武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵国分寺公園 オフィシャルブログ

2019年2月15日

赤と黄色のマンサクの花

まだまだ冬の寒さの国分寺公園ですが、

早咲きのウメに続いて、早春の花、マンサクが咲いています。

こちらは、西元地区北西口のシナマンサク。

濃い黄色が特徴です。

シナマンサク満開190215

こちらは泉地区円形広場 西の森のアカバナマンサク。

アカバナマンサク190215

リボンテープのような細長い花びら。とても不思議なカタチです。

ふれあい橋近くには、日本自生種のマンサクもありますが、まだつぼみ。

シナマンサクより淡い黄色の花を咲かせますが、

こちらの開花はもう少し先になりそうです。

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2019年1月21日

ちょっぴり春の気配、ウメ開花中

冬枯れの園内ですが、ウメの開花が始まっています。

円形広場北側の紅梅が、かなり咲き始めました。

ピンク色がかわいい~。

国分寺円形広場紅梅190119

霧の噴水の南側、白梅も開花が始まっています。

国分寺噴水南側白梅190119

こちらは背の低い木なので、花の香りを楽しめます。

顔を近づけると、とってもいい香り。

ウメの香りは、甘すぎず強すぎず、いつまでも嗅いでいたいような上品さだと、

いつも思います。

早春の花をお楽しみください。

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

1 / 11