武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵国分寺公園 オフィシャルブログ

2015年6月19日

【告知】 あそブンの森 7/4(土)開催します!

今回のテーマは・・・
「森のたんけんか! はっぱくん図鑑を作ろう!」

ツルツル、ギザギザ、フワフワ
赤、緑、黄色、茶色…
森には、いろんなカタチ、いろんな色をした葉っぱが
たくさん生えてるよ。

みんなで、森のたんけんかになって、
自分のお気に入りの「はっぱくん」を探す旅にでよう!

見つけた「はっぱくん」たちを紹介する
「はっぱくん図鑑」をつくるよ。

 

【日 時】7月4日(土)11:00~15:00(14:30受付終了)
【会 場】都立武蔵国分寺公園 西の森
【対 象】幼児~小学生(未就学児は保護者同伴)
【参加費】無料 ※荒天中止
【共 催】都立武蔵国分寺公園(西武・武蔵野パートナーズ)

NPO法人冒険遊び場の会
【問合せ】都立武蔵国分寺公園サービスセンター(TEL042・323・8123)

イベント| めがねしばavatar

2015年6月19日

梅雨の花

梅雨まっただなか!
公園の各所でアジサイが見ごろになっています。写真のアジサイはおなじみですね。

セイヨウアジサイ

これは、実はヨーロッパで品種改良されて作られたアジサイです。もとになったのは日本のガクアジサイ。下の写真のようなアジサイです。

周囲の花びらのように見えるのは萼(ガク)だというのは、よく知られているかと思います。これは、装飾花(装飾花)というもので、受粉を助けてくれる虫に
「ここに甘い蜜がありますよ」
とサインを送る役割をもったお花です。では、受粉が終わったらどうなるのか・・・・。

こうなります。
よーく見てください。装飾花が下を向いています。これは受粉をしてくれる虫たちに今度は
「私たち受粉終わってます。店じまいしました。」
とサインを送っているのです。こんなふうに見ると日頃見慣れたアジサイもおもしろいですよね。うっとおしいお天気が多い季節ですが、雨の公園で梅雨の花々をじっくり鑑賞してみてはいかがでしょう。

季節の花、緑、生きもの| コロちゃんavatar