イベント,季節の花、緑、生きもの| とんavatar

2012年6月8日

【イベント告知】6/17 は、夏の生きものガイドウォーク!

都立武蔵野公園をレンジャーと歩こう!

夏の陽気が感じられる季節となってきた武蔵野公園。

夏の公園も魅力いっぱい!アジサイ、クマノミズキやチョウなどの虫たちが皆さんを待っています。パークレンジャーと一緒に公園の夏を楽しもう!

担当は平山レンジャー。参加費無料。当日受付、13時にサービスセンター前にお集まりください。

皆様の参加をお待ちしています!

 

イベント| てっちavatar