武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵国分寺公園 オフィシャルブログ

2015年5月30日

初夏の花々 -2

まだ朝夕はが涼しいですが、このところ日中は真夏を思わせるような日がつづいて、公園のエゴノキやミズキもアッというまに終わってしまいました。春にかわいい花を見せてくれたユスラウメの実が赤く熟しはじめています。

ユスラウメ

 

西国分寺駅に一番ちかい入り口から、円形広場へつづく園路に植えられたトウカエデも、たわわに実をつけています。お散歩などでここを通られるときは、ちょっと上を見てみてください。秋の紅葉とはちがった顔(?)がみられると思います。

トウカエデ

 

シモツケもかわいい花を咲かせています。円形広場から西国分寺側のトイレ前の植え込みでみられます。 大きめの株と小さい株がありますが、小さいのは、この冬に新たに植え付けた株たちです。どうやらうまく根付いたようで、ひと安心です。

シモツケ

シモツケ

 

円形広場の東側には、キンシバイが咲き始めました。まだつぼみも多いので、しばらくは楽しめそうです。

キンシバイ

 

前回、ご紹介したホオノキはすっかりお花が終わってしまいましたが、代わってタイサンボクが咲き始めました。この木はホオノキの親戚なので花もそっくりです。花が開いているのはまだ梢のものだけですが、下の枝にもあと数日で咲きそうなつぼみがありました。

タイサンボク

タイサンボクのつぼみ

 

5月の上旬に咲いていたツツジはすっかり散ってしまいましたが、公園南側の野鳥の森に続く園路沿いのセイヨウシャクナゲやカルミア、サツキが最後の花を咲かせています。

セイヨウシャクナゲ

カルミア

サツキ

 

日中のお散歩には暑さがきびしい日が多くなってきましたが、野鳥の森の中は、緑が茂って気持ちのよい季節です。春でもなく真夏でもない公園を楽しんでみてはいかがでしょう。

野鳥の森

季節の花、緑、生きもの| コロちゃん